【0歳児の子育て】覚えてほしい最も大変だった3つの事

新生児で大変だったこと
0歳児の子育てに苦労したこと

赤ちゃんが産まれてくると、生活は一気に華やかになります。かわいい赤ちゃんの姿と声が周りを幸せにしてくれます。

しかしその反面、妊娠中は予想していなかった、めまぐるしい生活が始まります。これまでは自分が中心であった毎日から、赤ちゃん中心の生活に激変します。

大変ですが、かわいいからこそ頑張れる!!苦労を紹介します。

赤ちゃんが生まれて最も大変だった3つの事

まとまった睡眠時間が取れない

まず、夜中の授乳です。朝までぐっすり眠る事ができるのは早くても生後3か月、遅ければ、1歳や2歳です。

赤ちゃんは胃袋が小さいので、こまめにミルクを飲む必要があります。日中はもちろんの事、夜中も2~3時間以外に、空腹により泣きます。

おそらく、ほとんどの人が夜中に、人に起こされるという経験が無いと思いますので、慣れない生活リズムに心身ともに疲れてしまいます。

決して無理をせず、少しくらい家事を手抜きして、昼間は赤ちゃんと一緒にお昼寝するのも良いと思います。

オムツ替え

次に、おむつ替えです。こちらも、職業が保育士や看護師ならともかく、ほとんどの方が不慣れだと思います。

タイミングが合わず失敗してしまったり、バタバタ動くのでうまくおむつを装着できなかったり、テクニックが必要な作業です。

おむつ替えの時間も予測不可能なので、事務的にルーチン化する事もできず、常に赤ちゃんが中心です。

時には食事中に・・・なんて事もありうるので、妊娠中とは大違いです。

断乳の決行

最後に、1歳にむけて断乳する場合は、断乳が大変です。泣き叫ぶ赤ちゃんを見て、求められているのに応えてあげる事ができない精神的な苦痛や、お母さんの体も今まで授乳していたけれども急に止めている為、胸が張って痛くなる事、寝かしつけに添い乳をしていた場合は、抱っこで寝かしつけをする等の新しい寝かしつけの方法を考えなければなりません。

デメリットもありますが、メリットもあるので、断乳をするとお母さんが決心したのであれば、3日を目標に、頑張りましょう。

時間はあるけれど

0歳の赤ちゃんとの一日は、「時間はあるが自由は無い」といった感じです。

赤ちゃんはたっぷり寝てくれるので、その間は好きな事ができますが、いつ呼ばれるか分からない事から、自由とは無縁です。

まだしゃべれない赤ちゃんと一日中いる事は、時には泣いている理由が分からず、お母さんも泣きたくなる場合もあるかもしれませんが、自分のお腹から産まれた赤ちゃんはとてもかわいい存在です。

一呼吸おいて、かわいい我が子を見つめなおし、苦労も乗り越えましょう。

関連記事

ピックアップ!

育児中のペディキュア

2014.5.8

【産後のネイル解禁はいつから?】子どもが1歳になればまずはペディキュアから再開

知ってますか ? ご褒美ネイル 育児中にネイルなんて・・・でも脚なら生活に支障はありません 温かくなってきて、空も木もキラキラ輝き始める…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る