「産後うつ?マタニティーブルーズ?」産後に襲う精神的ストレスの違いと3つの改善方法

産後うつ マタニティーブルーズ

産後は、2、3時間の授乳で24時間追われることになります。

究極の睡眠不足状態の中、慣れない赤ちゃんのお世話は、体だけでなく心に相当な負担がかかります。

その結果
気分の落ちこみ、情緒不安定、イライラ感、無気力、この先育てて行けるか自信がなくなったり、とどんどん精神的に追い詰められてしまう・・・

赤ちゃんが無事に生まれてそれだけで幸せなのに、こんなふうに思ってしまうのは、自分の考え方のせい?

そんなふうに追い詰められてしまうことありませんか?

これらの症状、もしかしたら「マタニティーブルーズ」か「産後うつ」かもしれません。
出産した女性の30%くらいがこんな症状に陥ると言われています。

「マタニティーブルーズ」と「産後うつ」の違い

イライラ

「マタニティーブルーズ」

情緒の不安定さ、イライラ感、涙もろさなどの精神面の症状が出るのが特徴。

出産後数日で出てきて、二週間以内に自然に軽快していくものです。

多くのママが体験する、産後の女性ホルモンの急激な減少に伴う症状で【精神的なことのみ】
だから、症状自体も軽いものです。

「産後うつ」

不安感やイライラ感などの精神面の症状

食欲減退、肩こり、全身倦怠感など心身両方の症状が、少なくとも二週間以上続くもの。

「マタニティーブルーズ」は、二週間以内に自然に軽快していきますので、特別な対処はいりません。

「産後うつ」は、立派な病気なので治療が必要です。精神面のストレス状態が二週間以上続く場合
「産後うつ」を疑う必要があります。

でも大丈夫!「産後うつ」でも改善方法があるんです!これを放置しておくと、「うつ病」に移行することもあるので、なるべく早く改善しましょう。

マタニティーブルーズは心配する必要はあまりないけれど、産後うつは立派な病気!2週間以上イライラ・不安感が続いて、体にも疲れがあるようならば改善・治療が必要

「産後うつ」を改善する3つの方法

1,家事を手抜きして、頑張りすぎない

部屋の掃除など、手を抜けるところはとことん抜きましょう。

掃除は夫にお願いし、まとめて週末に。最低限の食事の準備くらいに。
親やきょうだいなど手伝ってもらえる場合は、とことん頼りましょう。

2,ケータイやパソコンは少なくとも産後一ケ月は控える

画面から目に入る光は、リラックス時に働く神経である副交感神経の働きを阻害してしまいます。
また、産後は一時的に脳の働きも低下するので、赤ちゃんの授乳や自身の休養に専念しましょう。

3,医療機関・カウンセリング

ずっと赤ちゃんと二人っきり…というのも原因の一つ

カウンセリングや薬など、医師の指示に従って、適切な治療をすることで改善します。
まずは気軽に行ける、出産した産婦人科で相談してみることをおすすめします。

場合によっては、心療内科や精神科を紹介してもらえます。

まとめ

ちょっとメンタルの不調が長くないかなぁと感じたら、「産後うつ」を疑ってみましょう。

まだまだ続く大変な育児です。
上記の改善方法で、メンタルの不調が改善したら赤ちゃんと遊んだり、家族でおでかけしたりいろいろなことを楽しむ余裕につながりますよ