【頭痛・発熱】小さい子供がいるのに自分が風邪を引いてしまった時の対処方法

子どもじゃなく自分が風を引いた
子供の病気もかわいそうですが、何と言っても困るのが、ママが病気になってしまった時。

夫の仕事は忙しいし、実家にも頼れない。でも、小さい子がいるので、育児は待ったなし……。
高熱で体が動かないのに、看病してもらうどころか、子供の世話で寝ていることもできないなんて、治る病気も治りません。

こんなときは、どうやって乗り切ればよいのでしょうか?

ファミリーサポートは事前登録を

たいていのファミリーサポートは予約制のようですが、中には緊急時に対応してくれるところも。
どちらにしても、事前に登録をしなければならないので、元気な時にやっておきましょう。

自力でなんとかするしかない! 私はこうやって乗り切りました

私も実家が遠方。義実家は電車2駅の距離ですが、義母が要介護状態だったので、頼ることができませんでした。

私はファミリーサポートを利用したことはなく(存在を知らなかったので)、病気の時は自力で乗りきってきました。
私がやっていたことをご紹介します。

1.夫に食糧を買ってきてもらう

幸い、近所に24時間営業のスーパーがあったので、出社前や会社帰りに、いろいろな物を買ってきてもらいました。
子供が食べられるパン、おにぎり、冷凍食品。
自分自身のために、アクエリアスやビタミンCの豊富なリンゴもあるといいですね。

ご主人に頼めない、という場合はネットスーパーに事前に登録しておくと便利です。

2.子供のお風呂はナシ

夫があまり早く帰ってこられない仕事だったので、子供のお風呂は私の担当。でも、体調が悪い時に、子供をお風呂に入れるのって、つらいですよね。
40度の熱があるのに、頑張ってお風呂に入れているママ友もいましたが、私は子供のお風呂はあきらめました。

レンジで蒸しタオルを作り、体を拭いてあげるとスッキリしますし、汚れが気になるときは、介護用の清拭剤を使っていました。

泡タイプですぐに使えるし、いい香りがするので、子供も喜びます。
うちも赤ちゃんの時から頻繁に使っていますが、肌荒れトラブルもまったくありませんでした。

3.普段から、冷凍食品やレトルトをストック

突然病気になることを見越して、ふだんからすぐに食べられる冷凍食品などをストックしていました。
レトルトや缶詰は常備しておけば、病気の時だけでなく災害時の備蓄品にもなるのでオススメです。

4.トイレトレーニングはストップ

自分が体調が悪い時に、トイレトレーニングはつらいです。
せっかく軌道に乗ってきたのに……、と残念に思うかもしれませんが、体調がよくなるまで、トイレトレーニングはストップしましょう。

5.テレビ、DVD漬けでも仕方ない

テレビの見せすぎは褒められたことではありませんが、緊急時なので仕方ありません。
自分が病気の間は、テレビやDVDに育児をお願いしてしまいましょう。
こんな時のために、面白い動画やゲームのアプリをダウンロードしておいてもいいですね。

まとめ

体調が悪い時に子供の世話をするのは、本当につらいですよね。
私も何度もありましたが、本当に地獄の苦しみでした。

なるべく手を抜きつつ、睡眠時間を確保して、早めに病気を治すように頑張りましょう。

関連記事

ピックアップ!

おしりふきのメーカー別特徴まとめ

2014.12.28

どう違うの?7つのメーカー別おしりふきの特徴について徹底調査!

赤ちゃんのおしりってとてもかぶれやすいですよね。なぜなら、お肌のバリア機能がまだまだ未熟。それに、新生児の頃は一日に何回もうんちをするし、大…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る