【初期の離乳食の味付け】塩分と糖分を控えめにしなければならない理由

離乳食 後期

 

塩分の高い離乳食は腎臓に負担をかける

濃い味付けの離乳食は
赤ちゃんのまだ成長していない消化器官
特に腎臓にとても大きな負担になります。

離乳食の段階で塩分の高いものばかり与えてしまうと将来の味覚形成にすごく影響し

  • 好き嫌いが多くなる
  • 肥満になりやすくなる
  • 成人病が発生しやすくなる

などのリスクが有り

とくに初期の離乳食の段階で
濃い味付けのものを沢山食べさしてしまうと良い影響を与えません。
特に重要視しなければいけないのが腎臓への負担が問題。
腎臓が発達していない5ヶ月・6ヶ月の子供にわざわざ塩分を与えるというのはありえません。
(ここで言うのは醤油などのことです)

ただ、お母さんたちは
腎臓に負担がかかりますよと言われても
いまいちピンときこないのが現実だろうと思います。

市販のベビーフードは塩分高め

そこで市販されているベビーフードを考えてみたいと思います。

市販のベビーフード
このベビーフードには塩分はほんのわずかしか含まれていません。
しかし、手作りの離乳食よりはやはり塩分は少し高め。

ですが衛生面、栄養面では手作りのものよりも上回っています。
栄養面から考えるとそこまで塩分を気にするものではないです。

しかし、やはり毎日こればかりは考えもの。
やはり赤ちゃんには薄味にしてあげるのがおすすめ。
お母さんの愛情を込めて忙しいとは思いますができる限り手作り!

※市販のベビーフード。栄養面はいいけれど毎日となると塩分摂取量が少し心配

ダシを取ろう

お勧めしたいのは天然のダシがたっぷり効いた味付け!

天然のかつおだしなどは
塩分が控え目でもしっかりとした味付け

しっかり味がついたものが作れます。

※鰹節などで出汁をとってそれを製氷皿に入れて冷凍しておくととても便利です。

糖分のとり過ぎは「お肌の乾燥」が怖い

離乳食の段階から糖分を摂取しすぎると成長してから
まだ若いのに生活習慣病になる可能性が高くなります。

しかしそれ以上に怖いのが赤ちゃんのお肌の乾燥です。
特に白糖は摂取しすぎると肌を乾かします。

本来赤ちゃんの肌というのはプルプルに潤っているはずなのですが、
甘いお菓子による砂糖の取りすぎによって
最近は肌がガサガサの子
乾燥してボロボロの子なのよく見かけます。

子どもは甘いものはとても喜びますが、ここはぐっとこらえて
お菓子ばかり与えすぎないようにしましょう。

特に大人が飲むような
清涼飲料水は明らかな糖分の過剰摂取になります。
1歳半を過ぎるまでは大人のおやつや清涼飲料水などは
赤ちゃんにとっては良いものではありません。

しかもその甘さに慣れてしまうと
市販のベビーフード、おやつなどでは物足りなくなり
ますます悪循環を引き起こしています。

おやつが大好きになっては困る

子どもに使用する砂糖の量は
2歳までで10g 程度
5歳までで15g 程度に抑えておくと良いと思います。
虫歯の予防にもなります。

味覚形成というのは3歳までに
100%完成するとまで言われています。

要するに3歳までに味わった食べ物は嫌いにはなりにくいので
おやつや清涼飲料水以外
いろいろなものの味を体験させてあげてください。

砂糖に慣れすぎてしまうと
他のもの食べなくなってしまうので
将来的に好き嫌いがとても多い子どもになる可能性があります。

最悪、糖尿病の危険性も

子どもは
糖分の多い飲み物などを手にすると離そうとしません。

お母さんはこうなるとついつい
長い間ほっておいてしまいますが
ダラダラと飲んでしまうと歯を溶かす原因にもなります。

特に赤ちゃんは歯磨き嫌がりますよね。

糖尿病は大人の病気と考えられていますが子どもにも起こりえる事

すでに濃いもの・甘いものしか食べなくなってしまっている場合はどうするの?

味付けの濃いもの・甘いものを食べた時から
「さっぱり離乳食を食べなくなってしまった」
こんな経験がある人はとても多いと思います。

「頑張ってあげても口に入れるがベーって出してしまう」

その場合、一度「離乳食を与えるのをやめる」事をオススメします。
(ミルクのみに戻るということです)

モチロンお菓子・味付けの濃いものを一切やめて
まずは「離乳食の味を忘れさせてあげること」
に専念します。

離乳食をやめるのはそう難しいことではありません。
特に初期は「栄養を取る」という目的よりも
「味に慣れさせる」
意味合いのほうが強いのでミルク飲みに戻しても栄養面では何の影響もないです。

初めは1週間やめてみてまた最初に戻ってお粥などをあげてみる!

3歳までの食事がその後の子供の体型などに大きく左右されると言われていますので
それを考えればリセットする期間を設けたほうが将来的にはいいはずですよ。

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る