[はじめてのマグ]選ぶポイントは?ストローの練習は?

3309312CI_1

離乳食を始めたら、そろそろ母乳やミルク以外の飲み物にも慣れさせたいころ。

哺乳びんの次は、というと保育園などではコップの練習を先に始めるように言う場合もありますが、お出かけ先での水分補給を考えると、「ストロー」で飲めるようになっておいた方が断然ママがラク。

そこで今回は、ストローの練習テク、マグの選び方、飲み物の注意点をまとめます!

 

ストロー飲みは、紙パック飲料で練習!

ママのおっぱいや哺乳びんの乳首しか知らない赤ちゃんにとって、ストローは未知の物体。毎日少しずつ、慣れさせてあげることが大切です。

各メーカーから、乳首とストローの中間にある「スパウト」タイプも出ていますが、使える期間は短いもの。少しずつ、ストローの練習をしちゃったほうがいいと思います。

そこでおすすめしたいのが、紙パック飲料でのストローの練習。

紙パック飲料といっても、大人用ではなく、赤ちゃん用の小さいものがベター。スーパーやドラッグストアで手に入ります。

飲ませてみて、最初からチューと吸えちゃう子もいます。でも、大部分は、くわえてみて「?」という表情をする子が多いでしょう。

そこで、ママの出番!子どもがストローをくわえたら、ママはちょっとだけ飲料パックの「腹」の部分を押して、中身をぴゅっと出してあげます。

すると子どもは「!」という表情をするでしょう。「ここから飲み物が出てくるんだ」とわかったら、がんばって吸ってくれるはず。

最初はこぼしてしまうこともあるでしょう。それはイヤ!というママは、お風呂に入るとき、バスルームで練習してもいいですね。同じようにコップも、バスルームでの練習がおすすめです。

 

とにかく「モレにくい」マグを選んで

41-wOWcN3pL._SX355_ストローはひとまずクリア!ということになったら、マグを選びましょう♪

各メーカーからいろいろ出ていますが、買うときにいちばん重視したいポイントは「モレにくい」ことです。

とにかく、子どものそばにあるマグは、倒れたり、落としたりと、モレる危険がいっぱいです。さらに、持ち歩くものなのでバッグの中でモレたりしたら、大変ですよね。

そして、意外にもベビーブランドの老舗のマグは、モレやすいものが多いのです……。

モレないボトルとして定番なのが、ダッドウェイの「ヌービー フリップイットボトル」でしょう。ちょっと洗いにくいのが難点なのですが、私も愛用していました☆デザインやカラーも豊富でカワイイです。

最近では、リッチェルの「ラクレストローマグ」もモレにくく使いやすい、と評判のようですね。

 

ドリンクは薄めた麦茶がベスト

大部分の人はマグには麦茶や水、という方が多いかと思いますが、たまに、スポーツ用イオン飲料をマグに入れているママ、見かけませんか?

栄養があるから……ということらしいのですが、スポーツ用イオン飲料には砂糖がいっぱい!飲みすぎると食欲に響くだけでなく、むし歯になるリスクが高くなってしまいます。いつも飲む飲料としては適していません。

やっぱり中身は麦茶やほうじ茶などノンカフェインのお茶がベスト。さらに、麦茶ビギナーの赤ちゃんなら、大人が飲む麦茶を半分くらいに薄めたほうが負担が少なくおすすめです。

紅茶、緑茶、ウーロン茶などカフェインが入ったお茶は3才を過ぎてから、というのが一般的です。

 

脱水症状が気になる季節の前にデビューしよう!

とにかく子どもは大人よりものどが渇きます!

まだペットボトルやコップで飲めない子どもとのお出かけには、マグは絶対欠かせません。子どもは大人以上に水分を欲しがり、1時間おきくらいに「のどかわいた!」とアピールしてきます。

また、お出かけ先でグズグズするときも、お茶は大活躍。一杯お茶を飲めばあら不思議、けろっと元気になったりします。

これから暖かくなるにつれて、こまめに水分補給が必要になる季節。脱水症状が気になる夏はとくに水分補給が大切になります。

本格的な春や夏のお出かけに向けて、早めにマグ準備を始めておきましょう♪

 

 

関連記事

ピックアップ!

A型ベビーカー

2014.12.23

「安全性も高くて静か!」アマゾンでも買える5つの人気A型ベビーカー

A型ベビーカーの特徴はなんといってもその安定感と心地よさにあります。 外出先で赤ちゃんが寝てしまったらそのまま車に乗せてあげて自宅に帰宅。…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る