女性の不調は「温めて」治そう!生姜パワーで体も心もポカポカに

しょーが

「何だかお腹が冷える…」「着込んでいるのに手足が冷たい…」と感じることはありませんか?

オフィスや電車、お店の中は、十分すぎるくらいの空調がなされていて、暑いはずの夏でも冷えを感じる場面がありますよね。
また寒い冬だと、つい気温のせいにして、“自分自身が冷えている”ことに気付いていない人も多いのではないでしょうか。

ひえ

冷えは万病のもと。たかが「冷え」といってもあなどれません。

普段から歩いたり運動をする習慣がない人は、筋肉が十分についていないため、“血の巡り”が悪く、冷えやすい体になっています。
そして疲れやすい人、うつ、不妊の症状がある人は、ほとんどの場合お腹が冷えていると言われているのです。

夏も冬も、一年中体を冷やさないようにするためには、まず“体に熱を与えること”。
毎日温かいお風呂に浸かるのはもちろん、温め食材を積極的に食べることをおすすめします。

母乳育児のママにとっては、内側から体を温めることで、よりスムーズな母乳生成を促すことが出来ますよ。
毎日の育児で疲れ切っているママも、体が温まると疲れが癒され、活力が湧いてくるはずです^^

今回ピックアップするのは、血の巡りを良くして体も心もポカポカにしてくれる、究極の温め食材「生姜(ショウガ)」!
生姜の持つ効果や、そのパワーを引き出すポイント、そして生姜習慣を続けられるおすすめの生姜レシピをご紹介します^^

生姜は健康づくりのスーパーフード!?

日本では、漢方薬の処方のうち7割に生姜が使われているそう!特に「冷え」や胃腸症状の改善効果が高いといわれています。
発汗作用や解熱作用、咳を鎮める作用があり、風邪のひき始めにも効果的。
また、吐き気を押さえる効果もあることから、食べ過ぎや乗り物酔いだけでなく、妊婦さんのつわり軽減にも役立ちそうです。

1日に生姜を8~10g程度食べれば、基礎代謝アップや脂肪燃焼効果も得られるとのこと!健康的なダイエット食材としても活用したいですね^^

「温め効果」を最大限に引き出そう!

生姜の入った飲み物や食べ物を摂ると、すぐにお腹がポカポカしてきますよね。
嬉しいことに、生姜が生み出す熱は、食後3時間は続くと言われています!
体中に熱が巡って、手足まで温まるだけでなく、顔の血色もよくなりそうですね^^

さらに生姜の巡りパワーを最大限に引き出し、より効果を実感するための、3つのポイントをご紹介します!

1.加熱して摂る
・・・生の生姜に含まれる主な辛み成分「ジンゲロール(殺菌、整腸作用)」は、加熱すると大部分が「ショウガオール」に変わります。
ショウガオールは体の中で生み出すエネルギーを増加させるので、温め効果を得たい場合は加熱しましょう。

2.1日10gを目安に
・・・10gの生姜を摂ると、体が消費するエネルギーが高くなる(熱がより発生する)という効果があります。
朝はもちろん、昼食やお茶の時間、夕食時にも分けてこまめに摂れば、1日中ポッカポカ!
上限は1日20gが目安です。

3.朝一番にホットドリンクで摂る
・・・温め成分「ショウガオール」と、温かい飲み物がもつ熱のダブル効果で、すぐに体が温まり、エネルギーに満ちた心と体で1日をスタートできます。

生姜使いのポイント

すりおろし

【どんな生姜を選べばいい?】
・・・くぼみや傷がなく、鮮やかな黄金色。そして皮がしっかり張ったものを選びましょう。

【どうやって保存すればいい?】
・・・生姜の大敵は乾燥。湿らせた新聞紙に包んで、常温で保存しましょう。
まとめてすりおろして、小分けにしてラップに包み、冷凍保存しておくと便利です。
(我が家では1年中生姜を常備しています^^
できるだけ使う度に新しく切るようにしていますが、新鮮なうちに使いきれそうにない時は冷凍がいちばん。
千切りやすりおろし、薄切りなどにして小分けしているので、料理によって使い分けることができ便利です^^)

【生姜の切り方、おろしかたは?】
・・・有効成分は皮に多いので、よく洗って皮ごと使いましょう。
千切りは、繊維に沿うようにすると細く切れます。
おろすときは、繊維を断ち切るようにすると滑らかになりますよ^^

【生姜1カケってどのくらい?】
・・・生姜1カケは10g。
大人の親指の第一関節から指先と同じくらいの大きさです。チューブ入りの生姜なら、長さ10cmほど。
これが1日に摂りたい目安の量になります。

【チューブ入りの生姜でもいいの?】
・・・チューブなどに入ったすりおろし生姜は、内容量の8割ほどが生の生姜。残りの2割には、酢酸や保存料が加えられています。
生の生姜そのものを使うほうが、より温め効果も実感できるでしょう。調味料としても、やはりチューブタイプより生のほうが風味が良いですよね^^

 手軽に美味しく「生姜生活」を続けよう!

生姜を毎日手軽に摂るために、作っておくと重宝するのが「ハニージンジャー」。
生姜をはちみつ漬けにしたもので、お湯や温かい牛乳、紅茶などで溶くと、体の中からもポカポカ温まる本当のホットドリンクになるんです!

☆冷蔵庫で保存して、2週間以内に使い切るようにしましょう。

【切って漬けるだけの簡単レシピ!基本のハニージンジャー】
材料

●生姜 ・・・40g(小1個)  ●はちみつ ・・・100g

作り方
1.生姜をよく洗い、皮ごと約1mmの薄切りにして、保存容器に入れる。
2.1にはちみつを注いでさっと混ぜ、半日以上漬けたらできあがり!

どりんく

【おすすめアレンジ】
☆お湯と片栗粉で、葛湯風に
☆肉じゃが、豚の角煮など、煮物の甘みづけに
☆バナナ、りんごなど、果物のソースに
☆食パンやバゲットにかけて焼き、ハニートーストに

~手軽に始められる生姜生活で、1年中冷え知らず!肌の血色や体調もばっちりの、イキイキとした毎日を過ごしましょう^^

 

 

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る