赤ちゃんと一緒でも安心!京都子連れ情報【授乳室編】

NOU92_kyounomachiwonagameru-thumb-1000xauto-16401
赤ちゃんを連れて京都へ観光。

そんなドキドキの観光。

授乳室はどこにあるの?離乳食をすぐに食べさせたい!

おでかけ好きな京都人の筆者が京都の子連れ便利情報【授乳室編】をお届けします。

くるま

各駅の周辺ごとにご紹介

京都駅

伊勢丹

7Fにベビー休憩所があります。

離乳食を食べさせられるようにベビーチェアも設置してあります。

オムツ替えのベッドが沢山あって混み合って待ってしまうなんてこともないので安心です。

休憩所内に広々としたトイレもあり、ママも上の子もここで済ませられるので便利ですよね。

一番奥に授乳室があり、個室が混み合っている時には、オープンなイスに座っても授乳できます(もちろん男性は入室不可です)

同じ7Fのおもちゃ売り場の中に、プレイエリアがあります。

ここは変わった滑り台があって広くはないスペースですが、横の方ではハイハイの赤ちゃんも遊ばせられます。

ただし、小学生くらいの割と大きい子達が多いので、混み合っている時には、赤ちゃんを遊ばせるのは安全上ちょっと厳しいかもしれません。

ポルタ

インフォメーションカウンターすぐ横に授乳室(おむつ替えベッドあり)があるので安心して入れます。

入室の際はインフォメーションのスタッフに申し出てはいりますが、一室のみなので待つことも。

中は広々としていてとても清潔で、上の子と一緒に入ることもオムツ替えも余裕でできます。

イオンモール京都

Sakura館は2F、3F、4F、Kaede館は1F、2F、3Fに休憩所があります。

どの休憩所も窓があって明るい雰囲気で気持ちよく使えました。

さすが子連れに優しいイオンです。

Kaede館にはトイザラスが入っていてちょっとした買い物もできるので便利ですね。

子連れだと、京都駅からのシャトルバスを利用すると便利です。ただし休日のみ運行となっています。

烏丸周辺

大丸

6Fにベビー休憩所があります。

全体的にこじんまりとしたスペースです。

オムツ替えベッドも個室の授乳室も4台ほどなのですぐにいっぱいになることも。

休日は結構待つ事が多いです。

離乳食を食べさせられるベビーチェアの用意はなく、簡単なボックスのベンチとテーブルがあり、そこに座って食べさせられます。

大丸にはキッズプレイエリアがないので、屋上の遊園地か、おもちゃ売り場のお試し玩具で我が子達は遊ぶこともあります。

食料品売り場のある地下1階の錦小路出入り口付近は、吹き抜けになっていてベンチが多数設置してあり、食料品売り場で購入し、ランチしている方が多数います。

子連れでどこかに入るのも躊躇されるときなんかは、パンや551の豚まんなどを買って、子どもと一緒にここで食べています。光が差し込んで明るいのでおススメです。

河原町周辺

高島屋

5Fにベビー休憩所があります。

中は広々としていて、オムツ替えベッドもたくさん。オムツ替えで今まで待った事はありません。

授乳室は完全個室で5こほどだったので休日などは待つ事もあります。

離乳食を食べさせられるスペースが広めに作られていてパパママもゆっくり座ってあげられます。

キッズカウンターの前にちいさなプレイエリアがあって、マット敷きに乳幼児向けおもちゃが置いてあります。

あまり大きな子が入っていないので赤ちゃんでも安心です。

赤ちゃんがハイハイできるようになるとベビーカーを降りたがるときも。そんなときにちょっとしたマット敷きのスペースがあると、便利ですよね。

マルイ

6Fにベビー休憩所があります。

すべて個室で、中にはオムツ替えベッドがある個室も。

子ども用品を販売しているビルではないので、プレイエリアなどはありませんが、お手洗いにオムツ替えベッドがあったり、ベビーカー貸し出しもあったりしてベビーウエルカムな雰囲気と言えます。

illust950

最後に

年中観光客の多い京都ですが、真夏は盆地特有のうだるような蒸し暑さ。逆に冬は底冷えで本当に寒いんです。

赤ちゃん連れだと、春や秋の気候のいいときの京都観光がオススメです。

 

 

関連記事

ピックアップ!

スマホあるある

2014.5.2

【黙って座ってるワケがない!】GWの帰省・長距離移動の際の子供のグズグズ対策

待ちに待った大型連休がやってきました。 はじめての山遊びや川遊び、農業体験アクティビティも素敵! 実家の両親や兄弟姉妹の家族とにぎやかに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る