後になってはもう遅い! 今だから作れる未来のわが子へのプレゼント★

未来の子供へのプレゼント

 

今しかできない事をして未来の我が子にプレゼントを残しませんか?

赤ちゃんが生まれると毎日毎日本当に大変ですよね。

今日は一体何をしてただろう・・・。
という感じで、メイクをする事さえ忘れて一日が終わっていきます。

そうやって時が経って気がつけば子供もこんなに大きくなりました・・。

でも待って!!子供が大きくなってからはもう出来ない事があるのです。

それは未来のわが子へのプレゼント。

毎日の大変な時間の合間にちょっとだけ未来の事を考えてみて下さい。

1. 髪の毛で筆を作ろう。

散髪する前の初めての細い髪の毛。
どんな物もわが子の物は愛おしいですね。

私のお友達で習字の先生がいます。その先生の宝物は自分の髪で作った筆だそうです。

まさか子供が書道家になるなんてお母さんはきっと想像もしなかったでしょうけどね!

まだ散髪していないなら是非世界に一つだけの筆を作っておきましょう。

2. 手形をとろう。

生まれて間もない時にとられた方もいるかもしれませんが、とってない方もまだ今なら間に合う!

最近手を繋ぐと大きくなったな・・と感じています。
そんな繋いだ手の感覚だけで感動出来るのはお母さん。

是非お誕生日の時にでも、手形をとっておきましょう。

3. 初めてのお絵描きは額に入れておこう。

お絵描きはもうめちゃくちゃ。しかもすぐビリビリ・・。

でもそのビリビリの前に確保しておきましょう♪

私は初めてのお絵描きをさせた時は大きめの画用紙でクレヨンでさせました。
そして今はそれにきちんと日付を入れて、額に入れてリビングに飾っています。

額に入れただけで、めちゃくちゃな絵も名画に変わりますよ(笑)

4. 日記を書こう。

写真やビデオは今の時代は携帯電話などを使って沢山保存してあると思います。

でももう一つ是非残して欲しいのは日記です。

毎日同じような繰り返しで忘れるはずがないと思っている出来事でもやっぱり忘れてしまうものです。
子供の出来事だけではなく、癖や好きな食べ物、言った言葉など。

今見返すと、「あ~!懐かしい!忘れてた!」と思う事ばかりです。

書いてて良かった・・。と本当に思います。
昔の子供にまた会え様な気持ちで感動しますよ。

その時の自分の気持ちも書き添えておくとより懐かしい気持ちになれますよ。

写真やビデオでは伝わらないリアルが日記にはあります。

まとめ

いかがですか?是非この機会にやってみて下さい。
子供とずっとずっと一緒にいるのに、1年前の子供の顔を思い出せるかと聞かれると、なぜか思い出せません。
写真を見ても、「え?!こんな顔だった?」と思う事ありませんか?
それと同じでこんなにずっと見ていても、手の大きさも、ぐちゃぐちゃの絵も細い髪の毛も思い出す事が出来ないのです。
大きくなってからはあまり変わりませんが、赤ちゃんのうちはどんどん何もかもが変わってきます。
こんなに愛した今の姿をよりリアルに覚えておくために思い出の物を沢山残しておきましょう。

そして、二十歳の誕生日に愛を込めてプレゼントしませんか?

あ・・・涙出てきた・・・(笑)

関連記事

ピックアップ!

B型ベビーカー

2014.12.23

「軽くて段差もスイスイ!」7ヶ月過ぎたら使いたい5つの人気B型ベビーカー

B型のベビーカーはA型とくらべいろいろありすぎて色々と調べていくと訳が分からなくなってくるというお母さんはとても多いです。 ★調べてみ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る