【まさに一石二鳥!】ベビーマッサージと一緒に体のパーツ名を学習させる方法

ベビーマッサージ
ベビーマッサージをするなら赤ちゃんに体のパーツ名を学習させながら!が楽しい

赤ちゃんにベビーマッサージをした事ありますか?
出産した産婦人科や市民センターなどでもベビーマッサージの仕方を
教えてくれる事があります。

赤ちゃんがまだ小さい時は外出するのもイヤだと思うかもしれませんが、
外の空気に触れさせるのも赤ちゃんの発達の刺激になります。

ぜひ、同じ悩みも多いお母さん達が沢山いるベビーマッサージ教室に
行かれてみてはいかがでしょうか?
だいたいは無料ですので気軽に行けますよ。

そこに行ってみるとだいたいのマッサージの流れは分かると思います。
別になんてことないんだなーって(笑)
要するに頭の先からつま先まで優しく回しながらなでるといった感じです。

私は家で別にオイルを付ける訳でもなく軽くマッサージしていました。
大人でも強くマッサージされなくてもなでられただけで気持ちがいいですよね。
だから赤ちゃんも色々なでられて気持ちがいいんだと思います。

ここで私からの提案です。
どうせ体全部をマッサージするならお勉強も一緒にしましょう。
教育ママって訳ではないですよ(笑)
なーんとなくしてるうちに、子供も知らないうちに覚えるのです。

リズムに乗せて、体の部位を言いましょう!!

ママが勝手に歌を作っていいですよ。
ママのリズムでテンポよくマッサージしながら歌います。

「足足足の裏! 足足ふくらはぎ! 足足太もも!」
「お尻お尻! 背中!背中!」

という感じで足の先からか、頭の先からか、ママが決めてとにかく順番に
マッサージします。
肩の次にふくらはぎなどと、突然跳ぶ事がないようにして下さいね。
髪の毛や、眉毛、目、鼻、口、ほっぺたなども歌に入れましょう。

足の裏と言っている時は足の裏を揉む。
ふくらはぎの時はふくらはぎ。と言う感じで、
歌とマッサージしている部位がずれる事がないように注意して下さいね。

毎日同じ流れでのマッサージ

大切な事は毎日同じ流れでマッサージすると言う事です。
そしてもちろん毎日同じ歌を歌って下さい。

だからママは自分が作った体の部位の歌を覚える事が必要です。
毎日同じだから子供は覚えるのです。

寝る前に毎日していると「して欲しい」と要求してきますよ!
赤ちゃんじゃなくても1才や2才でも喜びますよ☆

私の息子は4才なのですが、超久しぶりに急に思い出して先日やってみました。
するとなんと私と一緒に「足足足の裏!」って歌い出したのです。
「これ覚えてるの?」と聞くと「うん♪」って!!
超感動。

息子は凄く早くに体の部位の名称を分かっていました。
お話出来るようになってからも早くから部位の名称を言えていました。
この一石二鳥ベビーマッサージがやっぱり役に立ってたんだな!と思いました。

ぜひ、凄く楽しいですので、ママも楽しみながらやってみて下さいね★

関連記事

ピックアップ!

育児中のペディキュア

2014.5.8

【産後のネイル解禁はいつから?】子どもが1歳になればまずはペディキュアから再開

知ってますか ? ご褒美ネイル 育児中にネイルなんて・・・でも脚なら生活に支障はありません 温かくなってきて、空も木もキラキラ輝き始める…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る