【一歳の誕生日祝い】一升餅でお祝いする方法とは

けっこんしき

長いようで短い一年間。

かわいい赤ちゃんの一歳の誕生日。どんな風にお祝いしてあげたいですか?
誕生日はこれから毎年迎えるものですが、
初めての誕生日はやっぱり特別。

それは当然今に始まったことではなく、昔は乳幼児の死亡率が高かったこともあり
一歳の誕生日は盛大に祝う風習が全国で見られます。

その中で有名な祝い方である「一升餅」。
「聞いたことはあるけど、何をどうするの?」
というママとパパのために、一升餅を使った代表的なお祝い方法をご紹介します。

「一升餅」での祝い方

「一升餅」とは?どこで準備する?

一升≒2キロの丸く大きなお餅のこと。
昔は家で餅をついて使ったそうですが、
今では家でお餅をつける家は少なくなっていますので
和菓子屋さんやネット販売で購入する家庭が多いようです。

赤ちゃんの名前や、両家の名字を入れてもらうこともできるので
お祝いの日程がわかっている場合は早めに予約を入れておきましょう。

最近は赤ちゃんの好きなキャラクターを入れたお餅や
あとで食べやすいように小分けになっているものもあります。

なぜ「一升」なの?

「一升」が転じて「一生」となり、
「一生食べ物に困らない生活ができますように」という願いが込められています。
お餅の丸い形から、「円満な人生」「丸く収まる」といった意味も込められます。

どういう風に祝うの?

風呂敷にお餅を入れ、たすき掛けで赤ちゃんに担がせます。
風呂敷が赤ちゃんの首にかからないように注意して下さい。
赤ちゃん用のリュックがあれば、それに入れてもよいでしょう。

担がせた後、赤ちゃんに歩かせるのですが
立ち上がって歩ければ「丈夫に育つ」と祝い、
歩けなければ「長く親元にいてくれる」といって祝います。
どちらにしてもおめでたい、ということですね。

担がせた後はお餅をみんなで食べたり、お土産にして持って帰って頂きます。

地域によって違う祝い方

一歳の誕生日祝いを一升餅でする、という祝い方は全国的にみられます。
しかし地域によって少々祝い方が違うようです。
一升餅を「担がせる」という方法が一番多いようですが
「踏ませる」「転ばせる」「尻餅をつかせる」という地域もあります。

迷ったら両親や義両親に聞いてみるといいかもしれません。

かぞく

合わせて「選び取り」もおすすめ

選び取りとは?

「選び取り」とは、箸やそろばん(電卓)、おちょこなどを並べ、
赤ちゃんがどれを取るかでその子の将来を占う行事です。
箸を選べば「食べ物に困らない」、電卓だと「商売人になる」など
ひとつひとつに意味があります。

選んだものが必ず将来につながるとは限りませんが、
赤ちゃんがどれをどんな順番で興味を示すか(あるいは示さないか)
というのを家族でワイワイ楽しんだり、
行ってほしい品物の方へ必死に誘導したりするのは楽しいですよ。

物を並べる代わりに最近では絵を描いたカードを選ばせる家庭も多いようです。
実物を置いた方が行事としては盛り上げるように思いますが
カードだと赤ちゃんが物の色や形状にとらわれず選べるので、
より公平に占えるかもしれませんね。

選び取りの品物は基本的に数・品ともに自由なので
各家庭に合ったものを用意して臨みましょう

まとめ

おっぱいを飲むのも一苦労だった生まれたての赤ちゃんが
首を動かせるようになり、寝返りをし、ハイハイをして。
この一年間の赤ちゃんの成長を思い返せば感慨もひとしおです。

離乳食ケーキを作ったり、部屋の飾りつけをしたり、
写真館に行ったりなど、祝い方は様々ですが、
大切なのは赤ちゃんの無事の成長をみんなでお祝いすること。

ママとパパの2年生への進級も祝いつつ、
家族の思い出に残る楽しい席にしたいですね。