【ZOJIRUSHI ステンレスクールボトル(アンパンマン)】水筒-お茶や水による水分補給が苦手な幼児が飲むようになった話

育児中に役立ったアイテム

【当時の年齢】1歳6ヶ月 男の子

※子どもが水を飲んでくれない
エピソード・ひらめき

うちの子は日中あまり水分を取らない子でした。

特に、お茶や水はあまり飲んでくれませんでした。日々平均して200mlのマグマグで1杯半程度でした。他に野菜ジュース等はやはりおいしいのか一気飲みでしたが、お茶が特にすすみませんでした。だからといって、ジュースばかり与えるわけにはいかず何とかお茶を飲んでもらおうとこまめにマグマグを渡して飲ませていましたが、1回に飲む量も少なくなかなか改善されませんでした。

ある日、買い物に行った先でアンパンマンの水筒を発見し、息子が大興奮しました。特にこの頃アンパンマンに大はまりの時期で、一度試供品を渡してみると離さなくなってしまいました。夏も近く、大容量で保冷効果もある水筒でしたので、息子もとても気に入っている様子だったので買ってみようと思い購入しました。

【やはり夏場の脱水症状ですね】

夏場や病気になった時にあまり水分を取れないと、脱水症状になってしまわないかとても心配でした。

特に吐き下しの風邪を引いた時はほとんどおしっこが出ず脱水症状気味で、もう少し水分を取る習慣を身に付けておけば良かったと思いました。
暑い時期には、外に持って行くとぬるいお茶になってしまっていました。子供だからキンキンに冷たくなくてはいいものの、暑い車に置き忘れてしまった時はさすがに飲ませませんでした。

【水分補給の心配をする必要がなく、勝手に飲んでくれる】

子どもとお母さん

買ったその日から大好きなアンパンマンの水筒がよっぽど嬉しかったのか、お茶をがぶ飲みしていました。

初日だけはあまりの興奮でさすがに少し飲み過ぎたようには思いますが、水分なのであまり気にしすぎずあげることにしました。

次の日からは、飲み過ぎることも無く、しかし今まで以上にしっかりとお茶や水を飲んでくれるようになりました。
保冷効果のある水筒ですのであまり冷たい飲み物は入れすぎないようにだけ注意しています。
暑い季節には外で持ち歩いてもぬるくなり過ぎたり、菌が繁殖したり等の心配が無いので重宝しています。

前までの量では、暑い時期のお出かけでは足りないぐらいになったので、本当に買って良かったと思っています。
飲む前に自分で蓋を開けて、飲み終わったら閉めることも覚えました。ボタン一つでぱかっと開いてくれるので、分かりやすいみたいです。
自分のタイミングで勝手に飲んでくれるようになり、日中こちらからわざわざお茶を渡す必要も無くなりとても楽になりました。

【水をのむことにも「楽しい」工夫を!】

メッセージ

子供は新しい物にとても興味を示すので、新しい水筒にするだけでも気分は変わると思います。

それが大好きなキャラクター付きとなるとなおさらだと思います。
特にこれは首からさげる紐も付いているので、常に持たすには重すぎるかもしれませんが、たまに手や首にかけてあげると自分で持っているということがとても嬉しいみたいです。

きっと楽しく水分が飲めるようになると思います。