チャイルドシートの基本知識と選び方

bd1b2be29b6d8fdae2099fb1e85fb488_s

車生活の方、チャイルドシートは生まれてすぐ使います!

もうすぐ出産のプレママさん、産後の準備は進んでいますか?
通信販売が発達している昨今、「産後の準備用品」の中には、
実際生まれてから、必要になってから用意すればいいものも多々あります。

しかし、地域にもよりますが意外とすぐ必要になるのがチャイルドシート。
もし産院の退院時、自宅まで自家用車で帰るなら、
入院までにチャイルドシートを購入・設置しておきたいですね。

また里帰り出産でも、里帰り後に車で自宅に戻るなら
やはり里帰り前に購入して設置までしておきたいところ。

とはいえ、チャイルドシートは値段も性能もいろいろ。
ジュニアシートなるものもあったりして、予備知識なしでお店に行くと
混乱してしまうこと請け合いです。
ここでしっかり予習してからお店に向かいましょう!

チャイルドシートっていつからいつまで使うの?

日本では6歳未満の子供にチャイルドシートを使用することが義務付けられています。
なのでチャイルドシートは新生児~5歳いっぱいまで使うものです。

しかしこれはあくまでも「法律的には」。

実は車の各座席に付いているシートベルト。
これは身長140cm以上の人が安全に使えるように設置されています。

140cm以下の人がシートベルトを使うと、
肩のベルトが首にかかったり、腰のベルトがお腹にかかったりして
事故に合った際シートベルト本来の役目を果たせないのです。

身長140cmというと、だいたい10歳の平均身長ですから、
実は10歳まではチャイルドシートやジュニアシートを使って
体を固定してあげた方が安心なのです。
チャイルド(ジュニア)シートは10歳まで、と考えておいた方がよさそうですね。

1fcbe90d27207b20278aa370bfe0dddb_s

チャイルドシートの種類

一般的には「チャイルドシート」と総称されますが、
子供の体を固定するシートは大きく6種類あります。

  • 乳児用(ベビーシート) 新生児~1歳くらいまで。後ろ向きに取り付ける。
  • 幼児用(チャイルドシート)1歳~4歳くらいまで。前向きに取り付ける。
  • 学童用(ジュニアシート) 4歳から10歳くらいまで。車のシートベルトを使う。
  • 乳児・幼児兼用 前向き・後ろ向き両方で使える。
  • 幼児・学童兼用 専用ハーネスが取り外しできる。
  • 乳児・幼児・学童兼用 長期間にわたり使用できる。

一般的に「チャイルドシート」というと「乳児・幼児兼用タイプ」を指します。

チャイルドシートの選び方

現在は多種多様なチャイルドシートが販売されており、
嬉しいことにその家庭のライフスタイルに合わせて選ぶことが出来ます。
見るべきは以下の5点。

①安全性能 国土交通省の安全基準に適合したチャイルドシートには、
型式指定・型式認定マークが付いています。
また、国土交通省と自動車事故対策機構が出しているチャイルドシートアセスメントにも
しっかり目を通しましょう!
②ハーネスの取り扱い安さ 長さ調整方法・ボタンの固さを確認します。
③車への取り付けの簡単さ 特にパパの車からママの車へ、じーじの車へ、
などの行き来が頻繁にある家庭は、取り付けが苦にならないものを選びましょう。
④回転式か否か 回転式の方が乗せ降ろしは楽です。しかし大きく重くなります。
⑤取り付ける車との兼ね合い 軽自動車ならコンパクトタイプが便利です。

この5点でそこそこ搾れるので、あとはお値段やデザインで決めましょう!

まとめ

法律でチャイルドシートが義務となったのは2000年から。
昔はチャイルドシートなんてありませんでしたから、
おじいちゃんやおばあちゃんの中には義務化されているのを知らなかったり、
「少しくらい大丈夫では」と抱っこのまま車を走らせる方も多いように思います。

しかし、なにかあってしまってからでは遅いのです!
子供の命を守るのは親の務め。
周囲の意見に惑わされることなく、しっかりと準備しておきましょう。