[初めてのUVケア]赤ちゃんと子どもを紫外線から守る方法5つ

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_s

やっと暖かくなってうれしい!と思ったのもつかの間、今度は紫外線が気になる季節。5月はシミやシワの原因となる、紫外線のUV‐Aがもっとも多い月です。紫外線対策は早めが肝心です。

ママのケアはもちろん必要ですが、赤ちゃんや子どもにも、紫外線対策って必要なんでしょうか?

答えはイエス!赤ちゃんや子どもの肌は大人よりデリケートなので、大人よりも気を付けないといけないくらいなのです。

というのも、子どものころから紫外線を浴び続けていると、そのダメージが蓄積されて将来シミやシワができやすい肌になったり、皮膚がんの原因にもなると言われているからです。

では、赤ちゃんや子どもの紫外線対策にはどんな方法があるのでしょう?ここでは、レジャーや旅行ではなく、ふだんの生活で気を付けたいこと、試してみたいことを5つにまとめてみました。

1.ベビー用の日焼け止めをぬる

大人と同じように、手や足など、日焼けが気になる部分にお出かけ前にひとぬりします。ドラッグストアに行くと、ベビー用の日焼け止めがたくさん並んでいますよ。

たくさんあるので、どれがいいか迷うのですが、ベビー用の日焼け止めは大抵

●石けんで落とせる

●紫外線吸収剤不使用

●SPF20~30 PA++

といったうたい文句がついています。低刺激でやさしい処方になっています。正直、「ベビー用」としているものであれば、中身はそれほど変わらないので、ボトルの形状や、クリーム、ローション、ジェルといった「剤」の特徴で決めるといいと思います。

おすすめはジェルタイプ。クリームより白く残りにくくさっぱりとした使いごこちで、こまかな所も塗りやすいです。

ボトルは、外出先でも使いやすい小さめサイズで、キャップがしっかり閉まるものがいいでしょう。

2.帽子をかぶせる

aeb695a0c0cf785e382f110248dfc0c7_s

でも、赤ちゃんに日焼け止め、というと抵抗を感じるママも多いでしょう。石けんでしっかり落とせば問題ないのですが、とくに顔にぬるのはちょっと……と思っていませんか?

それなら、基本ですが、帽子を用意しましょう。選ぶポイントとしては

●つばが大きめのもの

うなじの日よけがついているとベスト

●飛ばされ防止のゴムがついているもの

●サイズがゴムなどで調整できるもの

●洗濯機で洗えるもの

といったところです。あんよで活発に動く子どもには、帽子は必須です!

3.ベビーカーに大型日よけをつける

まだあんよ前で、お出かけのときはベビーカーにいることが多い、という場合はベビーカーに日よけをつけましょう。

もうついているもので十分、ということならOK!ですが、よりしっかり守るなら、紫外線対策用の大型日よけをつけるのもおすすめです。

shopping

 

これらの商品は、ベビーカーにもともとついていたものよりはるかに大きく、足まですっぽりかぶせることができます。

足が出ることだけ気になるというなら、UVカット素材のひざかけをかけてあげるのもいいですね。

4.10時~14時の外出は注意する

一日のうち、紫外線量がいちばん強い時間は10時から14時です。熱中症も心配ですから、この時間は散歩は避けている、というママも多いです。

とくに、紫外線が強い7月~8月は、散歩をするなら朝か夕方にする、というリズムにシフトしてみるといいでしょう。

紫外線が気になるし、暑いから夏はあまり外出しない、というママも増えているようですが、1日1回の散歩は、赤ちゃんの体内リズムを整えるためには欠かせません。

「ひきこもり」にならず、夏でも外の空気に触れさせてあげましょう!

5.ひたすら日陰を歩く

帽子をかぶせ、ベビーカーに日よけをつけ、朝や夕方にお散歩するようにして、さらに、日陰を探して歩く。

これで、赤ちゃんの日頃のUV対策は完璧です。

このとき、おすすめなのが日傘。日陰がないところでも、つくることができます。ベビーカーを押しながら日傘をさすのはちょっと難しいですが、抱っこひも派のママなら、自分のケアも一緒にできて、一石二鳥ですね。

[まとめ]ママの日焼け止めもしっかりと!

赤ちゃんが日に焼けることばかり気になって、自分はガンガン浴びてしまった……なんてことはママならありがちですね。

その結果、産後にシミが増えた……というケースは本当によくあること!

妊娠・出産でホルモンバランスが崩れ、肌のバリア機能が低下しているので、産後の肌は紫外線ダメージを受けやすいのです。赤ちゃんのケアと同時に、自分の紫外線対策もしっかりすることが大切です。

今は親子で使える日焼け止めも売られています。毎日はママが使って、気になるときだけ赤ちゃんにも使う、という方法もアリですね★

 

 

関連記事

ピックアップ!

育児中のペディキュア

2014.5.8

【産後のネイル解禁はいつから?】子どもが1歳になればまずはペディキュアから再開

知ってますか ? ご褒美ネイル 育児中にネイルなんて・・・でも脚なら生活に支障はありません 温かくなってきて、空も木もキラキラ輝き始める…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る