[仕上げ磨きさせてくれない]イヤイヤを乗り切るための5つのアイデア

8f3c33f473be9a89dff4baf6ec419dc8_s

子どもの歯を磨くとき、スンナリさせてもらえますか?

大泣き、大暴れ、あげくには逃走……なんてことは珍しくありません。とにかく子どもは嫌がることが多い仕上げ磨きですが、習慣にしておかないと、むし歯の原因になります。

できるだけ楽しい雰囲気の中で、歯磨き習慣をつけられる方法を紹介します。

子どもが仕上げ磨きを嫌がる理由

でも、なぜ子どもはこんなにも仕上げ磨きが嫌いなんでしょう?

原因としては以下のようなことが考えられます。

1.ママの顔が必死で怖い

赤ちゃんは、ママの笑顔が大好き。なのに、しっかり磨かなきゃ、とつい怖い顔になっていませんか?

子どもから見ると「何か怖いことが起こる」という恐怖感を持たせてしまいます。

2.口のまわりを触られるのが嫌い

口の中や口のまわりは、触られるのが嫌いな子は多いもの。
なぜなら、口は赤ちゃんにとって大事な感覚器だから。

言葉が未発達な赤ちゃんは、何でもなめてしまいますよね。
それは、そのものが何かを確かめているから。口は、赤ちゃんにとって大切なデリケートゾーンなのです。

3.じっとさせられるのがイヤ

歯が生え始めるころは、はいはいを始める子も多いですね。

成長につれて動きが活発になってくるので、とにかく動きたいという気持ちが強く、じっとさせられるのが大嫌いなのです。

 

笑顔で楽しく、手早く済ませることがポイント!

e33b029a2acb7d169ba598e8e99fc612_s

 

それでは、どのようにすれば仕上げ磨きを嫌がらず習慣にすればいいのでしょうか?

とにかく、歯磨きタイムを楽しく演出して、「歯磨きは楽しい」と思わせることが大切です。例として5つのアイデアを紹介します。

1.大好きな歌を歌いながら磨く

「お歌を歌ってあげるよ」と誘ってゴロンとさせ、大好きな歌を歌う間にササッと磨きます。

数を数えるのもおすすめ。「10数えてる間だけ、歯を磨くよ」と声をかけて。

 2.歯ブラシにひと工夫する

じつは歯ブラシが怖い、というのが嫌がる原因のときも。

そこで、大好きなキャラがいるなら、キャラクターの歯ブラシを使ってみましょう。シールを貼ってもいいですね。

歯ブラシを電車など好きな乗り物に見立てて、「●●ちゃんのお口に入りま~す」と遊びながら磨いてあげるのも楽しいでしょう。

3.最初にぬいぐるみの歯を磨くのを見せる

子どもはお手本を見せられると、「これは大丈夫」と安心できます。

お気に入りのぬいぐるみの歯を磨く姿を見せて、「くまちゃんの歯、きれいになったよ。●●ちゃんも磨く?」と誘ってみましょう。

4.むし歯や歯磨きの絵本を読んであげる

どうして歯磨きをするのか、歯磨きをしないとどうなるのか、を教えるには絵本がいちばん。

書店や図書館には、歯磨きにする絵本がたくさんあります。歯磨きをする前に読んであげて、「●●ちゃんのお口の中のバイキンさんもやっつけよう!」と遊びの延長で誘ってみましょう!

5.ママは怒らず、できるだけ笑顔で

ママが笑顔なら、「何か楽しいことがあるのかな?」と子どももワクワクします。

言うことを聞いてくれないと、つい眉間にしわが寄ってしまいますが、ぐっとガマン。笑顔で根気よく誘いましょう!

そして、何とか磨かせてくれたら、「がんばったね♡」と笑顔でほめてあげることも忘れずに。

そして最後に大切なのが、なるべく手早く行うこと。

奥歯が生えているなら、奥歯はとくにむし歯になりやすいので、ココだけはしっかり磨きましょう。

 

それでもダメなときは、慣れるまで待つのみ

上記のアイデアをまずは試して欲しいけれど、ダメだった、とういうこともあります。そんなときは、寝転ばせたら動かないように子どもの肩をママの太ももでおさえて、ササッと済ませます。

嫌がっても、毎日続けることが大切。

私も、子どもが1歳半~2才のころは仕上げ磨きに苦労しました。嫌がっても、毎日続ければ慣れるものです。4才の今ではまったく嫌がることはありません。

どうしてもダメなときは、歯磨き代わりにお茶かお水を飲ませるだけの日があってもいいのです。

「なんとかなるさ~」とのんびり、気長に頑張りましょう☆

関連記事

ピックアップ!

おむつは「パンツ」か「テープ」どっち?

2014.12.29

おむつはテープ式、パンツ式どっち?3つのメリット・デメリット&3つの便利でお得な使い方

紙おむつにはテープ式とパンツ式の二種類があります。最初のお子さんの場合、最初はテープ式を使って大きくなってきたらパンツ式に移行するのかなぁく…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る