野菜嫌いでアレルギーもちの息子がごはんをたくさん食べてくれるようになったフードプロセッサーのお話

育児中に役立ったアイテム
【アイテム名と当時のベビーの年齢】NINJYA フードプロセッサー

1歳から2歳半・男

※エピソードエピソード・ひらめき
離乳食が完了し、色々なものを食べさせられるようになったのですが、うちの子はアレルギーがあり
(卵・小麦・乳製品)かならい制約がありました。

市販のものでもアレルギー対応のものもありますが、様々な添加物によってもアレルギーがでるようなので
(添加物に関しては病院の検査ではきちんとわかりませんでした)レトルトの離乳食は使えませんでした。
私自身初めての育児で、実家も遠いため、料理にばかり長い時間をさくことはできず、しかし大切な我が子のために
栄養のことも考えて美味しいごはんを作ってあげたいという強い思いはありました。

このフードプロセッサーはテレビの通販番組でよくみていて欲しいと思っていましたが、けっこうなお値段なので迷っていたところ
夫の実家でも購入したいということで、ちょうどひとつ買うともうひとつついてくるというキャンペーン中だったため
買ってもらうことができました。

【それまでに悩んでいたこと・問題点】

息子はお肉やお魚は好きでよく食べてくれるのですが野菜を全然食べてくれませんでした。

また、野菜を柔らかく炊くだけでは手づかみで食べると服からテーブルから床からすべてが
凄まじく汚れ、毎食それを掃除うるだけでもものすごい労力でした。

【その後の生活はどう変わった?】

子どもとお母さん
この商品は粉砕力がそれまで使っていたフードプロセッサーより格段に強いため、お肉やお魚、野菜を細かくする時間が
大きく短縮されました。

また、イワシやアジなどなら骨まで細かくなるのでカルシウム摂取も手軽にできるようになりました。

それらを野菜と一緒に肉団子やハンバーグにして息子に食べさせると、野菜だと気がつかずにたくさんたべてくれますし
手づかみ食べが上手になり、私がつきっきりでご飯をたべさせなくてもそんなによごれなくなりました。

息子のごはんだけでなく、夫婦での食事のレパートリーも増えました。

休日は、牛乳の氷を粉砕して夫婦でフラペチーノを楽しんだりもできて、気持ちにゆとりもうまれました。

【それって本当?】まだ使ってない人へのメッセージ

メッセージ
すごく便利だからおすすめするよ。
子供はハンバーグやミートボールが好きだし、添加物が入らない栄養価の高いものを自分で作れるから安心。

ひき肉も自分でひけばあらびきの美味しいものが作れるし、安いよ。
と言って、実際にお料理をご馳走したらいいかな、と思います。

関連記事

ピックアップ!

チャギントン

2014.5.2

【これで完璧】車内で長時間子どもを退屈させないためのYouTube動画まとめ

GWの長距離移動は子供が喜ぶ動画をお供に! 大型連休といえば、楽しい楽しい、家族旅行ですね! みなさん、旅行の準備はお済でしょうけど、移…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る