【首がすわる前の赤ちゃん】飛行機に乗る時に注意すべきポイント

赤ちゃんを飛行機に乗せる

赤ちゃんと2人ぼっちの飛行機!成功するポイント

首すわり前の赤ちゃんと2人で飛行機に乗るのは怖い!

首すわりもまだしていない赤ちゃん。まだまだ飛行機デビューは早いのでは?でも、里帰り出産、引越、身内の不幸・・・、どうしても乗せなきゃいけないという時、ありますよね。

先輩ママの話を聴くと、

  • フライト中終始ギャン泣きで大変だった
  • 周りの乗客から睨まれて怖かった、
  • 更には見知らぬおばさんから「赤ちゃんがかわいそうよ」なんてお叱りを頂いた、

なんて声も聞こえてきます。
そういう自分も、出産前はギャン泣きする赤ちゃんとそのママに冷たい視線を送っていたかも・・・。
そんな首すわり前の赤ちゃんと飛行機に乗る時のポイントをご紹介します。

赤ちゃんと楽しく飛行機に乗るには??

unaru

フライト前の準備

・赤ちゃんと過ごしやすい座席を予約する

シート

赤ちゃんと二人でフライトするなら中央の座席の通路側、エンジンのそばがおすすめ。

理由は

中央の座席は他の人が反対側からも降りられるため、着陸後にゆっくり準備しても誰にも迷惑をかけず、フライト中にも席を立ちやすいからです。

フライト中、赤ちゃんを立ってあやしたり、おむつを替えることになったり・・・席を立つ理由はたくさんあります。

特に低月齢だとおむつ背中漏れは日常茶飯事。機内でお着替えになるかもしれません。

また、エンジンのそばの理由は、

ゴーッとうるさいエンジンがそばにあれば赤ちゃんが少々ぐずったところで目立たないだけでなく、このうるさく一定の音がママの胎内音に聞こえて安心して眠ってしまう赤ちゃんもいるからです。

・お昼寝時間の調整

フライト中に赤ちゃんが眠ってくれればこれほどありがたいことはありません。搭乗前に赤ちゃんが寝てしまわないよう、頑張って起きていてもらいましょう。

後述の離着陸時に授乳できるよう、お腹も空かしておいてもらうと尚良いです。

・大きい荷物は預ける

大きいスーツケースを持って、赤ちゃんを抱えて飛行機内の狭い通路を通るのは大変です。そんな時はCAさんが手伝ってくれるとは思いますが、必要なものだけを取り出して預けてしまう方がよいでしょう。

おむつ・おしりふき・着替え・ガーゼハンカチ・母乳の人は授乳ケープ・哺乳瓶の人はミルクと哺乳瓶 が最低限必要です。

フライト中に注意したいポイント

キャビンアテンダント

CAさんは大きな味方になってくれます!大いに頼りましょう

・離着陸時には母乳・ミルクを与える

離着陸時には気圧の変化によって赤ちゃんは耳が痛くなってしまいます。

大人ならあくびをしたりして対処できますが、なにもわからない赤ちゃんはそうもいきません。そこで授乳・ミルクを飲ませるわけですがこのタイミングが意外と難しい!

上昇・下降の時間は思ったより長いので、早めに授乳を始めると最後のほうは疲れて飲んでくれなくなってしまいます。いつでも咥えさせられるようにスタンバイだけしておいて、ギリギリまで待ってもらうようにしましょう。

・自分がトイレに行きたくなった時

CAさんが赤ちゃんを抱っこしてトイレの前で待っててくれます!

出来れば搭乗前に済ませていきたいものですが、どうしようもないときは嬉しいサービスですね。

・赤ちゃんが寝てくれた時

まず赤ちゃんは足が通路側に来るよう横抱きにして、通行する人から頭を守りましょう。

まだまだ軽い赤ちゃんでも、長時間抱っこしていれば腕が疲れてしまいます。CAさんに腕と膝・座席の間にクッションやブランケットを詰めてもらうと、腕で支えなくてよくなるので快適に過ごせます。

フライト後

小さくてふにゃふにゃの赤ちゃんを慣れない抱っこひもに入れるのは時間がかかります。特にエルゴだとインサートを使うのでなおさら。

あせらずゆっくり準備できるよう、まず自分が通路側にいるために通路に出られない方がいたら先に出して差し上げましょう。
また、赤ちゃんが騒いでしまったのなら周囲の乗客へ一言お詫びを、協力してくれたCAさんにはお礼を言いたいものです。

まとめ

  • 座席は中央部の通路側(左右どちらでもいい)。エンジンに近い部分にいると泣いてもエンジン音であまり気にならない
  • 搭乗前に寝てしまわないように出来る限りの工夫をする
  • 機内持ち込みの荷物が多い場合は必要な物だけを出し、搭乗前のカウンターでCAに預けてしまう
  • 離陸上昇中にミルクを与えるのがポイント
  • トイレにいく場合はCAの方が赤ちゃんを外で抱いて待っていてくれる
  • 通路側に赤ちゃんの頭を向けない
  • 降りる時は焦らずできれば最後に降りる

ポイントを押さえて快適な飛行機ライフを!

車や電車や新幹線など、移動手段はいろいろありますが、一番難しいのが席を移動できずどこにも逃げ道がない飛行機だと思います。つまり、飛行機さえクリアできれば移動は制したも同然!!
周りを上手に頼って、赤ちゃんもママもストレス無くいられるようにしましょう!

関連記事

ピックアップ!

育児中のペディキュア

2014.5.8

【産後のネイル解禁はいつから?】子どもが1歳になればまずはペディキュアから再開

知ってますか ? ご褒美ネイル 育児中にネイルなんて・・・でも脚なら生活に支障はありません 温かくなってきて、空も木もキラキラ輝き始める…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る