「良い保育園」に入るための“保活”は早めスタートが肝心

ea92d2674ee0e309809a9e1ff744823e_s

働くママにとって、大事な子供を預ける保育園探しは重要課題。
特にまだ赤ちゃんの0歳児や、上手に話すことができない1歳児を預ける場合、「自宅から近い」「定員が多いから、待機なく入れそう」という理由だけで安易に保育園を選んでは後から後悔することに!

しかも待機児童の多い地域にお住まいの場合、4月以外からの入園もしくは1歳以上の入園は困難を極めます。
より良い保育園に入園するために、妊娠中から保育園探し=“保活”をスタートしても早すぎることはありませんよ。

情報を集めましょう

まずは地域にある保育園の情報を集め、必要であれば役所の担当課に聞きたいことを電話やメールで質問しましょう。
時間があれば、資料をもらいに直接役所に足を運ぶのがベスト!

同じ地域内でも、保育施設には【認可】【認可外】の2種類あって、それぞれ特徴が違います。

<認可保育園>

一般的に保育園(保育所)と呼ばれているのが【認可】保育園のことで、国が定めた基準(施設の広さ、保育士などの職員数、給食設備、防災管理、衛生管理など)を満たしていて、各都道府県知事に認可された施設のこと。

保育士1人当たりが担当する乳幼児数が決まっていて、国から補助金が得られるため、保育料が比較的安いのが特徴です。
原則として、その市区町村に在住・在勤・在学の人・家庭が利用できます。

また私立と公立があり、その中でもそれぞれ特徴が異なりますが、延長できる時間や休日預かりなどに制限があり、各家庭の事情に対応できることに限りがあります。

<認可外保育園>

【認可】保育園に入所できない(待機児童)期間や、時間帯などで【認可】保育園には預けられない場合に対応するのが【認可外】保育園
園庭の広さなど国の設置基準を満たしていないため、国からの補助金が得られないので保育料が高めです。

【認可外】保育施設の中には、従来の【認可】保育園の設定基準が土地などの問題で満たすことができないため、東京都が独自で基準を設定している【認証】保育園などもあります。

全施設とも13時間以上開所、0歳児から預けられるのが特徴で、駅前立地などそれぞれの施設が個々のニーズに合わせた特色を掲げています。

都や区から補助金を得ているため、保育料に上限が設けられていますが、サービスによって料金が細かく設定されていますので、気になる施設があれば直接確認した方が良いでしょう。

自治体によっては、待機児童のための「保育ルーム」や、子育て経験のあるママや少数の保育士が子供を預かる「家庭保育室」「保育ママ」といった小規模施設を設けているところもありますよ。

実際に園を見学!

9f112d7d8e882d6cd4725e367d07bf4c_s

入りたい保育園が見つかったら、次は実際に行って施設を見学させてもらいましょう。
ほとんどの保育園では「園庭解放日」などを設け、子供連れで遊びに行けるようになっています。

実際に行ってみると、先生や児童の様子が生で見られ、資料では分からなかったことが一目瞭然です。疑問があれば保育士や園長に直接聞いてみるのもいいですね。

<良い保育園の選び方>

必ず児童のいる施設内を見せてもらいましょう。そこで実際に入園している子供たちの表情をよく見てください。

少しくらいうるさくても、子供たちがいきいきとしていて明るく元気に笑っていれば、そこは良い保育園です。

また各園の保育方針や、施設内の清潔度保育士の数もチェックしましょう。

<<保育園のここをチェック!>>

■子供たちの表情、服や体の汚れ(まめに着替えさせているか)

■施設内の日あたりや風通し、暖房冷房の温度、清潔感

■園の保育方針、保育時間内のカリキュラム(園庭での運動や絵本の読み聞かせ、お散歩など保育時間内が充実しているか)

■保育士の数、表情、子供との接し方。また若い保育士以外にベテラン保育士も多いか

■危険がないか(歩くことができない赤ちゃんと、走り回る子供の距離が近すぎないかなど)

■施設内の広さ、子供を寝かせるスペースが十分あるか

■施設内外での遊び道具、おもちゃの多さ

■給食の内容(離乳食やアレルギーに配慮してくれるか)

■連絡帳や参観など、親と園とのコミュニケーションの取り方

■災害時の避難口や避難階段があるか

その他、具合が悪くなった場合や延長保育についてなど、聞きたいことを事前にリストにまとめておいて全部聞いてみましょう。

その時の対応が誠実かどうかでも、その園の良し悪しが判断できますよ。

 

4月からの入園申し込みは一斉スタート

e9ceb8eb2023a4643c2d87b8d98b831b_s

希望する保育園をいくつかに絞り込めたら、いよいよ入園申し込み開始です。

【認可】保育園は11~12月頃に翌年4月からの「一斉申し込み」が始まりますので、必ず役所で申し込む時期や場所、申請に必要な書類などを事前に確認しておいてください。(自治体によって異なるため)

年度途中からの入園を希望する場合は、待機児童の多い地域によっては空きがないことがほとんど。
また早生まれなどで1歳過ぎから預けたいと思っている場合も、1歳児が入園できる枠は0歳児よりも少ないことが多いので、時期をずらすなど早めの対処が必要です。

【認可外】保育園はほとんどが先着順ですので、入園を希望していなくても、いざという時のために情報集めや見学は行っておくのがベターです。

 

希望の園に落ちた場合の対処も準備!

しかし残念ながら審査に落ち、どこの園にも入れないことがあります。

「両親ともに正社員である」を筆頭に、各家庭で入園しやすい“ポイント数”が違います。
このポイント数が高い家庭から優先的に入園できるため、パートタイマーや自営業、祖父母が近所に住んでいるなどの理由で優先順位を下げられてしまうことがあるためです。

もしも希望する【認可】保育園に落ちた時のために、優良な【認可外】保育園をピックアップしてすぐに申し込めるよう準備しておくのも重要ですね。

<まとめ>

平成27年度よりスタートの「子ども・子育て支援制度」をはじめ、各自治体では『待機児童の解消』を掲げて様々な取り組みを行っています。
ですが、4月以外の入園や1歳児の入園はまだまだキビシイのが現状です。

「入れたらどこでもいい」というわけにはいかないのが保育園。
可愛いわが子を良い保育園に入れるために親ができることは、早めからの“保活”に他なりません!