【産後うつ】こんな兆候はキケン?!セルフチェックが大事!

悩む女性

産後うつや、産後クライシス…

ここ数年の間で話題になったこのキーワード。聞いたことがあるママも多いですよね。

「産後うつ」について、産後女性の10〜15%がかかってしまうと言われています。
そんなニュースを産前に見ていた私は、「15%でしょ、なるはずないよ〜」と思っていました。

しかし、ばっちりなってしまいました…。

テレビでみていた通りです。
産後2〜3週間から始まったのは、

なんて辛いんだろう、この生活いつまで続くんだろう、と前向きになれず、
頭は痛い、めまいがする、立ちくらみ、やる気がおきない、とにかくイライラする。

ある女優さんが言っていた「わが子がかわいいと思えない」。
それがすごく良くわかってしまう。

そんな状態が数ヶ月続きました。
その時は知る由もない、これは立派な「産後うつ」の症状だったんです…。

産後うつって?

産後うつの原因自体は解明されていないようですが、出産後に起きる急激なホルモンの変化がバランスを崩すことが原因ではと言われています。
1ヶ月〜長いと1年以上という年単位で悩まされているママもいるとか。

産後うつの原因

出産して間もない頃は、赤ちゃんへのミルクや授乳、オムツ替えが3時間おきですよね。
その間に寝てくれるならいいのですが、そんなことはありません。
1時間や数十分で起きることだってあります。抱っこでしか寝なかったわが子は、ずーっと抱っこ。
ベッドに寝かした瞬間に起きる、なのでずっと抱っこ。

なんで泣いているかもわからないことだってあります。
そんな時はあやすしかない。

妊婦時代のゆったりとした生活が遠く感じます。いきなりがらっと変わるんですから。
天と地がひっくり返るとはこのことか!とにかく容赦ない!
トイレにいく、ごはんを食べるなど、必要最低限のことでさえも、自分の意思通りにはいかない、相反する生活になります。

この、「したいことができない。」というのがいかにストレスだったことか!!
人間、ストレスを感じると睡眠をとることによって解消できるようになっているのですが、この睡眠も思うようにとれません。

すべてはわが子のペース。
おかしくならないわけがない…そんな風に思ったのでした。

産後うつ・セルフチェック

「毎日が長く、終わりが見えず、夕方になると急に寂しくなったりもしました。」

「夫が仕事でいない。この子と私2人…、世界から切り離されてしまったよう。」
それがとてつもなく重く感じたこともありました。

でも、「育児だからしょうがない」。
そう思って乗り切ろうとがんばろうとしました。

これ、全部私が思ったことです…。

そう思ってしまう前に、しっかり兆候をチェック!
下のチェックポイントを試してみてください。
あてはまるものが多ければ多いほど産後うつの可能性が高くなります。
まずはチェックして、自己分析することが大事です。

□気分が落ち込む

□家事をしていて、段取りがうまくいかない。要領が悪くなる

□疲れて仕方がない

□意欲がわかない、無力

□涙が出てくる

□拒食、過食

□楽しいと思えない

□人に会いたくない

□自己否定・自己批判する

□頭痛や胃痛、下痢など身体的な不調がある

産後うつかも?そんな時は周囲にSOSを!

ヘルプ!

ひとつでもあてはまってしまったら、ひとりで悩まず、SOSをだしてみましょう。

パパへSOS!

まずはパパに話してみてください。
うまく伝えることができなくても、今感じていることや思っていることを話すだけで心が軽くなるはずです。

仕事で疲れているだろうから…、と諦めないこと。
態度で出しているのに気づかない…、男性は言ったほうが手っ取り早いです。

話をきいてほしいんだけど…と切り出してみましょう。

友だちや家族と話す!

電話をして話す、メールをする、手段はなんでもいいと思います。

私は、とくに出産を経験している友達なら、「わかるよ!」「つらいよね」と同調してもらえただけで心が落ち着いたり、「大丈夫?」と気にかけてもらえたことで、自分の存在の価値を感じられたりもしました。

近くに実家の母親や義母がいれば、遠慮せずに助けてもらっても良いと思います。

お散歩や、赤ちゃんとママが集まる場所へ息抜きを!

外出できるようになったら、近所を散歩したり、買い物に出たりするとリフレッシュできます。

とくにおすすめは、赤ちゃんとママが集まる場所への参加。同じ頃に生まれたベビーのママと話すことができ、同じ立場で悩みを共有できることが心強くなります。

それでも辛かったら…

出産という痛みを経てきているので、産後も我慢してしまうママも多いと思います。
でも、我慢せずに専門医の受診や市町村の保険師さんに相談してみましょう。
かかりつけの産院に紹介してもらうこともできます。

関連記事

ピックアップ!

B型ベビーカー

2014.12.23

「軽くて段差もスイスイ!」7ヶ月過ぎたら使いたい5つの人気B型ベビーカー

B型のベビーカーはA型とくらべいろいろありすぎて色々と調べていくと訳が分からなくなってくるというお母さんはとても多いです。 ★調べてみ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る