【小さい子は特に危険】食中毒を完全に予防するために毎日行いたい3つの管理

食中毒を予防するために

梅雨から夏にかけて、怖いのが食中毒。
特に、小さい子供が下痢や嘔吐をすると、脱水になりやすいので注意が必要です。

食中毒予防三原則「つけない」「増やさない」「やっつける」

いろいろな所で言われている、食中毒にならない三原則です。
これらを守って、食べ物に当たらないように気をつけましょう。

1.「つけない」

・手洗いしてから料理を作る

特に、生で食べるものを触る前には、必ずせっけんで手を洗いましょう。
子供にお手伝いしてもらう時にも、手洗いをセットで教えたいですね。

・野菜→肉・魚の順に切る

食材を切る時は、野菜から切り始めましょう。
肉や魚の汁が生食用の食材に着くと、食中毒の恐れがあります。
もし、肉の後に野菜を切る時は、一度まな板と包丁をしっかり洗いましょう。

・まな板シートを使う

私はまな板の上に、薄いまな板シートを敷いて食材を切っています。
野菜用と肉・魚用を分けておけば、汁が他の食材につくこともなく、安心です。

・子供が落ちた物を食べないように注意

食べこぼして時間がたったものを、子供が見つけて食べてしまう場合も。
そんなことがないように、食事の後はさっと掃除をしましょう。

2.「増やさない」

・保冷バッグを持って買い物に行く

食中毒の原因菌は、高温多湿の所で増えます。
買い物に行く時は保冷バッグを持っていき、帰ったらすぐに冷蔵庫に入れるようにしましょう。

・なるべく早く食べる

冷蔵庫も万能ではありません。食材はなるべく早く食べ、あまり長期間冷蔵庫に入れておかないようにしましょう。

・調理したものも早めに冷蔵庫へ

食べ残したもの、大量に作ったものも、荒熱を取ってすぐに冷蔵庫に入れましょう。
平たいバットに入れると、早く荒熱を取ることができます。

3.「やっつける」

・中まで火を通す

調理する時には、しっかりと火を通しましょう。
とろとろの卵はおいしいですが、小さい子に食べさせるときは、しっかり火を通した方が無難です。
カレーなどをあたため直す時も、3分以上は加熱しましょう。

・調理器具を消毒する

包丁やまな板は、洗剤で洗った後、熱湯消毒しましょう。
ふきんも煮沸したり、消毒液につけておくといいですね。
台所の中で、もっとも菌が多く発生するのが、スポンジなんだとか。
スポンジも熱湯をかけたり、除菌タイプの洗剤を使うなどして、清潔を保ちましょう。

・あやしいものは食べない

冷蔵庫に入れて時間がたったもの、ちょっと変なにおいがするものは、もったいないけれど捨ててしまいましょう。
ここでケチって食中毒になったら、逆に医療費がかかってしまいます。

まとめ

私も昔、卵にあたったことがありますが、嘔吐や下痢は本当につらいですよね。
一家全員が食中毒になってしまったら目も当てられません。
しっかり予防して、健康に過ごしたいものです。

ちょっとお腹の調子が悪いな、という時は、私はビオフェルミンや梅肉エキスを飲んでいます。
どちらも子供でも飲めるものなので、家に常備しておくといいですよ。

関連記事

ピックアップ!

おしりふきのメーカー別特徴まとめ

2014.12.28

どう違うの?7つのメーカー別おしりふきの特徴について徹底調査!

赤ちゃんのおしりってとてもかぶれやすいですよね。なぜなら、お肌のバリア機能がまだまだ未熟。それに、新生児の頃は一日に何回もうんちをするし、大…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る