「おっぱいが出ない」完全母乳で育てるために今できる3つの事

産後直後の授乳

 

母乳で育てたいのにおっぱいが出ない」

ここ近年「母乳育児」が主流になっています。

出産直後に出る「初乳」には、多くの栄養分や抗体が含まれていますし、
成長に合わせて、母乳の成分も変わっていきます
赤ちゃんにとって、母乳は
「オーダーメイドの完全栄養食」
と言えるでしょう。

そんな事を聞けば、誰だって「母乳で育児をしたい」と思いますよね。

中には、出産後すぐに胸が張ってきて、あふれるように母乳が出る人もいます。
そんな人がいる一方、おっぱいがなかなか出ないママも。

産院や授乳スペースで、隣の赤ちゃんがゴクゴクおっぱいを飲んでいるのに、
自分の子はおっぱいを飲まないどころか、乳首すらくわえてくれない。
くわえても、すぐに口を離してしまい、おっぱいから顔をそむけて泣きわめく……。

「赤ちゃんって、おっぱいが大好きなんじゃなかったの?」
ふんぞり返って泣く赤ちゃんを抱きながら、
情けなく、悲しい思いになる新米ママも多いことでしょう。

おっぱいがなかなか出ないのはなぜ?

なぜ、おっぱいがなかなか出ないのでしょうか。
以下に、いくつか理由をあげてみましょう。

1.ホルモンの分泌が少ない

おっぱいは、「プロラクチン」という母乳を作るホルモン、
そして「オキシトシン」という母乳を出すホルモンが働いて分泌されます。

「愛情ホルモンと言われています」

このプロラクチンとオキシトシンは、赤ちゃんがおっぱいを吸うことで分泌されます。
ですから、出産直後に数回チャレンジしたくらいでは、なかなか母乳は出てこないのです。
ストレスがたまっていても、これらのホルモンの分泌量が減ってしまうそうです。

2.基底部の血流が悪い

乳房には「基底部」というところがあり、そこが固くなっていると血流が滞り、
母乳の出も悪くなります。

3.水分や栄養が足りていない

当然ですが、母乳はお母さんの摂った水分や栄養分からできています。
育児が忙しいからといって、水分補給や食事がおろそかになっていませんか?

まずは、おっぱいをくわえさせてみましょう

おっぱいを飲ませる前に、だっこの仕方をチェックしましょう。

1.頭をしっかり支えましょう

赤ちゃんの首を腕に乗せ、頭をしっかり支えていますか?
縦抱きで飲ませる時も、ぐらぐらしないように首を支えてあげてくださいね。
こわごわやっていると、赤ちゃんにも不安が伝わってしまいます。堂々とやりましょう。

2.乳首を口に含ませる方法

横抱きでも縦抱きでも、赤ちゃんの口に対して、まっすぐ乳首が入るようにしてください。
斜めになっていると、赤ちゃんも吸いつきにくいし、乳首がすぐに外れてしまいます。

唇を、朝顔の花のように大きく開け、なるべく深く乳首をくわえさせるのもポイントです。
乳首の先だけくわえても、おっぱいは出ません。

おっぱいを出すために

上に書いた「おっぱいの出ない原因」をひとつずつクリアしていきましょう。

1.プロラクチンやオキシトシンを分泌させるためには、赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことが一番です。

1日に10回は吸わせるよう、頑張ってみましょう。
赤ちゃんと触れ合うことで、ホルモンの分泌が盛んになるという研究もありますから、
積極的にスキンシップをすることも大切です。

2.基底部を柔らかくするには「おっぱいマッサージ」が有効です。

自治体でやっている母親学級や、産院などでもやり方を教えてくれます。
できれば妊娠中から、体調を見ながらマッサージをしましょう。

自分でやっても効果がない場合
病院の母乳外来や、助産師がやっている母乳相談に行きましょう。
マッサージだけでなく、赤ちゃんの上手な抱き方なども教えてもらえます。

3.お米や豆製品、鶏肉、海藻類、根菜類をたくさん摂ると、いい母乳が出ると言われています。

体を温めるスープなども積極的に摂りましょう。
脂っこいものは、乳腺が詰まることがあるので控えた方がいいでしょう。

たんぽぽ茶やルイボスティなども、母乳を出す助けをしてくれます。
母乳に良いハーブをブレンドしたお茶も売っているので、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

現在あまりおっぱいが出なかったとしても、2、3か月たった頃に軌道に乗ることも多々あります。
焦らず、ゆっくりと母乳育児にトライしましょう。
ストレスをためることも、母乳育児の大敵です。
今は、ミルクもとても進化しています。あまり母乳に固執しすぎず、
「少しでも母乳が出たらラッキー」程度に考え、リラックスして取り組みましょう。

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る