【母乳がおいしくなる!】赤ちゃんもにっこり!おいしい母乳をつくる和食のススメ

母乳不足

母乳育児をしているママにとって、毎日の食事はとても気を使うものですよね。「かわいい我が子のためなら!」と、食事制限や栄養管理に励むのは、赤ちゃんにおいしい母乳を飲ませてあげたいという素敵な親心です。

でも「甘いものやお肉は我慢しなきゃ…」「これを食べるとおっぱいが不味くなるらしいし…」と食事に気を使うあまり、ストレスをためてはいませんか?

食べたいものを長期間我慢するのって、ストレスがたまりますよね。

私も最近まで母乳育児をしていましたが、乳腺炎になりやすい体質だったため、口にできるものが限られ、とても気疲れしていました。

楽しい母乳ライフを送るためにも、普段の食事はあっさり和食を中心にし、時には自分へのご褒美に好きなものを食べて疲れを癒しましょう。

食事

 

母乳はママの血液からできています!

母乳はママの血液からつくられているため、母乳の質を良くし、量を増やす決め手は、何よりママの健康状態と栄養状態です。

ママの心と体が疲れすぎていたり、必要な食事をとれずにいたりすると、ストレートに母乳への影響が出てきます。

つまり、ストレスや栄養不良、水分不足を解消することは、良質な母乳づくりを促し、つらい乳腺炎の予防にもなるのです。

やはり、良質な母乳をつくる理想的な食事は、脂質や糖質を控えた、野菜たっぷりの和食。

脂肪分は控えつつ栄養はたっぷりと摂りましょう。バランスのとれた食事 は、赤ちゃんが喜んでゴクゴク飲んでくれる、おいしい母乳を出してくれるのです。

今回は、母乳育児中の食事にぜひ取り入れて頂きたい、おすすめの食事をご 紹介します!

基本は和食!おススメは具沢山のお味噌汁

和食中心で野菜を多く摂取している脂肪分の少ない食事は、ママの母乳をほんのり甘くするそうです。ママが舐めても美味しいと感じられる味なのだそうですよ。

【お米】 産後ダイエットに励むママもいるかと思いますが、主食のごはんを抜いたり減らしてはいませんか?

お菓子の糖と異なり、お米の糖はエネルギーに変わるので脂肪になりにくいといわれています。

毎日しっかりお米を食べて、おいしい母乳とママの健康を維持しましょう。産後のおやつとして、おにぎりを勧める産院もあるそうですよ。

【海藻類】 ワカメ、ひじき、のり、きくらげ等の海藻は、鉄分が豊富で血液をサラサラにしてくれます

出産後の授乳で貧血になりやすいママに、積極的に摂って欲しい食材です。
ホルモンバランスを整えるイソフラボンが豊富なお豆腐に、たっぷりの海藻をのせたサラダはいかがですか?

体が冷えないよう、お豆腐は湯通しで温めておきましょう。

【根菜類】 ごぼう、人参、蓮根、大根などの根菜は、体を温め、母乳の出を良くしてくれます。また、根菜類には食物繊維が豊富なため、便秘解消にも役立ちますよ。

【温かい水分】 美味しい母乳をたくさん出すには水分も重要なので、海藻や根菜を入れた具だくさん味噌汁が良さそうですね。

汁物にすると、溶け出た栄養分まで、残さずおいしく摂ることができます。

さらに、温かい汁物を飲むことで、体がポカポカ温まり、血流も良くなるのです。

images

 

おいしく食べてハッピー母乳ライフを!

母乳育児

毎日ご飯をしっかりと食べ、海藻や根菜を中心とした野菜たっぷりのおかずにすることで、母乳の質は明らかに良くなるでしょう。

きっと、赤ちゃんの飲みっぷりや表情も変わってくると思いますよ。

母乳がなかなか出なくて悩んでいたママも、ぐんぐん湧いてくる母乳にホッとするはずです。

たまにはご褒美に好きなものを食べてリフレッシュしながら、赤ちゃんもママも笑顔になれる、おいしく健康的な食生活を送りましょう!