[3~6カ月]うちの子の成長、遅い?早い?/首すわり~寝返り編

07885ae7da08e979589135a9cb48954b_s

赤ちゃんが3カ月を過ぎるころになると、首がしっかりしてきます。でも、4カ月を過ぎてもまだグラグラしている、すでに寝返りをしている子もいる……など、まわりの赤ちゃんと比較して遅かったり早かったりすると、心配になってしまいますよね。

ほとんどの場合は赤ちゃんの「個人差」で解決しますが、まれに、こわい病気が潜んでいることもあります。

乳児健診のとき医師に診てもらうのがいちばんですが、そこまで待てない!というママのために、3カ月~5カ月の赤ちゃんの発達について、まとめます!

 運動発達の第1歩!首すわりの平均は4~5カ月

運動発達とは、赤ちゃんの筋肉の発達を指します。生まれたばかりの赤ちゃんは、筋肉が発達していないのでグニャグニャですよね。

そんなグニャグニャだった筋肉が、成長とともに発達していきます。その第一歩が「首すわり」です。

首がすわると、順に

寝返り→おすわり→はいはい→つかまり立ち→伝い歩き→あんよ

と進んでいきます。運動発達は、あんよで完結します。あんよはおおよそ1才~1才6カ月でできるようになる子が多いです。

では、首すわりとは、どんな状態のことをいうのでしょうか?

頭がグラつかず、縦抱きができるようになったことを首すわりと思っているママも多いですが、首すわりとは、赤ちゃんが自分の頭を自由に動かせるようになることを指します。

首の筋肉がしっかりとして、頭を支えられるようになり、自分で自由に動かせるようになることが首すわりなんですね。

3~5カ月に完成する子が多く、4カ月前後が平均の目安です。

はじめての移動! 寝返りの平均は5~6カ月

首すわりが完成すると、次は寝返りです。運動発達は体の上から下の順番に発達するので、首がしっかりすると、腕と腰が安定してきます。

では、寝返りができる、とはどんな状態をいうのでしょうか?

今までは仰向けで寝たきりだった赤ちゃんが、体を左右に動かしたり、横向きになろうとします。

これが寝返りスタートのサイン。しばらくすると、ある日突然ゴロンと寝返りをして、うつぶせの姿勢になります。これが、寝返りの完成。

このころの赤ちゃんは、まだ足が発達していないので、寝返りは腰を大きくひねって行います。寝返りができるということは、腰の筋肉が発達している証拠なのです。

寝返りが上手になると、ごろごろ転がって、移動できるようになります。遊びたいおもちゃを自分でつかみに行ったり、行きたい方向に自分で行けるようになるのです。

思わぬ場所に行くこともあるので、赤ちゃんのまわりに危険なものは置かないように。事故予防の対策を見直しましょう。

早いと4カ月ごろから始める子もいますが、多くは5~6カ月に完成する子が多いです。

 

[まとめ]首すわりが遅いときは注意を。寝返りが遅くても、あまり心配しなくて大丈夫

K4562-rainforest-melodies-and-lights-deluxe-gym-jp-d-3_h1250

でも、じつは寝返りは個人差が大きい運動発達です。

体を動かすことが好きな子、そうではない子、と赤ちゃんでもすでに個性があるのです。

また、大きめ&太めちゃんも、寝返りが苦手なことが。逆に小さめ&細めちゃんは、体が軽いので、よく動くことが多いようです。

9カ月になって、ようやく寝返りした、という話もよく聞かれます。9カ月といえば、おすわりが安定しているころ。おすわりができていれば、腰はちゃんと発達しているので、寝返りをしなくても心配はいりません。

しかし、一方の首すわりは、遅れているとこわい病気のサインであることも……。

一般的に知られているのは小児まひです。小児まひの赤ちゃんは、いつまでも首がすわらないことから、異常に気づくことが多いとか。

6カ月を過ぎても首すわりが完成しない、ということがあれば医師に相談することをおすすめします。

けれど、多くの場合、発達の遅い早いは問題ない場合がほとんど。目安通り成長しなくても、赤ちゃんが笑顔で過ごせていれば、問題ありません。

ほかの赤ちゃんと比較して、落ち込むこともあるかもしれませんが、1人1人成長の仕方は違うもの。その子なりの成長を喜んで、サポートしてあげましょう♪