【出産前準備】子育てが始まってからでは絶対できない10つの事

57bc7ad5853a4838c2ab9b6d1104b05b_m

もう少しで出産!

名前はどうしよう、肌着はなにを着せよう、なんてワクワク・ドキドキな妊娠中ですが、案外妊婦のときは産後の生活がイメージしにくいものです。
そこで、出産前にしておけばよかったなぁと思うことをまとめました。

夫婦で旅行に行く

これは必ずといっていいほど、行った方がいいよ!というママも多いのではないでしょうか。
著者は安定期に安産祈願を兼ねて伊勢神宮に行きました。
美味しいものを食べて、ゆったりとした時間を過ごして、夫婦での旅行も最後だねー、なんて話をしてとても良い思い出になりました。

ですが、無理は禁物。
旅行に行くときはかかりつけのお医者様に相談することをお忘れなく。休み休みのゆったりスケジュールで旅行をしてくださいね。
旅行でなくっても、2人の時間も残りわずかに。
2人の写真も心なしか少なくなります!たくさんデートをしてくださいね。

読んでおくべき本は積極的に読む

読書する気も起きないって思うかもしれませんが、読書は読書でも、小説ではなく育児本など。
産後はしたいことが制約される中で、いざ何かできる時間があると「読書」よりもほかのことを優先しがちなんですよね。
しかしながら、寝んトレなどの育児本など産後すぐに読んで備えておいた方が良さそうな本もあるんです。
ちなみに、小説を読むのが好きな筆者が産後ゆっくりと読書をすることができたのは、子どもが1歳を迎える頃でした。

映画館で映画をみる

現在はTOHOシネマズなどで子連れOKの映画館もありますが、子連れということで音量が小さめの様子。また、いっしょにみることになるので、集中できないまま映画が終わってしまう、なんて残念なこともありえます。。
みたいジャンルの映画を、映画館ならではの臨場感で味わうなら、出産前ですよ!
ぜひ胎教に良さそうな映画を選んでくださいね。

子連れで行けそうにないレストランへ行っておく

普段から行っていたおしゃれなレストランや、格式高いお店、赤ちゃんを連れていこうとしたら実は子どもNGというところも。シェフが子ども嫌いでNGにしているお店もあるとの噂も!
予約をするときに、子連れOKかいっしょに調べておくのも良さそうですね。

必要なものは予めリストアップしておく

産後、退院日に赤ちゃん本舗などに寄って買った、という話も聞きますが、筆者はそんな余裕がなかったです。何から何まで揃えておく、というよりも、最低限の赤ちゃんの寝床やミルク、肌着程度揃えておくと慌てずに初日からお世話ができますよ!
ちなみに、産院によって出産セットがもらえるのでその内容をチェックしておくといいですね。

夫婦で家の中のものの場所を把握しておく

あれ持ってきてー、そこにあるからー
などとあれこれそれが必要なときに、いちいち説明していられません。
予めなにそれはどこにある、ということをお互い把握しておくと良いです。
分からない、説明からしなければならない、
そんなちょっとしたことが産後のママのメンタルに関係したりしますよ…。

歯科で歯のクリーニングをしておく

妊娠中から歯がもろくなったりします。産後によく歯が磨けず虫歯になりやすくなっていることもよく聞きます。
治療をするのに、麻酔を使うのを避ける歯科医もいるので、治療は卒乳後…なんてことも。
虫歯にならないよう、キレイにしておきましょう。

パパと家事や育児など、役割を話し合っておく

パパはお仕事、ママは家事と育児、これだとママの負担は大きいですよね。
普段はお仕事で忙しくて手伝えないパパも、休日は必ずお風呂にいれる、平日は寝かしつけだけはする、などと最低限の役割を決めておくといいです。
買い物やゴミ出し、洗い物、洗濯物をたたむ、それだけでも本当に助かるので、話し合っておきましょう。

スマホ(携帯)の写真データを整理しておく

すぐデータがいっぱいになります。
筆者は出産直前に新品のスマホを用意していましたが、半年程度でいっぱいになりました。容量にもよりますが、今ある写真データを整理する時間はないので、今のうちに整理してわが子のベストショットスペースを確保しておきましょう。

産後のスケジュールを共有しておく

出生届、内祝いの手配、1ヶ月検診、お宮参り、お食い初め…次々としなくてはならないこと・イベントがあります。
それはいつ頃なのか、どこで誰とするのかを把握しましょう。
イベントによっては目的地までのタクシーの手配や、レストランの予約が必要になるかもしれません。こんなの早いよ、と思っていましたが、産後バタバタなので、気づいたらもうそんな時期!なんてことも。出産前に軽く話し合っておくとスムーズです。
ちなみに、一番大変だったのは出産内祝いでした。お祝いが親戚・友人・仕事関係などに分けて品物をざっくりみておくといいですよ!

c8afa7abf940b9fa5e3dbc50652cde84_s

いかがでしたか?

子育ては夫婦の力を合わせるときです!
妊娠中にたくさん良い思い出を作って、夫婦仲良く赤ちゃんを迎えてくださいね!

関連記事

ピックアップ!

スマホあるある

2014.5.2

【黙って座ってるワケがない!】GWの帰省・長距離移動の際の子供のグズグズ対策

待ちに待った大型連休がやってきました。 はじめての山遊びや川遊び、農業体験アクティビティも素敵! 実家の両親や兄弟姉妹の家族とにぎやかに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る