【布オムツの3つのメリット】3年で18万円の家計の節約になります!

布おむつのメリット

 

「おむつ代が家計を圧迫していませんか?
3年で布おむつにかかる費用は紙おむつの36分の1」

紙おむつをずっと使うと…

★トイレに行きたくなってもお母さんに言わない
★オムツが3歳6ヶ月になっても外れない
★毎月の紙おむつ代の出費がとてもいたい

紙おむつは高いし
おむつが外れる時期も遅れるデメリットもあり
結果バカにならない金額をおむつだけに消費することに…

「捨てるだけのものにここまでお金をかけるのはもったいない」

子育て中のママへ

最近昔から使われている
布オムツも見直されてきているのをご存知でしょうか?

紙おむつを使っておられる方は多いと思いますが、
自宅にいる時間など限られた時だけでも
布オムツを使ってみてください。

「得られるメリットがほんとにたくさんです。」

今回はお子さんに布おむつを使う3つのメリットをご紹介します。

紙おむつが主流になった今だからこそ
「昔の布おむつのいいところが見直され始めています。」

布おむつ=貧乏

というのは今の日本では過去のものになりつつあります。

1,3年間でかかる金額は紙おむつの1/36

財布

まず一番は経済的であるということ
紙オムツを買えば
大体1ヶ月に5000円程度の出費になります。

これを1年続けると、6万円
仮に3歳でオムツが外れたとして、
紙おむつ代だけで、3年で1人あたり18万円もかかってしまう計算

「とても楽で便利なんですが」

はっきりいってお金と資源の無駄遣い。
紙オムツは使ってしまえば捨てるもの
使い捨てのものにここまでのお金をかけるのはすごくもったいないと思いませんか?

いってみれば、ご家庭の電気代が2倍になったようなもの

1ヶ月5000円浮けば色々できます。
美味しい物も食べれます。

育児中の主婦の方が月5000円稼ぐのは大変です。

確かにお手軽なのは事実ですが、1年間の経費などを見てみると
ちょっと考え込んでしまいます。

布おむつに必要な経費は最初の5000円程度

一方、布オムツなんですが、洗って何回も使えるので
必要な枚数はおよそ30枚

これはだいたい5000円程度で用意することができます。

洗濯をする手間が面倒くさいですが
要するに1ヶ月の紙おむつの代金で
30枚揃えることができ、あとそれからずっと使えるということ

最初の5000円だけであとは
電気代や水道代が少し上がる程度
と考えるとかなりお得

またヤフーオークションなどを利用すれば
新品の布オムツは格安で手に入れることができます。

「実際に私も布おむつはヤフオクで購入しました。(新品)」

次の子供にも使える

さらに、次の子どもが生まれた時にも使いまわせるので、
1世代につき30枚揃える5000円程度だけということになります。

紙おむつでは1人あたり3年間18万円かかりますのでかなりお得といえます。
もし、お子さんが3人生まれたら

「ただ捨てるだけのおむつに54万円」です。

2,ゴミが出ない

gomibako

「洗う必要がありますが…」

次の布オムツのメリットは
ゴミを出さなくていいということ

紙おむつは洗わず捨てるだけなので
週に2回のゴミの日には大量のオムツゴミが出ます。

だいたい1日に5回から10回程度オムツを替えるとして
1回のゴミ出しに
30枚程度の紙おむつを捨てることになります。

夏場などはウンチのついた
紙おむつをそのまま放置しておくと
ご家庭でのにおいなどもとても気になります。

30枚のおむつゴミ+家庭ゴミとなると結構の量
例えば、マンションに住んでおられる方なんかは
ゴミを捨てに行くにもかなり苦労すると思います。

その点、布オムツであれば
汚れたら洗うだけ
一回一回洗うのではなくて
1日に1回程度まとめて洗う。

「おむつを外した時はさっと洗い流して浸け置き」

お風呂場にたらいに水を張って浸けておくだけでいいです。

3,オムツが取れるのが速くなる

褒めるメリット

紙おむつは
「赤ちゃんがおしっこをしても不快感を感じない」

そのためにどうしても、
オムツが外れるのが遅くなります。

「排泄のコントロールができる時期が遅くなる」
デメリットが有ります。

紙おむつ主流の現在の日本は
布オムツばかりを使っていた40年ほど前と比べて
子どものオムツが外れる時期は
実に2年以上遅くなっているようです。

アメリカなどは
4歳にならないと外れない子どももいるようです。

その点、布のオムツを使っている
発展途上国の子どもなどは2歳程度でオムツが外れます。

布オムツは赤ちゃんがおしっこした時の
不快感を覚えやすく、そのために赤ちゃんは
「トイレに行きたい時はお母さんに言わなければならない」

と自覚して行動する。そのために
オムツが取れるのが早くなっていくというわけです。

紙おむつをずっと使っていると
いつまでもオネショが治らないとも言われています

まとめ

いかがだったでしょうか?
布オムツは手軽さという点では、
包んでゴミ箱に捨てるだけの紙おむつにはかないません

けど
布オムツは経済的なメリットもたくさんあり
また赤ちゃんが排泄のコントロールを出来る時期も早くなります。

ただ捨てるだけの紙おむつに1年で6万円以上の金額をかけるのであれば
そのお金でもう少し赤ちゃんに
何かをしてあげられるのではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ!

チャギントン

2014.5.2

【これで完璧】車内で長時間子どもを退屈させないためのYouTube動画まとめ

GWの長距離移動は子供が喜ぶ動画をお供に! 大型連休といえば、楽しい楽しい、家族旅行ですね! みなさん、旅行の準備はお済でしょうけど、移…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る