電動鼻水吸引器 ベビースマイル-電動鼻吸い器で気持ちよくすっきり!ママに風邪がうつりません

育児中に役立ったアイテム
【当時の年齢】3歳ごろから 女児

※当たり前だけど「子どもは鼻をかめない」
エピソード・ひらめき

子供って風邪をひいたりちょっと冷えたりすると、すぐに鼻水が出てきますよね。でも子供は自分で鼻をかむことができないので、親がなんとかしてやるしかないんです。

赤ちゃんの頃は、口で吸うタイプのものを使っていました。これも役に立ったのですが、口で吸うので風邪のウイルスが私の口に入るようで、鼻吸いを使うたびに私ののどが痛くなり、風邪がうつってしまうのが悩みでした。
そんな時に、電動の鼻吸い器の存在を知って購入することにしました。

【鼻水を放置しておくことによる病気】

よくお友達のママから、「鼻水がたまって中耳炎になった」とか「副鼻腔炎だって言われたよ」とか聞いていたので、なるべくがんばって鼻水を吸ってあげていました。

突然「耳が痛い」と訴えて、耳鼻科に行くとひどくなって中耳炎や副鼻腔炎になってることが多いそうです。
そこまでひどくなくても、鼻が詰まると夜寝れないんですよね。苦しそうに「ふがっ」と言って何度も寝返りしたり、口で息をするのでのどが渇いてしまったり、見ているこちらも辛くなる状況です。

【苦しくなく大量の鼻水が取れる】

子どもとお母さん

口で吸うタイプの鼻吸いは、吸う人の肺活量が少ないと上手に吸えませんでした。
たくさん鼻水が溜まっているときなど大変です。
何度も深呼吸をして思いっきり吸うのですが、全部取りきれず何回も吸っていました。酸欠でクラクラしてしまうこともありました。

それがこの電動の鼻吸い器を購入してからは、ゴム製の先を子供の鼻に入れてスイッチオンするだけ!すると「ブーン」と低い音とともに動き出し、少しすると「ジュジュ、ジュルジュル」と鼻水が出てきます。
これはちょっと感動です!

慣れるまでちょっとコツがいるので、最初は「出ないじゃん」と思うかもしれませんが、すぐ慣れます。
そうするとすごく気持ちよく取れるようになり、スカッとした気分になれます。

ママののどを痛めて風邪がうつることもないし、気持ちよく鼻を吸ってあげられます。

【最初はコツがいるけれど…】

メッセージ

「本当にすごいから!気持ちいいくらいとれるよ」と何度も友達に勧めています。

赤ちゃんが生まれた友達に、出産祝いであげたほどです。

確かにコツがいるんです、
この鼻吸い器は。私も説明書の書いてあるように最初から「ジュル」とは出てきませんでした。

「なんだよ~取れないじゃん!」とちょっとムカついたこともありました。

でもサービスセンターに電話をしてコツを聞いてからはうまく出来るようになりました。

娘は以前の口で吸うタイプでもすごく嫌がっていたので、当然この電動でも嫌がりました。
でも吸った後に鼻の中がすっきりすることがわかると、嫌がらず5歳になる今では自ら鼻吸い器を持ち吸っています。

コツ一つ目は
「ゴム製の先を隙間なくぴったりと鼻に入れる」ことです。
そうすると空気が漏れずしっかり吸えます。

コツ二つ目は
「顔を洗ってから吸う」です。
これは私が発見した方法なんですが、顔を洗った時に鼻を何回か摘むようにして鼻に自然に水が入るようにすると、鼻水が柔らかくなり吸い易いようです。

コツ三つ目は「ぐるぐるまわす」です。
鼻に突っ込んだままぐるぐるまわすのです。
そうすると、吸い易い場所が見つかり「ジュジュジュ~」とたくさん出てくる場所を発見できます。でも強くやり過ぎないように。

コンパクトで持ち運びも出来るので、ひとつあると重宝するグッズです。

関連記事

ピックアップ!

おむつは「パンツ」か「テープ」どっち?

2014.12.29

おむつはテープ式、パンツ式どっち?3つのメリット・デメリット&3つの便利でお得な使い方

紙おむつにはテープ式とパンツ式の二種類があります。最初のお子さんの場合、最初はテープ式を使って大きくなってきたらパンツ式に移行するのかなぁく…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る