「離乳食のはじめ方 赤ちゃんが喜ぶ離乳食初期の3ステップ」

離乳食

 

赤ちゃんが5、6か月頃になると、そろそろ始るのが離乳食。

今まで、おっぱいやミルクだけで栄養を摂っていた子が、ご飯を食べだすのですから、

何をどうやっていいいのか、不安になるママも多いですよね。

私も育児書を読んだり、周囲の人に聞きまくって、おっかなびっくり始めました。

これから、初期の離乳食の進め方を紹介します。

なぜ、離乳食を食べるの?

そもそも、なぜ「離乳食」というものがあるのでしょう。

1.成長するにつれて、母乳やミルクでは栄養が足りなくなります。

産まれてからしばらくは、母乳やミルクで十分栄養が摂れていましたが、
成長するにつれて、食べ物から栄養を摂る必要が出てきます。
離乳食期は、大人と同じ普通の食事ができるようになるまでの準備期間です。

2.赤ちゃんはまだ、内臓が未熟です

栄養を食べ物から摂る必要があると言っても、
普通の食事をするには、まだまだ赤ちゃんの内臓は未熟です。
柔らかく消化しやすい食べ物からスタートして、
赤ちゃんの体を、食べ物に慣らしてあげる必要があります。

3.食べ物を飲み込む練習にもなります

今までおっぱいやミルクだけで栄養を摂っていた赤ちゃんは、
まだ、噛んだり飲み込んだり、という一連の動きができません。

なので、離乳食を進めていくことによって、お口の動きを練習させるのです。
最初は、舌を上手に動かせず、ベーっと吐き出したりしますから、
エプロンをつけてあげるといいですよ。

離乳食を始めるタイミング・回数

1.始めるのは、生後5~6か月くらいから

生後5~6か月くらいになり、大人が食べているものに興味を示したり、
よだれをたくさん流すようになったら、離乳食を始めてみましょう。
腰がある程度据わり、ベビーチェアやラックにお座りできるようなら、
スタートしても大丈夫です。

2.赤ちゃんの体調がいい時に1日1回あげてみましょう

赤ちゃんの体調がよく、きげんもよい時に始めましょう。
午前中のおっぱいやミルクの前の時間に、一回食からスタートします。
午前中に食べさせるのは、アレルギー反応などが出た時に、
対応しやいすからです。

下痢など体調が悪い日は、お休みしましょう。

何を食べさせればいいの? 離乳食初期の3ステップ

1.まずは、10倍かゆからスタート

と言われても「10倍かゆってなに?」ですよね。
私も最初はよく分かりませんでした。

10倍かゆとは「お米の10倍の水で炊いたおかゆ」のこと。

お米から炊くのではなく、炊いたご飯からおかゆを作るときは、
ご飯30グラムに対して水1カップが目安です。

炊飯器の中に入れたり、レンジで作れる「離乳食ポット」も市販されているので、
そういったグッズを使ってみてもいいでしょう。

初日は小さじ1杯程度からはじめ、3~4日して順調なら、2杯に増やします。
味付けはしないのが基本ですが、出汁などを混ぜてあげてもいいでしょう。
うちの子も、出汁で炊いたおかゆが大好きでした。

2.野菜ペーストを足してみましょう

おかゆを食べ始めて1週間くらいたったら、野菜を与えてみましょう。
にんじん、ジャガイモ、ほうれんそうなどを柔らかくゆで、すりつぶして与えます。

繊維の多いものや固いもの(ごぼう、ネギ、レンコン)、独特の味があるもの(なす)
などは、離乳食初期には向きません。

かぼちゃやさつま芋などは、自然な甘みがあるので、赤ちゃんに大人気。
うちの子どもたちも好きでした。

1回1種類を、少しずつ食べさせましょう。アレルギー反応があった時に、
どの食べ物に反応したのか、分かりやすいからです。

3.タンパク質も与えてみましょう

野菜を食べ始めて1~2週間たったら、タンパク質も与えましょう。
絹ごし豆腐、たら・鯛などの白身の魚、しらすなどが最適。
しらすは塩分が強いので、お湯をかけて塩抜きしてから与えてください。

豆腐やしらすは、食卓に出すのも手軽なので、ママも大助かりです。

まとめ

離乳食初期は、まだ「ウォーミングアップ」。
赤ちゃんの栄養の主体はおっぱいやミルクなので、
あまり食べなくても、心配したりがっかりしないでくださいね。

どんなものを作ったらいいのかよく分からない、というときは、
市販のベビーフードも利用してみましょう。
「赤ちゃんは、こういう味が好きなんだ」と新しい発見がありますよ。

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る