ママ鼻水トッテ(鼻水吸引機)-鼻水で辛い時はママ鼻水トッテで楽になろう

育児中に役立ったアイテム
【当時の年齢】0歳~2歳 男の子

※エピソード
エピソード・ひらめき

上の子達の風邪を赤ちゃんの息子にうつって3ヵ月頃から鼻水が頻繁にでるようになってきました。
酷い時は耳鼻咽喉科へ受診する事もありましたが、上の子達を連れて病院へ通う事も抵抗があった為どうにか家でも鼻水を楽にしてあげたいと思っていた時にドラッグストアで『ママ鼻水トッテ』という商品に出会った事がきっかけです。

鼻水なんて一時的なものだったので、上の子の時は特に機械を使う事も考えなかったのですが、下の子は耳鼻咽喉科で鼻水を悪化させると滲出性中耳炎になりやすいと言われました。
実際に数回鼻水を悪化させて中耳炎になっていた所だったので購入をする事に決めました。

【鼻水をそのままにしておく病気への不安】

同時はまだ三時間ごとに母乳を飲んでいたので、鼻水をそのままにしておくと息が苦しくて授乳に集中できなかったり、寝ている時も鼻水が固まって鼻づまりをおこしてしまい長時間の睡眠がとれなかったりしていました。

また、鼻水を悪化させると滲出性中耳炎になってしまい定期的に耳鼻咽喉科へ通わなければならなくなり赤ちゃんにも負担がかかってしまうという状態になっていました。

【気がついた時にとれて、使った後のお手入れも簡単】

子どもとお母さん

まず、この鼻水吸引機は赤ちゃんの鼻にチューブをあてるとは反対側に大人が口から吸引する為のチューブがあります。

なので、大人がストローを使うような感じでチューブを吸いその力で赤ちゃんの鼻水を吸います。
しっかりと奥の方の鼻水まで吸えるので、赤ちゃんも吸うという行為は嫌がりますが鼻水を吸った後は鼻が楽になるので機嫌もよくなります。

吸った鼻水も簡単に捨てる事もできるし、しっかりと分解もできるので使用後のお手入れも簡単でした。
なんといっても耳鼻咽喉科みたいに一時的だけしっかりと鼻を吸うのではなく、家にいる時鼻をズルズルしだしたら直ぐに吸ってあげて楽にさせてあげる事ができるのがこの商品の魅力だと思います。

【家にあると安心感が違います】

メッセージ

私も初めは『吸う方と吸われる方のチューブが分かれていても鼻水が逆流してきたりするんじゃないか』

とか

『機械ではなく人が吸うのだからあまり吸えないんじゃないか』

とそれなりに値段がするので購入の際に悩みましたが、1度使うともっと早くから購入をしておけばよかったと後悔をするくらいでした。

それくらい子供は頻繁に鼻水をだす事が多いし、放置をしておくと中耳炎に繋がったりする事もあるので、鼻をかめない赤ちゃんの為にも家に置いておくと数年は使えるので便利だと思います。もちろん、変な体制で鼻水を吸わない限り自分のチューブへ逆流してくる事もないので安心をして使えると思います。

今は価格は高いですが自動で吸引をしてくれる家庭用の自動吸引機も見かけるので、これから何人か出産を考えているのであれば自動吸引機だともっと楽に鼻水を吸ってあげられるのかなとも思います。

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る