【ベビー教室】やって本当に良かった0歳~1歳までの6つの習い事

ママと赤ちゃん

息子が5ヶ月になる頃、いろんなおけいこごとに参加しました!
たくさんスキンシップをとりたいな、と思い調べたベビーレッスン。こんなにあるんだとビックリ!1歳を過ぎた今でも続けているおけいこもあります。お出かけができるようになったら、参加してみては。

ベビーマッサージ

肌と肌が触れ合う親子のスキンシップとして人気の「ベビーマッサージ」。
大人もマッサージをしてもらうとうっとりするように、赤ちゃんもパパやママの愛情がこもった温かい手でマッサージされるとうっとり。
リンパの流れがよくなったり、血行が促進されるので、丈夫な身体作りにも役立ちそうです。情緒豊かで心身ともに安定して健やかに育つと言われているので、魔のイヤイヤ期にも効くかも?!しれません。
寝返りを打ち始めると思うようにできないので、ねんね期がおすすめ。

ベビーヨガ

こちらも、赤ちゃんとのスキンシップを通じて信頼関係を築いていきます。ママがベビーを抱っこするのはもちろん、ママの身体の上に乗せたりするダイナミックな動きやポーズも。息子は声に出して大喜びでした!
ベビーヨガ以外に、ママのための肩こりや腰痛を緩和するようなママのためのヨガを教えてくれる講座もあるので、チェックしてみてくださいね。

ベビーサイン

赤ちゃんが話し始めるまでに役立つベビーサイン。目をみながら手話やジェスチャーで赤ちゃんと会話を楽しめるので、コミュニケーションがとれます。
始めてからすぐにサインが出てくる子もいればそうでない子もいるのですが、息子は後者でした…。同じクラスのママ友と励まし合い、親睦が深まりました。ママの根気強さも必要ですが、その分初めてサインが出た日は大感動です!

ベビースイミング

習わせたいおけいことして人気のベビースイミング。妊娠中に、通っていたマタニティースイミングの隣で、ベビースイミングのクラスがあったのが知ったきっかけです。泣いている子はおらず、みんなご機嫌。ママにギュッと抱っこしてもらって笑顔でした。そんな姿をみて、産まれたら一緒にやりたいなーと思っていました。水遊びや水慣れが中心のようですが、風邪がひきにくくなったとも聞きますよ。

リトミック

先生と音楽に合わせて踊ったり、唄をうたったり、タンバリンやマラカスなどのちょっとした楽器を使ったりもします。0歳のベビーは音を聞いているように見えます。動き回る1歳前後になると、先生を急に立ち止まってじーっと見たり、楽器をシャカシャカ振って楽しそう!2〜3歳くらいになると、先生の言うことを理解して同じ動きをしたり、歌ったりしていますよ。長く続ければだんだんリズム感や音感を養われそうです。

ベビーダンス

スリングや抱っこひもをして、ベビーを抱っこしたまま踊ります。不思議なもので、揺れが心地よいのか寝てしまうベビーがほとんどです。音楽も洋楽のハードなものもありますが、J−POPのことも。私はリズム感がまるでないので心配でしたが、やってみたら楽しかったです(間違えまくってましたけど…)。ひとつ欠点はというと、月齢と共に大きくなったベビーほど腰にきてしまい、つらくなってきます…。

地域によっては少ないかもしれませんが、他にも、ベビーフラ、子連れOKのパン教室、読み聞かせの会などありました。
案外近くにあるかもしれないので、探してみてはいかがですか?

笑顔の女の子

最後に

私自身、1歳の子がいるのですが、子どもが3ヶ月を過ぎた頃から自分のお出かけのきっかけになるかな、と探し始めました。
実際に外出してみると、外の空気を吸うだけでもずいぶん気分転換になりますし、ママ友ができるきっかけにもなって、行ってよかったなぁと思っています!
各おけいこごとに参加するときには、首すわり後や、ハイハイ期までなど、対象月齢が異なりますので、確認してみてくださいね。
ぜひ、お子さんといっしょにエンジョイしてみてください。

関連記事

ピックアップ!

おしりふきのメーカー別特徴まとめ

2014.12.28

どう違うの?7つのメーカー別おしりふきの特徴について徹底調査!

赤ちゃんのおしりってとてもかぶれやすいですよね。なぜなら、お肌のバリア機能がまだまだ未熟。それに、新生児の頃は一日に何回もうんちをするし、大…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る