【痒がって可哀想】赤ちゃんのジュクジュク乳児湿疹やあせも予防する日々のケアについて

 

つるつるな肌でいてほしい

かゆいかゆい乳児湿疹やあせも

やっぱり赤ちゃんのお肌はつるつるなのが1番ですよね。
見た目もそうですが、何より赤ちゃん自身がかわいそうです。

乳児湿疹はできてしまうとなかなか治らない。
だからその前の予防というのが1番重要。
できてからの対策などについてはまた書いていこうと思いますが
今回は乳児湿疹を防ぐ方法やできそうなときのケアについて書きたいと思います。

なぜ赤ちゃんの肌は乳児湿疹ができやすい

当たり前ですが、大人の皮膚と比べると
赤ちゃんの表皮は半分ほどしかありません。

なので、お肌に水分が多くても
潤いをキープする力
すなわち、保水力がありません。

空気が乾燥する季節や
日焼けをたくさんしてしまったり
その後のケアをしないと
すぐに荒れたりカサカサ・ジュクジュクになったりしてしまうのです。

ガマンができない

肌トラブルが起こると赤ちゃんは無意識のうちに掻いてしまいます。
しかも治ってしまってもそれが癖になるというのも怖いです。
なので赤ちゃんのスキンケアは
毎日のママの積み重ねがとっても大事なんです。

具体的に注意したいのは3ヶ月ぐらいから

生保の2カ月半ぐらいまではお母さんからもらったホルモンも影響して
皮膚全体の皮脂の分泌が非常に活発。
どちらかというとベタベタしています。この段階で
乳児湿疹やあせもができることはほとんどありません。

しかし、この段階を過ぎて生後3ヶ月程度から途端に
皮脂の分泌が少なくなり、
大人の肌よりも弱いのに分泌量がなくなります。

ここから小学校の低学年ぐらいまで
子どもにとって肌荒れを起こしやすくまた治りにくい状態が続きます。

具体的な予防法

母乳を飲んだ後やミルクを飲んだ後は
必ず清潔なコットンと冷たすぎない煮沸したを水で赤ちゃんの口の周りをふいてあげましょう。

【なによりもマメなのが唯一の予防です】

そのついでにあせもが出来やすいわきの下や首の周りなどもチョッチョッと!
決してこすらずにペチョペチョってちょっと押し当てて
その後乾いた柔らかいガーゼなどを押し当てて水分をとってあげる
これだけで十分です。

理解するだけなら簡単なんです

ポイントは1日こまめに何回もこれを繰り返してあげること

お母さんが忙しいとついつい
忘れがちになってしまいますが、
乳児湿疹やあせもが悪化してからのケアの方がはるかに大変です。

「今回は大丈夫かな」
と汚れてないように見える時でも必ずふいてあげるようにしてください。

母乳による乳児湿疹やアレルギー

赤ちゃんの食事は離乳食が始まるまでは母乳、又はミルクのみになります。
ミルクは成分が決まっているので
そこまで心配する必要はありません。

しかし
母乳のみ即ち完母で育てていらっしゃるお母さんは
お母さんの取る毎日の食事にも注意したいところです。

特に、お菓子や油物
これをお母さんが過剰に食べ過ぎたりすると
すぐに赤ちゃんの肌にダイレクトに現れますので注意です。

お母さんの食べ物=赤ちゃんの食べ物ぐらいの
覚悟を持って
母乳の時は出来る限りお菓子や油物
そして添加物を摂取しないことが大切です。

揚げる炒めるといった油を使う食事を制限

お母さんの食事を調理する時は
揚げる・炒めるといった油を使う調理を止めて
焼く・煮る・蒸すといった油を使わない調理法。
これが1番乳児湿疹を防げる方法です。

また刺激物もあまり良くないので
辛いものなどは徹底して食べないようにする必要もあります。

そして母乳を出を良くする為にも
水分はいつもよりもしっかりと摂るようにしてください。

水分が足りないと乳腺の母乳が詰まってしまって
でないというような問題も起こります。

日光浴は殺菌のためにも大事

赤ちゃんと日光浴はとても大切です。
かといって長時間やりすぎるのがだめですが
1日に10分程度でも
ベランダや窓ガラス越しでも構いません。

暖かいところで
裸になって日光浴をさせてあげてください。
太陽が皮膚を強くするといった役割もあります。

紫外線が怖いというのは大人だけの話
24時間赤ちゃんを太陽の光に当らない家の中に閉じ込めておくのはいいことではありません。

皮膚をしっかりと丈夫に育ててあげるためにも
日光浴は必須項目です。

その際は裸にしてオムツも外してあげましょう。
オムツかぶれの予防にもなりますよ。

乳児湿疹や赤みが出ちゃった場合

あせって病院に行かずに様子を見よう

すぐに病院に行かずに
3日程度様子を見ることをお勧めします。

私も経験上1年に2回ほど赤ちゃんに
赤いじゅくじゅくとしたものが出る場合がありました。

その場合もこまめにふいてあげること。
これだけでに3日程度で収まることが多いです。

特に見直したいのは母乳
お母さんがちょっと変わった食事をしてしまった時など

そして離乳食の場合だと
何か体に合わないものを食べた時や初めての食べ物

こんな時は頬に赤い湿疹などが出る場合があります。

しかしこれは悪いものが入ってきて
早く体の外に出そうとする反応なので、
ここで焦って皮膚科などに行って
塗り薬しかもステロイドなどを処方されると
この皮膚からの排泄反応というのが損なわれてしまう可能性があります。

一時的な場合であればケアをしていれば必ずおさまるものと思って
どうしようと慌てずに

「湿疹として赤くなってくれて逆に良かったな」

これぐらいの気持ち
余裕を持って接してあげてください。

まとめ

直ぐに病院に行くのではなくしばらく経過観察をするほうが大事
初期の段階で塗り薬を多用すると
それがずっと続いちゃう場会いもあります。

まずは毎日のケアを徹底して清潔にしてください。

その際、お母さんの食べたものもチェック!
改善していけばよほどの場合でない限り必ず収まります。