[初めての靴選び]子どものあんよを守る、ファーストシューズ★5つのポイント

011c91794e868380f9aa6c93183dad9c_s

よちよちあんよを始めたら、気になるのが靴選び。生まれて初めて、そして歩きはじめて最初の靴は、記念すべき一足!こだわって選びたいですよね。

でも、種類がたくさんあって、どれがいいのかわからない!というのが本音だと思います。

そこで、初めての靴選びで、これだけはおさえておきたい、5つのポイントをまとめてみました!

[ポイント1]ハイカットタイプを選ぼう

記念すべきファーストシューズは、とびきりオシャレなものを!という気持ちはわかりますが、まずは機能を重視して。

赤ちゃんの靴を機能で選ぶなら、ローではなくハイカットがおすすめです。

なぜなら、あんよをしたての子どもの足首はまだまだ不安定。筋肉が十分に発達していません。たくさん歩くことで、少しずつ鍛えられていくのです。

そのため、歩き始めの靴は、弱い足首をサポートするハイカットがぴったりなのです。

[ポイント2]素材はメッシュがおすすめ

次に素材ですが、おすすめはメッシュです。

なぜなら、子どもは驚くほど汗かき。通気性のいいものを選ばないと、靴の中がムレムレ……なんてことになりかねません。キャンバス素材のものも出ていますが、通気性の面ではやっぱりメッシュ素材がいいでしょう。

とくに春夏は、メッシュ素材が必須です。あんよしたての子どもにサンダルはまだ早いので、涼しく履ける素材のスニーカーを選んであげましょう。

[ポイント3]ベルトが大きく開くものを

次におさえておきたいのが、ベルトのデザイン。

スリッポンやファスナーのタイプもありますが、おすすめは、ベルトタイプです。

なぜなら、断然履かせやすい!からです。そして、パパッと子どもに靴を履かせるためには、なるべく履き口が大きく開くものを選びましょう。

さらに、ベルトタイプのほうが、ちょっとしたサイズ調整にも便利。ちょっと大きいかな、と思ったらきつめに、小さくなってきたかな、と思ったらゆるめに、と微調整ができます。

[ポイント4]つま先から1cmくらいの余裕があるサイズを

サイズは、大人とは違って、少し大きめを選ぶのが基本です。つま先から1cmくらいの余裕があるサイズを、と言われています。

足長計でサイズを測り、そのサイズより1cm上の靴を試着します。でも、靴の上からでは1cmの余裕、ってよくわかりませんよね。

そのときおすすめなのが、中敷きの上に足を乗せてみること。靴から中敷きをとり、子どもの足を乗せれば、どれくらいの余裕があるか、目で見えますよね。

[ポイント5]おすすめブランドは、ニューバランス!

今まで私が子どもに履かせてきたブランドは、ニューバランス、アシックス、ムーンスター、コンバース、ナイキ、イフミーなどです。

その中で、いちばん良かった!と思えたのがニューバランスです。個人的な感想ですがデザイン、素材、履かせやすさともに満足でした。

赤ちゃん用の靴はホールド力を高めるためにがっしりとして、重いものもあります。それに比べて、ニューバランスの靴はほどよいホールド感と軽さです。

また、ほどよく柔らかいメッシュ素材で、履かせやすく、軽やかなので子どもも歩きやすそうでした。

もうちょっと値段が安いといいなあとは思いますが、子どもの靴は、安心を一緒に買うものだと思います。

1才代の子どもは、まだどの靴が履きやすい、履きにくい、といった意見は言えないので、大人がしっかりとしたものを選ぶことが大切です!

[まとめ]必ず試着してから買おう

d20e479c1c8542e254a949f648833649_s育児グッズのほとんどはネットショッピング!という人も多いでしょうが、靴は必ず試着しましょう。

なぜなら、同じサイズ表記でも、ブランドによって若干大きさが違うことがあるからです。また、重み、素材感、履かせやすさなどは実際手にとってみないとわかりませんよね。実際に履かせて、あんよしやすそうかどうかも確認しましょう!

さらに、ネットだと色やデザインだけで選びがち。機能をチェックするには、やっぱりお店で確認するのがいちばん。子ども靴のシューフィッターがいる店を選べば、いろいろ相談できますね。

まだまだ弱い赤ちゃんのあんよを、しっかり守るファーストシューズ。じっくり選んであげてくださいね★

 

関連記事

ピックアップ!

スマホあるある

2014.5.2

【黙って座ってるワケがない!】GWの帰省・長距離移動の際の子供のグズグズ対策

待ちに待った大型連休がやってきました。 はじめての山遊びや川遊び、農業体験アクティビティも素敵! 実家の両親や兄弟姉妹の家族とにぎやかに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る