新生児の粉ミルク-泣いた時でもあせらず短時間で手早く作るコツや注意点

新生児のミルク

 

基本は3時間おき

新生児のミルク。焦りますよね。
特に夜はマンションにお住まいの方なんかは長時間泣かせておいたままにするとご近所の迷惑にもなり
とても気を使います。

でも特に新生児の場合粉ミルクは
「その都度作る」のが絶対条件。

あとあと、何かあって後悔しないためにも作りおきはNG。
あげるタイミングは赤ちゃんによって違います。

また、あげる間隔も母乳なら気にする必要はないのですが
3時間は空けるようにします。

素早くミルクを作れるようになるには

child--baby--white-background--babies_3314835

温かいお湯と常温の水を2種類用意する

もちろん2種類とも沸騰させた後のものを使います。

一つは70度以上のもの
もう一つは常温まで冷ましたもの(もしくは冷蔵庫でも)

哺乳瓶にミルクを入れてから3分の2くらいまで温かいお湯を注いでよーくミルクを溶かします。
そのあと、完全に湯冷ましした水を規定量まで継ぎ足します。

そうすることによってかなり早く温度が下がります。

プラスチックよりガラスのほうが冷めるのが早い

外出する時はガラス瓶はやめたほうがいいと思いますが
まだ、家のみの使用なのでプラスチックよりもガラスの哺乳瓶をオススメします。
プラスチック製よりも断然冷めるのが早いです。

夜は冷蔵保存⇒湯煎

「夜はまとめて作っておくのもあり」

本当に焦っている時、と言うか

泣き声が下手したら迷惑になりそうな時間帯は
作る⇒氷水で冷ます⇒冷蔵保存⇒湯煎
が一番早いです。

常温では2時間が限界ですが
冷蔵庫でしたら半日程度(12時間)は大丈夫。
(実際には病院でそのやり方で作っていた)

夜は2回分くらいを作って
冷蔵し、飲む分だけ湯煎して人肌に温めればOK。
粉ミルクを哺乳瓶に入れる時間が節約できるので
泣いている時間が短くなります。

3時間経たなくてもギャン泣きする?

お腹が空いてミルクがほしい時だかが泣く時じゃないです。
・部屋の温度があっていない
・逆にお腹がいっぱいで苦しい
・ゲップが出ない
他にも原因があります。

なのでミルクが足りないのか?
ではなくまず抱っこして様子を見てください。
抱っこしてすぐに泣き止む時は
「ミルクがほしい時ではない」です。

一度口をつけたものは絶対に捨てる

飲み残しのミルクを冷蔵庫に入れるのはNG

飲み残しのミルクは勿体なくても捨てましょう。
粉ミルクは栄養価が高くてすぐに雑菌が繁殖します。
(母乳ほどではないですが)
また、赤ちゃんはミルクを飲む際には
哺乳瓶の中に大量の唾液が入ります。

まあ、1歳もすぎて離乳食が始まっている時期なら
少しくらいもったいないので…
みたいな気持ちもわかるし、実際私もやったことありますが

まだまだ、消化器官が未発達
特に新生児には絶対にミルクは一度口をつけたら捨てましょう

それを30分以上放置しておくととんでもないことになるので
飲み残しのミルクは量にかかわらず
「もったいないけど捨てましょう」

まとめ

ミルクを短時間で作る方法は

お湯と冷水を混ぜあわせて作る方法
冷蔵保存から湯煎する方法

の2種類があります。
冷めるのに時間が掛かるからといって
「常温の水からミルクを作る」のはやめてくださいね。