[トイレトレーニング]いつから?何を?どうやって?夏までにおむつをはずすためにしたいこと

dotpot_img01_540.405

2才代ともなると、そろそろ気になるのがトイレトレーニング。けれど、何から、いつから、どうやって始めるのか、わからないことだらけですよね。

ここでは、夏までにおむつがはずれることを目標に、今からしておくといいことをまとめます!トイレトレーニングを考えているママはぜひ参考にしてみてくださいね。

[始めどきは?]言葉が増え、便座に座れるようになったら

なるべく早くはずしたい、というママの気持ちはわかりますが、トイレトレーニングは、子どものペースで進めるのが基本。一般的には、

1.おしっこの間隔が2時間以上あくようになった

2.トイレやおまるに1人で座れる

3.トイレの意味がわかり、言葉で伝えられる

という「3つのサイン」がそろったら始めどき、とされています。まずはこの3つをクリアしているかどうかチェックして、まだなら、始めてもうまくいかない可能性が大。

3つそろっていたら、始めどきといえます。トイレトレーニングは、3日で終わった、という人もいれば1年かかった、という人もいます。途中まで順調に進んでいたのに、2人目を妊娠して、中断してしまった、ということもよくあるケースです。

目標は決めても、子どもありきのことなので、うまくいかなくても「まあいいや」とのんびり構えることは意外に大切です。「何で上手にできないの!」としかってしまうと、長期間停滞する原因になってしまいます。

それでは、具体的にどんなことをするのでしょう?

[何をする?]まずはイメージトレーニングからスタート

子どもは、何かのために苦しいことやイヤなことをガマンすることはできませんよね。なので、トイレトレーニングも、楽しい雰囲気で進めることがポイントです!まず始めるといいこととしては、

トイレを明るく楽しい場所に

まずは、トイレを「子どもが行きたくなる場所」にします。暗くてじめじめしたトイレは、大人が入ってもいい気持ちはしないですよね。明るい色や、子どもの好きなキャラが入ったカバーをつけてみるなど、楽しそうな雰囲気の演出をしてみましょう。

トイレトレーニングの絵本やDVDを見せる

おしっこやうんちは、おむつでなくトイレでするほうがかっこいい、気持ちいい、ということを伝えるには、絵本やDVDを使うのがいちばんです。トイレ関連の絵本やDVDは種類も豊富なので、子どもに選ばせてあげてもいいですね。

 補助便座やおまるを用意

トイレトレーニングをサポートしてくれる補助便座やおまる。なくても何とかなるけれど、あればとっても役立ちます。

補助便座か、おまるか、迷ったらおまるを買うのがオススメです。

なぜなら、補助便座よりおまるの方が、「自分のトイレ」として愛着が持てるからです。そして、補助便座は大人のサポートが必要なことが多いですが、おまるはラクに自分で座れます。

おまるは掃除するのが面倒、と思うかもしれませんが慣れれば問題ナシ。今は種類が豊富で、デザインがかわいいのもたくさん出ています。

慣れてきたら、タイミングを見てトイレに誘って

「トイレトレーニングって楽しい!」というイメージができたらこっちのもの。あとは、子どものおしっこの間隔があくのを待つだけです。

おしっこの間隔があくようになったら、ママは「そろそろかな」というところでトイレに誘います。タイミングが合えば、トイレでおしっこが!この成功体験を積み重ねることで、おむつははずれやすくなります。

[いつまでに?]3才までが目標。進めやすいのは夏!

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s

とはいえ、おしっこの間隔は個人差があります。体の機能なので、トレーニングでは変わりません。

しかし!夏は汗をかくため、おしっこの間隔が通常よりあくことが多いのです。そのため、ママがタイミングをはかりやすく、成功率も高まります。

しかも、たとえおもらししてしまっても、冬とは違って洗濯物がすぐ乾くので、ママもイラッときません。おむつはずれは、ママがイライラすればするほど進まないので、ココも大きなポイント。

一般的には、3才までにはずれていれば順調、とされています。でも、たとえ夏にうまくいかなかったとしても、焦る必要はありません。

幼稚園入園のときにはずれていると、何かと安心なので、夏がダメなら春を目標にしましょう!

[まとめ]目標は作っても、焦りは禁物★

前の項でも書きましたが、おむつはずれに焦りは禁物です!

ママが焦ってイライラすると、その気持ちが子どもに伝わり、不安な気持ちになるからです。また、床におもらししてしまったなどの場合でも、絶対にしかってはいけない、とされています。

なぜなら、おしっこをする、ということは生理機能なので、努力ではコントロールできない部分であるからです。

失敗してしまっても、決して怒らず、「大丈夫。また頑張ろう」という前向きなメッセージをかけてあげてください。

その一言が、「次はがんばるぞ!」という子どものやる気につながるのです★