【新生児のジュクジュクお肌】ニキビ・脂漏性湿疹の具体的なケア方法

新生児の肌荒れ
生まれたばかりの赤ちゃん。顔が赤くてカサカサ…なんで?

赤ちゃんって、つるつるピカピカきれいなお肌のイメージですが、意外とトラブルだらけなんです。
特に、生後1か月くらいになると、顔は赤いブツブツだらけ、頭や眉毛のあたりには、黄色いフケのようなものがたくさん出てきます。

産後はお母さんだけでなく赤ちゃんもホルモンバランスが崩れています。

あまりにもお肌が汚くなるので、始めて見たパパやママはびっくりしてしまうのでは?
このお肌のトラブル、全部まとめて「乳児湿疹」といいます。

この時点で皮膚科へ行くと
「何の説明もせずにステロイドを処方してくるお医者さんが結構います。」(ロコイド軟膏など)
容量を守ると安全な薬だけれどそれを知らずに乱用してしまって後々大変なことになるママが多いです。もし、なんの薬か全く分かっていない場合はネットで評判を調べてみましょう

小さい赤ちゃんなのに、どうしてこんな風になってしまうの?

生後1カ月くらいから、ほっぺたや口の周りに、赤いボツボツがたくさん出てきます。

中には、白い芯があったり、つぶれてジュジュクしてしまうものも。
これは「新生児ニキビ」です。
中学生、高校生と同じで、皮脂の分泌がさかんなため、ニキビができてしまうのです。

かゆくて赤ちゃんがかいてしまうこともあるので、きちんと爪をきり、化膿しないように気をつけてくださいね。

額、頭など

同じく生後1カ月を過ぎたころから、頭や眉毛、頭皮などにフケのようなものが出てきます。
黄色くベタベタしていたり、カサカサしていたり、子どもによって様々です。
うちの子は、黄色いベタベタが出てきたな、と思ったら、あっという間に頭全体が魚のうろこのようなものでびっしりおおわれてしまいました。

これは「脂漏性湿疹」というもの。新生児ニキビと同様、皮脂の分泌が盛んなせいで、このようになってしまいます。

ニキビや脂漏性湿疹のケアの仕方

1.毎日お風呂に入る

毎日お風呂に入って、きれいに洗ってあげましょう。
ここでポイントは、ちゃんと「せっけん」を使うこと!
ニキビや脂漏性湿疹は、皮脂の分泌が多すぎるためにできるもの。なので、せっけんでしっかりと脂分を取り除くことが大切です。

あまりゴシゴシとこすらず、優しく円を描くように洗ってあげてくださいね。

夏場の暑い時期は1日1回石鹸で洗ってあげてその他はさっとシャワーだけで流すのも効果的です

2.ワセリンやベビーオイルを使う

脂漏性湿疹がひどいと、洗っただけでは脂の塊を落とすことができません。
そんな時は、お風呂前に柔らかいブラシで髪をとかし、ワセリンやベビーオイル、オリーブオイルなどを頭皮に刷り込みます。

しばらくたってからシャンプーをすると、オイルでふやかされた油の塊を取り除くことができます。

3.ブラシで取り除く

オイルでふやかしても取れない頑固な塊は、ブラシで取り除きましょう。
うちの子も、なかなか取り除くことができなかったので、柔らかい毛のブラシで逆毛を立てるようにして根元から浮かせ、手で取り除いていました。

赤ちゃんの髪の毛は細くて抜けやすいので、優しく優しくやってくださいね。

コームではなくブラシの方が、頭皮を傷つけないのでオススメです。

こすり過ぎると逆効果なので注意してください。あくまで表面のものを優しく取ってあげるだけです

4.ジュクジュクしている場合は病院へ

赤ちゃんが引っ掻いて湿疹を潰してしまった場合、その部分が化膿してしまう場合があります。
潰れてジュクジュクしている箇所があれば、小児科や皮膚科で診てもらうのがよいでしょう。

場合によっては、抗生物質を処方される場合もあります。

薬については必ず容量・回数などをお医者さんに質問するようにしましょう。

まとめ

うちの子はニキビも脂漏性湿疹もひどく、お宮参りの頃は思春期の子どものように顔がボツボツだらけでした。
せっかくかわいい盛りなのに、残念でした……(泣)

あまりにもひどいので、ひょっとしてアトピーでは? と疑ったこともありました。
でも6か月を過ぎたころに急にきれいになりました。
6か月を過ぎると赤ちゃんもだんだんホルモンのバランスが整うそうです。

1歳になる頃にはすっかり治り、トラブル知らずのつるつる肌になりましたよ。

あまり過剰に心配しすぎず、適切なケアをしてあげてくださいね。

関連記事

ピックアップ!

チャギントン

2014.5.2

【これで完璧】車内で長時間子どもを退屈させないためのYouTube動画まとめ

GWの長距離移動は子供が喜ぶ動画をお供に! 大型連休といえば、楽しい楽しい、家族旅行ですね! みなさん、旅行の準備はお済でしょうけど、移…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る