[会陰切開]陣痛よりも痛い!?切らずにお産するためにできること★

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s

お産の痛みといえば、まず思い浮かぶのが陣痛ですよね。

ですが今回は、妊娠しなければ目にも耳にもしないことが多い「会陰切開」をクローズアップします。

会陰とは、赤ちゃんが出るところ(膣の出口と肛門の間のところ)。切開とは、切り開くこと。

そう、会陰切開とは、赤ちゃんが出るところを人工的に切り開くことなのです。

何のために?どうやって?どれくらいイタイの?絶対しないといけないの?

会陰切開についてまとめます!

会陰切開は、初産ではほとんどの場合行われます

体でいちばんデリケートな部分を切り開く……、考えるだけでも、めちゃめちゃ痛そうですよね!?

でも、なぜそんなことをしなければならないのでしょうか。それは……

会陰の自然裂傷を防ぐため

自然裂傷とは、自然に避けてしまうこと。そう、事前に会陰切開をしなくても、赤ちゃんが出るときに、会陰が裂けてしまうことが多いのです。

とくに初産の場合は筋肉の伸びがよくないため、裂けてしまいがちです。そして、自然に裂けてしまうと、その後さまざまな問題が出やすくなります。

なので、縫合しやすいようにきれいに切開しておくことで、産後のママの体への負担を減らす、という目的があるのです。

赤ちゃんを出やすくするため

会陰が狭いと赤ちゃんが出にくく、危険を伴うことがあります。また、なかなか出ないことでお産が長引き、母体への負担が大きくなるのです。

そのほか、吸引分娩など器具を使うときに切開することがあります。しかし、多くはこの2つの理由から切開します。

 会陰切開の痛みは、切ったあとにアリ!

会陰切開するときは、麻酔はしない病院が多いです。と聞くと、「どんだけ痛いんだ!?」と思いますよね。

でも、じつは、個人差がありますが、その最中は、痛くない、という意見が多いのです。

あとで切開したと聞かされたけれど、いつ切ったのかわからなかった、というのです。

かく言う私もその1人です。陣痛に耐えるのにいっぱいいっぱいで、気づきませんでした。

ところが、その痛みは産後にくるのです。そう、切った部分を縫い合わせて、抜糸しないといけないのです。

陣痛は鈍痛です。ドーンドーンと体を打ちつけるような痛みです。それに対して、会陰切開の縫合は、針で刺されるシャープな痛みです。

どちらもつらいですが、私は、個人的には会陰切開の縫合のほうがつらかったです。

では、会陰切開は絶対しなくてはいけないのでしょうか?

 会陰切開がイヤなら、オイルマッサージにトライ

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

 

病院にもよりますが、今は、どんなお産がしたいか、事前にママの希望を聞いてくれる所が増えています。

なので、会陰切開を希望しない、と伝えておけば、その通りにしてくれるでしょう。

でも、その際、会陰切開をしないことで高くなるリスクについても説明がされるはずです。

どうして会陰切開をしたくないのか、しないことで高まるリスクに対応できるのか、この2つを天秤にかけて、じっくり判断したいものです。

なるべくしたくない、というとき、ここで必要なのが会陰の筋肉の伸びをよくしておく、ということ。

会陰の筋肉がよく伸びて、赤ちゃんがスムーズに出ることができれば、切開する必要はないのです。

そこで助産師さんがおすすめしているのが、会陰のオイルマッサージ。どんなものか簡単にまとめると……

使うのは、純性の植物油(アーモンドオイルなど)

●指につけて、会陰をマッサージ。最初は会陰の周辺からはじめて、徐々に産道の入り口付近もマッサージ。

●妊娠28週ごろから週2~3回、風呂上りにすると効果的。

●爪を伸ばしている人やネイルをしている人は、オイルをコットンに浸して行うほうが安心。

これだけ!?と思うかもしれませんが、するとしないのとでは大違いです!

[まとめ]産院では、どんな会陰切開をしているかを確認して

お産のスタイルは産院によって違いますが、会陰切開の扱いも産院によって異なります。

縫合のときに麻酔をするところ、しないところ、溶ける糸を使うところ、抜糸をするところ、お産の前のセミナーで会陰マッサージを教えてくれるところ、など……。

2人目、3人目のお産のときは切開せずにお産できる人がぐんと増えますが、初産では切開することが多いのが現実。

自分はどうしたいのか、しっかり決めておく必要があります★

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ!

A型ベビーカー

2014.12.23

「安全性も高くて静か!」アマゾンでも買える5つの人気A型ベビーカー

A型ベビーカーの特徴はなんといってもその安定感と心地よさにあります。 外出先で赤ちゃんが寝てしまったらそのまま車に乗せてあげて自宅に帰宅。…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る