【育児経験者100人が教える】泣きやまない赤ちゃんとの接し方・泣きやませ方 新生児から首座り(0~3ヶ月前後)編

ママの声

 

じつは、多くの人がストレスを感じている「赤ちゃんの泣き声」

赤ちゃんの泣き声がものすごいストレス…

乳児を育てるママの声を聞いていると、
夫との関係、親戚との関係、金銭面、体力、疲労など、さまざまなストレス要因が挙がってきました。

その中でも一番に多かったのは、赤ちゃんの泣き声にストレスを感じているという声です。

日頃は泣いていてもストレスではないけれど…
泣きやまないと困り果ててしまうというママを含めると、乳児を持つママの2人に1人は、なにかしらストレスを感じているようです。

多くのママがストレスを感じている時期とは?

相談サイトへ寄せられた育児の悩みを集計してみると、
「泣きやませ方」について悩んでいるママの半数以上
新生児期から首が座るまでの時期に集中していました。

ストレスと同時に不安や悲しみを感じているようでした。

この時期のママの特徴は、ホルモンのバランスもまだ不安定なこともあり、切迫した、強いストレスを感じている人が多いことです。

育児経験者100人からのアドバイス

では、泣きやまない時、ママはどうしたらいいのでしょうか?

今回は新生児から首座り時期の赤ちゃんにスポットをあて
育児経験者に100人に泣きやむ方法や泣く原因をアドバイスしてもらいました。

※いつもと違う泣き方をしていたら、なにか病的な問題が発生しているかもしれません、その場合は病院へ相談してくださいね。

育児経験者100人の声【私はこれで泣きやませました!】

ママの声

1位

一番多かったのはこれ!記事の最後で解説を交え、ご紹介しています。 40人

2位

心音を聞かせたり、お腹の上にのせたり 7人

3位

ひたすら添い乳 7人

4位

(外に出られるようになっていたら)外出・散歩、親子広場に連れて行き気分転換 6人

5位

ひたすら抱く 5人

6位

お腹の中と同じ環境にする(バスタオルなどで体を軽く縛る) 5人

7位

抱っこをして、誰かと楽しそうにおしゃべりをする、歌う 2人

8位

ビニール袋のガサガサ音1人
(ガサガサ音が出るおもちゃを子供に握らせておく ※窒息しないように注意)

少し横に向けて寝かせる 1人
(新生児の場合は、そのままうつ伏せになってしまわないように気をつけて)

どちらが長く起きていられるか、赤ちゃんと競争する 1人

【我が家はこれが原因でした!】

経験者のアドバイスをもとに、泣いている原因を考えてみました。

<体>

虫刺され、汗疹、怪我などはありませんか?
服の中に髪の毛などの異物が入っていませんか?

<陰部・お尻周り>

肌の状態は変わっていませんか?
意外に陰部や肛門近辺は見落としがちです。他の肌よりテカリがある場合、薄皮が剥けているかもしれません。その場合、排泄とともに痛みを感じているのかもしれません。
患部を優しくぬるま湯で洗い流し、保湿剤(ワセリンなど)を塗ると緩和される場合も多いようです。

それでも、不安な場合は病院へ行ってください。。

<お腹>

いつもと同じペースで排泄していますか?
お腹ははっていませんか?
げっぷやおならが出ず、お腹がはって苦しい場合もあります。

たて抱きにして背中をさするほか、おへその周りを「のの字」を書くように撫でましょう。

日頃、大きな音のおならが出ている子はげっぷが上手くできていない可能性も。
そのため、お腹が張っていることがあります。便秘の場合はお医者さんに相談してみましょう。

<口の中>

歯がはえかけていませんか?
歯がはえる時は口の中がむずがゆく、イライラや不快感で泣く子も多いもの。

この時期は、個人差がありますが口の中へ頻繁に指を入れたり、よだれの量が増えるといわれています。特に眠たい時間帯に、歯がむずむずして寝られず、泣き疲れるまで泣くという子もいます。

<母乳>

ママの食べたものが影響していませんか?
赤ちゃんにアレルギーがある場合、その対象物をママが食べると、母乳を飲んだ時に泣くことがあります

<その他>

急な環境の変化などはありませんでしたか?
あかちゃんは環境の変化に敏感です。繊細な子は、お客さんが来たことにも戸惑うケースがあります。
また、多くの経験者が「泣くことは肺や腹筋を鍛える運動」(8人)と挙げていました。

さて、第1位は意外な結果に

さて、一番多かったアドバイスをみて、集計をとっていた筆者自身、結果に驚きました。なんと40人を越える経験者が次のように回答していたのです。

「必要最低限のことさえしていれば大丈夫。とにかくママ、休みましょう!」40人
「ママのイライラが赤ちゃんに伝わって泣いています」8人

ストレスを感じることがストレスになってしまっている

泣いている赤ちゃんにストレスを感じているママへ

ちょっと休んで!

・赤ちゃんを泣きやませることが自分の仕事だと思っていませんか?
・赤ちゃんの泣く理由がわからないイライラしている自分を責めていませんか?

ママの仕事は、赤ちゃんのお世話であって、泣きやませることではありません。
赤ちゃんにとって、泣くのは肺や全身の筋肉を鍛える運動でもあるんですよ。

ママがイライラすることで、さらに赤ちゃんが泣いているのだとしたら、いっそのことちょっと休んでみませんか?

関連記事

ピックアップ!

おしりふきのメーカー別特徴まとめ

2014.12.28

どう違うの?7つのメーカー別おしりふきの特徴について徹底調査!

赤ちゃんのおしりってとてもかぶれやすいですよね。なぜなら、お肌のバリア機能がまだまだ未熟。それに、新生児の頃は一日に何回もうんちをするし、大…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る