【こうやれば上手に取れる!】 赤ちゃんの鼻水を取る4つの方法-正攻法と裏技紹介

赤ちゃんの鼻水

 

根こそぎ取ってあげたい赤ちゃんの鼻水

赤ちゃんが風邪をひいて鼻水ズルズル。
息苦しそうだし、鼻の周りが真っ赤でとてもかわいそう。
でも、ティッシュで拭こうとしても、
赤ちゃんって、鼻を塞がれるのを嫌がりますよね。
当然、自分で鼻なんてかめません。

でも、嫌がるからといって鼻水を放っておくと、
悪化して中耳炎になってしまうことも。
どうすれば、赤ちゃんの鼻水を上手に取ることができるのでしょうか。

赤ちゃんの鼻水を取る四つの方法

1. 綿棒を使う

また生まれたての小さい赤ちゃんは、鼻の粘膜もデリケート。
綿棒の先で軽く鼻水をとってあげましょう。

2. 耳鼻科で吸ってもらう

一番確実な方法がこれ。
耳鼻科には専用の器具があるので、
鼻の奥の方にたまった鼻水もキレイに取ってもらえます。
ついでに中耳炎のチェックもしてもらいましょう。

友達の子供はよく中耳炎になっていたのですが、
毎日耳鼻科で鼻水を吸ってもらうようにしてから、
中耳炎になることがなくなりました。
近くに耳鼻科のある人は、こまめに吸ってもらいましょう。

3. 鼻水吸引器を使う

市販の鼻水吸引器を使ってみましょう。
鼻水吸引器には

  • スポイトタイプ、
  • ストロー状の管を使ってお母さんが口で吸うタイプ、
  • 電動タイプ

があります。

スポイトタイプは手軽ですが、
あまりたくさんの鼻水はとれないようです。

一番ポピュラーなのが、お母さんが口で吸うストロータイプ。
ちょっとコツがいりますが、よく取れることで人気があります。
ただ、赤ちゃんの鼻水を口で吸うので、
お母さんに風邪がうつりやすいのが難点です。

電動タイプは高価ですが、よく鼻水が取れるようです。
口で吸わないので、お母さんに風邪がうつることもありません。
赤ちゃんの風邪がすぐにうつってしまう、という方には、
電動タイプがオススメです。

鼻水吸引器は、鼻にあてる先端部分が大きいので、
月齢の小さい赤ちゃんの鼻にはフィットしないことも。

鼻水吸引器の使い方

鼻水吸引器を上手に使うにはコツがあります。

1. 先端をグッと奥の方に押し込む

赤ちゃんがかわいそうだからといって、
鼻の穴にちょっと入れただけでは鼻水は取れません。
先端を思い切って奥の方にグッと押し込みましょう。

2. 小刻みにチュッチュッチュと吸う

一気に力を入れて吸うと、赤ちゃんの鼓膜が破れてしまうことも。
やさしくチュッチュッチュと小刻みに吸いましょう。

3. 色々な方向に吸う

先端をまっすぐに鼻につっこんでも、上手に吸えないことがあります。
そんな時は、先端部分を色々な方向に向けてみてください。
うまく吸えるポイントが見つかるはずです。

4. 鼻を吸った後は、必ずうがいをする

赤ちゃんの鼻水には、菌やウイルスがいっぱい。
ストロータイプのもので吸えば、当然お母さんの口の中に、
その菌やウイルスが入ってきます。
赤ちゃんから風邪がうつらないように、必ずうがいをしましょう。

4. ティッシュの裏技

普通にティッシュで鼻を拭こうとすると赤ちゃんは嫌がります。
が、 ある裏技を使うと、簡単に赤ちゃんの鼻水を取ることができます。

tips:ティッシュを使った裏技

ティッシュで鼻を拭くと嫌がる赤ちゃん。
でもこの裏技を使うと、ご機嫌で鼻を拭かせてくれますよ。

1.2枚組の ティッシュを1枚にはがす。

2.ひっついていた方を外側にして、
細長く折りたたむ。( 赤ちゃんの鼻の幅より少し広く )

3.人差し指で鼻の下にティッシュの先端を当て、鼻水をしみこませる。

4.ティッシュの先端をスーッと引く。

こうすると、ティッシュに鼻水が引っ張られるようにして出てきます。
奥の方の鼻水も取れるので、赤ちゃんもスッキリするようです。
粘度の高い黄色っぽい鼻水にもつかえる裏技です。

赤ちゃんが遊びに夢中になっている時にやると、嫌がらずに鼻水を取れますよ。

まとめ

鼻水は上手にとれたでしょうか。
さらさらの水っぽい鼻水には鼻水吸引器、
ネバネバした鼻水には、ティッシュの裏技が向いています。

私もこのティッシュの裏技を知ってから、
楽に赤ちゃんの鼻水を取ることができるようになりました。
お友達にもとても好評です!

上手に鼻水をとって、赤ちゃんを中耳炎から守ってあげたいですね。

関連記事

ピックアップ!

おしりふきのメーカー別特徴まとめ

2014.12.28

どう違うの?7つのメーカー別おしりふきの特徴について徹底調査!

赤ちゃんのおしりってとてもかぶれやすいですよね。なぜなら、お肌のバリア機能がまだまだ未熟。それに、新生児の頃は一日に何回もうんちをするし、大…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る