[搾乳のすすめ]完全母乳でも自分の時間が持てる裏ワザ

b608702dee6bdbe6695d26be2bea11fb_s

搾乳というと、低体重で生まれた赤ちゃんに母乳を与えるときなどでするイメージではありませんか?

けれど、特別な事情はなくても、毎日毎日授乳中心の生活を送っていると、たまには赤ちゃんと離れて息抜きしたいこともありますよね。

今回は、完全母乳のママでも自分の時間を持つための「搾乳」のススメです。

搾乳はメリットがいっぱい!

搾乳って面倒くさそう……と思うかもしれませんが、慣れてしまえば全く苦になりません。それよりもメリットが多いです。以下はその一部です。

●母乳量が増える

赤ちゃんが泣いたら授乳、というママも多いでしょうが、母乳はたくさん吸ってもらえばもらうほど出ますよね。搾乳なら3時間おきという理想のペースをキープできます。

赤ちゃんのペースと関係なく、脳に「おっぱいが必要だよ」というメッセージを与えることができます。

●授乳時間が短縮できる

搾乳を定期的に行って母乳量が増えれば、ダラダラと飲むことが減り、授乳時間を短くすることができます。授乳時間が減れば、ほかにやりたいことに時間がさけます!

●パパとの絆が深まる

母乳タイムは至福のとき、ですが、パパによっては疎外感を感じる場合も。搾乳すれば、赤ちゃんのお食事タイムに早くからパパが参加できるようになります。

●夜の授乳をパパなどに任せられる

授乳でツライのは、なんといっても夜ぐっすり寝られないこと。夜の授乳だけ、搾乳しておいた母乳をパパに飲ませてもらって、しっかり睡眠をとる、なんてこともアリです。

●哺乳びんのトレーニングになる

哺乳びんの乳首に赤ちゃんを慣れさせておくと、ママの自由度はぐんとアップします。とくに将来保育園に預けたいなら、哺乳びんのトレーニングは必須です。

最初は嫌がるかもしれませんが、根気よく続ければ、慣れてきます。なるべく早いうちから慣れさせておくほうがラクです。

 

おすすめの搾乳機は「メデラ」

41yQBMxzK4L

搾乳は手でもできますが、グッズを使ったほうが断然ラクです!それでは、どんな搾乳機がいいのでしょうか。

私のおすすめは、断然「メデラ」製のものです。

じつは、最初は「搾乳機なんて少しの期間しか使わないし、どれも同じでしょ」と思っていました。

しかし、それは大きな間違い!!

最初に購入したのは日本製の格安製品。しかもオークションでゲット(もちろん未使用品)。

使っても使ってもあまり搾乳できず、早くもお蔵入りになってしまいました。

その後、2人目で搾乳しないといけなくなり、再度検討。産院で使っていた「メデラ」製のものを試しに購入しました。

最初のものとのあまりの違いに驚きました。

なんといっても使い心地が「気持ちいい」のです。

メデラ社はスイスのメーカーで、母乳育児の専門家の研究をベースに商品を開発しているそうです。手動と電動の2つのタイプがあります。

本当に、赤ちゃんに吸ってもらっているようなタッチで、気持ちよくてリラックスしてしまうくらいです。私は手動タイプでしたが、電動だったら、おっぱいに当ててダラーンとできるのでしょうね……。

私は、勤務先で搾乳がしたかったのでコンパクトな手動にしましたが、外ではせず、お財布に余裕があるなら電動の方が、さらに「気持ちよさそう」です。電動は、レンタルもしているようです。

デザインもおしゃれなので、気分が上がりますよ★

 

 搾乳を取り入れて、「みんなで育児」

搾乳をおすすめする理由、わかってもらえましたか?

母乳が栄養のメインのときは、どうしても赤ちゃんとママはべったりになってしまいます。

もちろん、それは幸せなことで大切なことでもあるのですが、それによってママが不自由に感じたり、ストレスがたまったりしては赤ちゃんにとってもよくありません。

私は、仕事復帰のために搾乳をしていましたが、仕事をしていなくても搾乳を取り入れることで、パパ、ばあばやじいじが、より育児に参加できるようになります。

本来、子どもはたくさんの人から愛情を受けて育つのがベストですよね。

搾乳を気軽に取り入れて、オープンな育児を楽しみませんか♪

関連記事

ピックアップ!

チャギントン

2014.5.2

【これで完璧】車内で長時間子どもを退屈させないためのYouTube動画まとめ

GWの長距離移動は子供が喜ぶ動画をお供に! 大型連休といえば、楽しい楽しい、家族旅行ですね! みなさん、旅行の準備はお済でしょうけど、移…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る