【イクメン】父親の子育てお父さんが育児に参加するメリット

 

仕事からかえってきてお疲れのお父さん

「子育ては全部お前に任しているんだから俺は干渉しない」

こんな旦那さんはとても多いんじゃないかと思います。

これを頭ごなしに
「私だって大変なのよ」
というと喧嘩にもなりかねませんし
お互いの主張しているだけなので、議論は平行線

こういうときにはお父さんに
自分が子育てに参加するメリットなどを伝えると良いと思います。

特に男の子の場合は、
「子育て中の父親とのコミュニケーション」
がとても重要です。
今回は父親が子育てに参加することに対するメリットを書いてみたいと思います。

「家庭・育児に参加する夫」
父親が子育てをするということ

程度があるのですがあくまで
「土日も子供の面倒を見ようとせず寝てばかりいる旦那さんがいる家庭」
のことです。

仕事から帰ってきて
「疲れているのに洗い物をする」
そんなのはイクメンとはいいません。

単にママさんの段取りが悪いだけです。

父親としての自覚を持てるようになる

男性は女性と違って
自分が親になるという自覚を持たずして父親になってしまう人が多いです。

これは女性は妊娠するとだんだんお腹が大きくなっていき
出産しなければなりません。

この過程において、母親としての自覚が備わってくるのですが
父親はそういった身体的なことが一切ありませんので
子どもが生まれてからも
まだピンとこないことが多いです。

育児に参加することでこの
「父親としての自覚」が持てるようになります。

自覚があるのとないのとでは大違いです。

また、積極的に子供を見ることによって
仕事とは違った「妻の大変さ」を知ることができ
「この時はこうしたらいい」などの
タイミングが分かるようになってきます。

将来「家庭で自分だけが相手にされない」状況を防ぐことができる

あくまでイクメンって育児参加する父親の事

家族が円満になり、その活力で仕事にもハリが出ます。
子どもとの距離が大幅に縮まるので
子供の意思が分かるようになってきます。

ここまではキレイ事なんですが
実際には家庭がギスギスするのを防いでくれる効果が高い
と私は思っています。

なぜなら、自分の周りの家庭を見てみると
「子供が小さいのに会社帰りに一杯やってくる夫」
なんかは家庭崩壊寸前みたいなケースが多いです。

もちろん男性の言い分があるのも分かるのですが
この育児中の家庭でのコミュニケーションは
将来の円満な家庭作りにものすごく影響すると思っています。

この時期に超仕事人間の場合
「そうそうに離婚」なんてこともありえます。

また、子供が少し大きくなると今度は
「家に帰っても誰にも相手にされない」
こんなかんじになり、離婚はなくても子供が手がかからなくなったt気
「定年退職したらどうなるんだろう」

と心配してしまいます。

妻がやるべきことをきちんとこなしているのが前提

「主婦は家事と育児で忙しい」で
世の中イクメンブームみたいな風潮がありますが
通用するのは
「あくまで妻が育児を出来る限りのことをやっている」
のが前提です。

厳しい言い方ですが
「専業主婦でしかも子どもと同じくらいの睡眠時間をとっている」
こんな人は論外です。

「育児で忙しい」
のではなく
「ただ単に段取りが悪いだけ」

まとめ

メリットというと抽象的で少し難しいですが
要するに
「仕事が大変なのはよく理解できるが
あまりにも仕事人間だと子供にも将来相手にされなくなるよ」

ということをやんわりと伝えるべき

その上で旦那さんを上手におだてて乗せてあげるのもお母さんの仕事です。

伝え方は各家庭いろいろあると思いますが
私的には
「土日は家族と過ごさない」
なんていうのはどうかしていると思います。

これも日本の歪んだ一面なのでしょうか?

かと言ってあまりにも仕事ができない・給料が少ない
というのも困りモノなので線引が難しいところですが・・・

特に専業主婦の家庭の場合は
子供と遊んでくれればイクメンと思っています。

子供のオムツ、食事、全てやってイクメン
は少し行き過ぎた見解だと思います。

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る