【哺乳瓶の消毒】薬液・レンジ・煮沸-3つの消毒方法のメリットとデメリット

哺乳瓶の消毒はどれがいい?

 

[どれが使いやすい?] 哺乳瓶の消毒方法について

哺乳瓶の消毒方法についてどれにしようか
悩んでおられる方も多いと思います

調べてると

  • 鍋で煮沸消毒するもの
  • レンジでチンするタイプ
  • 消毒液をつけておくタイプ

いろいろあると
「正直どれをどういうふうに使い分けるのかわからなくなってしまう」
のではないでしょうか。

なぜ、哺乳瓶の消毒が必要?

赤ちゃんの抵抗力は大人の半分以下。
ちょっとした雑菌でもすぐにお腹を壊してしまいます

また、赤ちゃんの成長に必要な
粉ミルクは栄養の宝庫
その分雑菌がとても繁殖しやすい

この2つが主に哺乳瓶の消毒が必要な理由です。

特に、新生児期は最新の注意を払って!

哺乳瓶の消毒はいつまで?

生後6ヶ月ぐらいまでで十分とですが
最近は、1年位まで毎回消毒されている方も多いようです。

それ以降は普段使う食器と同じもの。
もしくは赤ちゃん用の食器洗い洗剤などでキレイに洗えれば
後の消毒は得には必要ないでしょう。

床を這い回って汚いものでも
何でも手にとって口に入れてしまうようになると
「1歳以降は洗剤などでしっかり汚れを落とせていれば消毒は特には必要ない」
と思います。

3つの消毒方法。メリットとデメリットは?

ではここから、3つの消毒方法のメリット・デメリットについて説明します。
なにも、消毒する方法も毎回決めてしまう必要はありません。

色々と試してみてご家庭に一番あったものを選ぶのがいいと思います。

1,お湯を沸かして鍋で消毒【煮沸】

今お母さんになる世代の方はほぼこれで育てられたはず…

新たに何かを購入する必要がありません。
また、薬などを一切使わないので一番自然な消毒方法です。
3つのタイプの中では一番きれいになります
(ブツブツ言う姑さんにもウケが良いかも・・・笑)

完母の時期や新生児期は良くても
混合が始まったら
「毎回は面倒くさくてやってられない」
ようになるかもしれません。

また、熱湯を使うので子供が動きまわる時期になると注意が必要

※今大人の方は赤ちゃん期はほぼこれだったはず。面倒だけどシンプル

2,薬液に浸けておく【浸け置き】

薬液タイプ(代表的なのはミルトン)

哺乳瓶を洗った後つけておくだけなのでとても楽
浸けておくだけで取り出してすぐに使えるし
お湯を使いません
24時間何度でも使える
殺菌力は一番高い! 薬液じゃないと死なない菌もある??

少し塩素のニオイがきついかも。
毎日の使用でお母さんの手が荒れる
最低1時間の浸け置が必要
また、消耗品であるので買い足しが必要。

匂いなどで悪影響だから使わないという人もいますが
赤ちゃんの体に対して影響があるのなら
もっと早くに問題になっているはずです。
ミルトンの歴史はとても古いです。

※簡単だけど薬液のニオイが気になる(親が)って人と手が荒れたからという理由で使わなくなるママが多い

3,電子レンジで【チン】する

日本の家庭で一番多いのがこのレンジでチンするタイプ。
旅行にも便利
使用したい3分前でOK。
使い捨てタイプなら場所も取ら ない

デメリットは すぐに使いたい時は熱いことくらい
あとは頻繁にやると電気代が少し上がる
ほぼデメリットはないかと思われます。
懸念されているのは「電磁波の影響」くらい

で、結局どれがいいの?

母乳が出ないので頻繁に哺乳瓶を洗う場合
⇒ミルトンなどの浸け置き

母乳も多くあまり哺乳瓶を使わない場合
⇒電子レンジ

ちなみにうちは煮沸してました。
・なにかを買う必要がないということ
・一番きれいになるということ

この2つの理由で熱湯煮沸消毒を選びましたが
やはり面倒でしたよ。

【その他】お母さんのおっぱいの消毒について

お母さんのおっぱいについては気をつけたいのは
大体産後1ヶ月ぐらいまで(母乳が出る場合)

洗浄綿というのがあるのでたまにそれでふいてください。

毎回使っていると乳首が乾燥したり、
肌荒れの原因にもなりますので
普段は濡れたガーゼで拭くぐらいで
1日1回位洗浄綿を使うくらいで丁度いいです。

また、こぼれた母乳に乳首に塗ると殺菌効果もあります。

関連記事

ピックアップ!

B型ベビーカー

2014.12.23

「軽くて段差もスイスイ!」7ヶ月過ぎたら使いたい5つの人気B型ベビーカー

B型のベビーカーはA型とくらべいろいろありすぎて色々と調べていくと訳が分からなくなってくるというお母さんはとても多いです。 ★調べてみ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る