[6~9カ月]うちの子の成長、遅い?早い?/おすわり~はいはい編

2e988804bb3ed1a65e3b1aa65256dd91_s

6カ月から9カ月の赤ちゃんは、運動発達がとくに目覚ましい時期。ねんねのころを卒業して、どんどん活発になってきます。

けれど一方で、個人差が大きく出る時期でもあります。おすわりがなかなかできない、はいはいをしたがらないなど、ほかの子と比べてできないことが気になりますよね。

個人差といっても、どこまでなら普通なのか、知っておけば安心!ここでは、6カ月~9カ月の運動発達の基本をまとめます。

おすわりができる時期の目安は6~8カ月

53a479c5fab36b3b3a1074e66747e849_s

 

4カ月や5カ月のころからたくさん寝返りをうつことで、赤ちゃんの腰とはどんどん安定していきます。体がしっかりしてきたかな、と思ったら、試しにおすわりの姿勢をとらせてみましょう。

さて、赤ちゃんはどんな様子ですか?

おすわりができるとは、どんな状態のことをいうのでしょうか?

前や横にグニャリとまがってしまう

おすわり完成まではまだまだ時間がかかります。早くできればいいわけではないので、焦る必要はありません!でも、寝返りをたくさんすると腰が安定して、おすわりしやすくなります。赤ちゃんの興味をおもちゃなどをまわりに置くと、たくさん寝返りして腰の筋肉が鍛えられるので、気になるママは試してみて。

自分の腕で体を支えればすわれる

だいぶ腰が安定してきた証拠です。でも、腕で支えないとすわれない=すぐ転倒してしまいます。おすわりの姿勢が好きでご機嫌なら、後ろでママが一緒に支えながらすわるか、赤ちゃんのまわりにクッションを置くなどして転倒しても痛くないようにしてあげましょう。

おすすめは授乳用クッション!U字の部分が赤ちゃんのおしりにぴったりです。

自分の腕で支えなくてもおすわりの姿勢がとれる

おすわりの姿勢のまま、両腕を自由に動かせるようなら、おすわりは完成!これは、腰が安定したことと同時に、脳の神経中枢が背骨にまで達したことを示します。ここまでできるようになる目安は、早くて6カ月ころ、8カ月ごろにはできる子が増えます。

とはいえ、急にコテン!と倒れることはよくあること。1人で座らせるときは、しばらくは周りにクッションを置いてあげましょう。

はいはいは、あんよの準備段階!8カ月ごろからが目安

bf801dbcc28c96262e790792643839b2_sおすわりができるころと並行して、はいはいをする子が増えてきます。それまでは両足を同時にしか動かせなかったのが、片足ずつ動かせるようになってきます。足の発達の第一歩です。

最初のうちは、お腹を床につけたまま前進します。これは、ずりばいといって、はいはいとはいいません。

では、はいはいとはどんな状態のことを指すのでしょうか?

はいはいとは、おなかを上げて、両腕と両足を交互に出しながら前進することをいいます。

最初はゆっくりでも、上手になるとどんどん早くなっていきます。はいはいをたくさんすることで腕や足の筋肉が発達して、その後のあんよをスムーズにしてくれます。

時期としては、8カ月~9カ月ごろ始める子が多いです。

 はいはいは、すればするほど足が丈夫になる!

じつは、はいはいは、しない子もいます。はいはいをせず、次のつかまり立ちやあんよなどに移行してしまうパターンです。そしてその場合、1才前にあんよするなど、早いケースが多いようです。

親としては、「運動神経がいいのかしら?」などと思ってしまうのですが、発達学上では、はいはいをたくさんして、あんよをしたほうがいいそうです。

なぜなら、はいはいで足の筋肉をしっかり鍛えてからあんよをした方が、安定した歩きができるそうです。

なので、はいはいが長くて、1才を過ぎてもあんよをしない、というパターンがありますが、心配ないそうです。これは、はいはいでしっかり足を鍛えているからだそうです。

おすわりの前に、はいはいしても大丈夫!

おすわりとはいはいは、同時に進んでいく成長なので、おすわりがまだなのに、はいはいを始めた、ということもよくあるケース。

部屋の広さや体重、好奇心の影響など色々な原因で、運動発達の順番は変わるものです。ただ、さきほども書いたように、はいはいをしないであんよを始めた場合は要注意。筋肉がまだ十分発達しないまま歩きはじめると、転びやすかったりするもの。しっかりサポートしてあげましょう。

はいはいを始めると、いよいよ目が離せなくなりますが、あんよすると、はいはいをする様子は見られません!この時期に、しっかり目に焼き付けておきましょう☆