【トイレトレーニング】やっぱり気になる!よその子はどうなの?

おむつ

1才半~2才頃になると、気になり始めるのが「トイレトレーニング」。

発達により個人差はありますが、トイレトレーニング開始の目安は、“しっかりとひとり歩きができ、おしっこの感覚が2時間程度あくようになってきたら”と言われています。

保育園や託児所に通っていると、先生がトレーニングを進めてくれたり、トイレができるお友達の影響で、早いうちからマスターする子もいるようですね^^

たとえ「うちの子はうちの子のペースで」「いつか必ずできるものだから」とは思っていても、やっぱり周りの子の様子が気になるママも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、
●トイレトレーニングの理想の手順はもう知ってる!
●育児雑誌やネット検索で、トイレトレーニングの知識はつけた!
●でも実際、周りのおともだちはどうなの!?
…というママのために、トイレトレーニングにまつわる体験談をご紹介します^^

我が子の話になりますが

新生児~1才の頃は、1~2時間おきにおしっこが出て、1日に何枚もオムツが必要でした。
12時間吸収と唄ったオムツでも、とても12時間なんてもたない!
母乳を飲む量も多かったからか、2~3時間もすればおしっこでパンッパンになっていましたね…笑。

でも確かに1才半を過ぎたころから、オムツ替えの回数が減っていることを実感!
同時に補助便座&トイレ練習の絵本を購入し、たまーに補助便座に座らせていました。
本当にマイペースで、1日1回機嫌の良いとき、1回も座らない日もしょっちゅう…。
全然本格的なスタートではありませんでしたが、あとになって、このマイペース感がうちの子には合っていたのかなあと思えています。

たとえお風呂場でも褒めまくる!

たまにお風呂場でおしっこがでたときは、「おしっこ出たねー!すごーい!」と全力で褒めていました。
着替えの最中に出てしまった時も、「あーあ…」と言いたいのをこらえて褒めるんです。

そして1才10か月後半、はじめてトイレでおしっこが!
たまたまでしたが、本人も満面の笑みで、自分に拍手していました(笑)。
もちろんこのときは、いつも以上に盛大に褒めて、親子でハイタッチしたのを覚えています!

それからすっかりコツを掴み、1才11か月の今では毎日トイレでおしっこができるようになりました。

ぴいす

マイペースが成功のカギ

思い立って補助便座を買ったものの、本格的にスタートすることもなく、終始マイペースだった我が子のトイレトレーニング。

神経質にならず、「出るといいねぇ~」「おしっこできたら、お兄ちゃんパンツだね!」と声かけしながら楽しく進めることができました。

おしっこが出そうなタイミングでトイレに誘っても、嫌がるときは無理に連れて行かず、オムツを替えています。
自分からトイレに行こうとするときや、誘ってすぐに乗ってきたときは、座らせるとほぼ100%おしっこがでますよ^^

残るはトイレでのウンチと、オムツはずれ。
もう少ししたら、トレーニングパンツを買いに行こうかなぁ…
着替えの回数が増えるようなので、夏が終わるまでの完了を目指します!もちろん息子ペースを忘れずに^^

もっと知りたい!みんなのトイレ事情

おまる

周りのおともだちのトイレトレーニングの様子を少しご紹介します。

●1才11か月(男の子)
・・・まだ補助便座に座らせたことはなく、トイレトレーニングも開始していないようです。

●2才8か月(男の子)
・・・オムツは外れてトレーニングパンツ。時々お漏らしがあるので、パンツとズボンの着替えは必ず持ち歩いているそうです。

●1才10か月(女の子)
・・・1才9か月頃から、たまにトイレでおしっこが出ることも。特に自宅でトレーニングした訳ではなく、保育園に通っている影響が大きいようです。

●2才3か月(女の子)
・・・まだトイレトレーニングは開始していません。暖かくなったら…というママの考えで、もうすぐスタートするようです。

~いかがでしたか?子ども1人ひとりの性格も違えば、トイレトレーニングの適した時期や進め方も違います。
もちろん、スタートから完了までにかかる時間もそれぞれ。
育児書などの情報はあくまで参考に、お子様のペースに合わせて、親子で楽しみながら進めていけると良いですね^^

 

 

関連記事

ピックアップ!

育児中のペディキュア

2014.5.8

【産後のネイル解禁はいつから?】子どもが1歳になればまずはペディキュアから再開

知ってますか ? ご褒美ネイル 育児中にネイルなんて・・・でも脚なら生活に支障はありません 温かくなってきて、空も木もキラキラ輝き始める…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る