【男の子の初節句】こどもの日をお祝いする由来・マナー・定番のあれこれ

15-1

ゴールデンウィーク最終日前の5月5日『こどもの日』

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」と定められた国民の休日ですが、昔からこの日は男の子の健全な成長をお祝いする『端午の節句』でもありますよね。

去年から今年にかけて男の子が生まれたお宅では、すでに【鯉のぼり】【兜(かぶと)】【武者人形】などを購入されたのではないですか?

ちなみに、最近では女の子だけの家庭でも、鯉のぼりを飾ることが多くなってきたそうですよ。

だけど『初節句』とは、いつ何をするのが正解なのか、知っているようで詳しくは分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は<男の子の初節句>に関する由来やマナー、定番のあれこれについてご紹介いたします♪

【鯉のぼり】について

今からずっと昔、奈良時代から始まったといわれる『端午の節句』ですが、江戸時代に入ってから武士の家で【鯉のぼり】を掲げるようになりました。

当初は和紙に鯉の絵を描いて飾っていましたが、大正時代頃から今のような鯉をかたどった布地の物をなびかせるようになったそうです。

鯉のぼりの由来は「川を上っていく鯉のように、将来出世できますように」という親の願いを込めて飾るようになったことが始まり。

武士の家では男子が大事な跡取りだったため、未来の行く末と健やかな成長を祈っていたのでしょうね。

鯉のぼりを空になびかせる風習は、日本独自のもの。最初は「真鯉」一匹だけだったものが、少しずつ増えていったそうですよ。

鯉のぼりをあげるのは【4月上旬~5月上旬】までが一般的

鯉のぼりは、ひな人形のように早く飾って早く片付けるという決まりはないそうですが、4月上旬の【大安の日】に飾って、こどもの日が終わった5月上旬頃に片付けるのが一般的。

地方によっても風習が違うので、代々伝わるやり方がある場合はそちらに従ってくださいね。

童謡にもあるように、鯉のぼりの黒がお父さん、赤がお母さんで青が子供です。絶対数は決まっていないので、各家庭の子供の数だけ増やしてあげると喜びますね。

1万円台から50万円以上まで値段も種類も色々

元々は初節句のお祝い品は母親の実家が購入するものでしたが、現代では両方の両親から半分ずつ買ってもらったり、ベビーの親が自分たちで購入することも多くなっています。

立派なポール付きの庭園用からベランダ用コンパクトなスタンドタイプ部屋の中で飾れるミニチュアまで、今や鯉のぼりも多種多様。

値段も1万円台から50万円超の物まで、幅広く売られています。

まだ購入していないという方は、住んでいる場所の環境や予算に合わせて、早めに探しておくといいですね。大きな商品なので、ネットショッピングで買うのも手かもしれませんよ。

 

【五月人形】について

15-2

五月人形とは、男の子が強く、たくましく、賢い人間に無事成長するようにという願いを込めて飾る人形のことで、【鎧】【兜】【武者人形】【金太郎人形】など色々な種類があります。

おひな様と同じで、これらの人形には『子供の身代わり』として病気や災厄から守ってくれる、という意味もあるんですよ。男の子の初節句には、ぜひ飾ってあげたいですね。

五月人形に関しても、豪華な祭壇に飾られた物から省スペースな小さいサイズの物まで、販売されている商品は様々。

小物とセットで数千円という商品もありますが、高い物では100万円以上もしますので、こちらもお部屋の広さと予算を考慮してじっくり選んだ方が良いですね。

 

【端午の節句】のお祝い方法

15-3

初節句はママパパのご両親や親戚、出産祝いをくださった方々をお招きしてお祝いしましょう。

お祝いのしきたりとして「こうしなければいけない」という決まりはとくにありませんので、これも代々伝わる各家庭のやり方で良いと思います。

「こどもの日」には無病息災を願って「菖蒲湯」に入るのが日本の風習ですから、お祝いの席には菖蒲の花を飾るといいですね。

菖蒲を湯船に入れたり飾ったりすることは、「菖蒲=しょうぶ=勝負に勝つ」という意味をかけて、端午の節句行事のひとつとなっています。

祝い膳の定番料理は【かしわ餅】と【ちまき】

『端午の節句』に食べる定番料理は【かしわ餅】【ちまき】が有名ですよね。

【かしわ餅】を食べる意味は、「柏の木は新芽が出るまで古い葉が落ちない」ことから「家系が絶えない」という縁起をかついでいます。

また【ちまき】に関しては、古来の中国からの言い伝えで「邪気を払う」「災いを避ける」という意味があるのだとか。

地方によっては、ちまきを食べる習慣がないところもあるので、それぞれに合わせた物を用意しましょう。

その他の料理としては、5月の旬の食材であり縁起の良い物として「鯛」「タケノコ」「カツオ」「エビ」「お赤飯」「よもぎ」などが一般的ですよ。子供が大きくなってからは、「ちらし寿司」や「ケーキ」などがあるとさらに良いですね。

招待客へのお祝い返しは不要、その他は一週間以内に内祝を

初節句のお祝いに招いた方々から、当日お祝いのお金や品物をいただくと思いますが、その場合はおもてなしがお返しとなるため、改まってする必要はとくにないとされています。

かしわ餅やちまきなどの手土産を準備しておけば尚良しですね。

もしもお招きしていない方や、当日出席できなかった方からお祝いをいただいた場合は、節句から【一週間以内】にお返しするのがマナーとされていますよ。

いただいた金額の3分の1~半額程度のお菓子や、本人が喜ばれる品物を贈りましょう。

その場合【紅白の蝶結び】のし紙をかけて、表書きには【内祝】もしくは【初節句内祝】として、その下に子供の名前を書きます。郵送する場合は、差出人を両親の名前にして送ってくださいね。

 

<まとめ>

赤ちゃんが生まれて初めて迎える初節句は、ぜひきちんとお祝いしたいものですね。

豪華な飾りつけがなくても、色んな方から祝福されて健やかな成長を願ってもらうことは、ママパパにとっても良い思い出になりますよ。

当日の写真や動画を、たくさん撮っておきましょう♪

関連記事

ピックアップ!

A型ベビーカー

2014.12.23

「安全性も高くて静か!」アマゾンでも買える5つの人気A型ベビーカー

A型ベビーカーの特徴はなんといってもその安定感と心地よさにあります。 外出先で赤ちゃんが寝てしまったらそのまま車に乗せてあげて自宅に帰宅。…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る