「赤ちゃんの夜中の急な高熱! 」そんな時のシチュエーション別対処方法

夜中の急な発熱

 

さっきまで元気に遊んでいたのに、ちょっと大人しくなったと思ったら、熱が!
しかも39度や40度といった高熱だと、ママはびっくりしてしまいますよね。
小さい体で、苦しそうにしている姿を見ると、心配でたまらないでしょう。
こんな時は、どうしたらいいのでしょうか。

どうして高熱がでるの?

赤ちゃんはお腹にいる時に、胎盤を通してママの免疫をもらっています。
でも、その免疫が切れるのが5、6か月頃。生後半年から病気をしやすくなるのはこのためです。

幼稚園や保育園、学校に通う上の子がいる赤ちゃんは、ウィルスや菌に感染する確率が上がるので、
生後半年より早く、熱を出しやすいでしょう。

熱というのは、体内に入ったウィルスや菌を退治するための、体の防衛反応です。
大人が40度などといった高熱を出すことは、めったにありませんが、
子どもは体の体温調節機能が未熟なため、高熱が出ると言われています。

また、朝に熱が下がっても、夕方から夜にかけて、熱が上がるというのはよくあること。
慌てず、赤ちゃんの様子を観察しましょう。

どうしたらいい?夜中に熱を出した時のシチュエーション別対処方法

病院がしまった後の、急な発熱はどうしたらよいのでしょう。
夜間病院に連れて行けばいいのか、それとも自宅で安静にしているべきなのか、
とても迷いますよね。

変な病気なら早く診てもらいたい。
けれど、夜間病院はとても混むので、病気の子を長時間待たせるのも、
違う病気を拾ってくるのも心配です。

病院に行くべきかどうかは、最終的には親の判断ですが、目安をあげてみましょう。

1.生後3か月未満

生後3か月未満の赤ちゃんは、抵抗力が弱く、しかも「くずったり不機嫌になる」などの
症状が出にくいと言われています。
万が一、重症だといけないので、医師の診察を受けた方がよいでしょう。

2.水分が摂れない。おしっこの量が少なく、ぐったりしている。

おっぱいやミルクを飲まず、おしっこの量が少ない時は、脱水が疑われます。
病院に行って、点滴をしてもらうなど、対処してもらいましょう。

3.けいれんが長く続く。けいれん後の様子がおかしい

高熱を出した時に、突然白目をむいたり、手足や顔をピクピクとけいれんさせることがあります。
これを「熱性けいれん」と言います。
まずは平らな場所に寝かせ、衣服をゆるめてあげましょう。

けいれんが5分以上続いたり、けいれんが治まっても視線が合わない、
意識がはっきりしないなど、普段と違う様子があれば、迷わず救急車を呼びましょう。

自宅でできる対処法

夜間病院に行かないことにした場合、自宅ではどのような事ができるでしょうか。

1.水分をこまめに与える

赤ちゃんの熱で、怖いのは脱水です。こまめに水を与えましょう。
一度に大量に飲ませると、吐いてしまうことがあるので、様子を見ながら
少しずつ飲ませましょう。

2.快適な温度にする

赤ちゃんが寒がっているなら、部屋を暖かくして布団をかけます。

逆に汗をかいて暑がっているときは、薄着にして冷却シートや氷枕で冷やしてあげましょう。
脇の下や足の付け根には、大きな血管が通っているので、
保冷材をハンカチにくるんで、その部分に当ててあげるのが効果的です。
汗をかいたら、こまめに体を拭いて着替えさせましょう。

最後に

いかがでしたか?
突然の夜中の熱は、いろいろ判断に迷うことが多いですよね。

自分で判断ができない場合は、
「小児救急電話相談」に電話してみましょう。全国どこでも利用できます。
固定電話、携帯電話から「#8000」に電話すれば、
小児科医や看護師が相談に乗ってくれますよ。