[2人目出産]1人目よりも断然ラクだった5つの理由

ママとベビー

子どもが1才を過ぎるころ、ぼちぼち増えてくる「2人目妊娠」。

いつかは、と思いつつも周囲に妊婦が増えると、何となくあせってしまいますよね。

また、1人目の出産は難産だったママは、またあの苦しみを乗り越えないといけないのか、という恐怖が2人目に踏み切る壁になっていることもあります。

お産は人それぞれ、まったく違うのですが、私をふくめて周囲を見ると、断然2人目のほうがラク、という人が多いです。

ここでは、どんな点がラクだったのか、5つにまとめてみますね!

陣痛を受け入れられる

1人目のときは、陣痛がどういう流れを持っているのかわからなかったので、少し痛くなっただけで病院へ行き、戻されてしまいました。

2人目のときは、それがわかっていたので、これはいよいよ、というときまでガマンしていました。陣痛が1時間おきになってきたとき電話をして、産院へ行きました。

その後は戻されることもなく、陣痛室でお産を待ちました。

ぎりぎりまで、リラックスできる自宅で陣痛を耐えられたのは、よかったと思います。

はじめてのときは、どこまで痛みが来れば産まれるかわからなかったので、ちょっとの痛みでも心配だったのです。

でも、人間ひとりが生まれるのですから、ちょっとの痛みくらいでは生まれないのです。それがわかっているだけでも、リラックスして陣痛を受け入れられたと思います。

陣痛をやわらげる方法がわかっている

陣痛の痛み

陣痛を和らげる方法は、たくさんあって、人それぞれ好みがあります。

私の場合は、よつんばいになって、腰をさすってもらうのがいちばんラクでした。

はじめてのときは、どれがベストかわからず、アロマを調べたり、いろいろ試していました。でも、実際経験しないとわからないのですよね。

自分のしてほしいことがわかっていれば、パパなど付き添いの人にもしてほしいことをっかり指示できます。

付き添いの人にイライラすることもなく、リラックスして陣痛を乗り越えることができるのです。

お産時間が短い

これは個人差もあると思うのですが、多くの場合、1人目のときより2人目のほうがお産時間が短いです。そのため、ママの体力の消耗をおさえられるのです。

私の場合は、1人目は約20時間、2人目は産院に入ってから約3時間!です。

それぞれ、事情が違っていたものの、2人目のときは本当にラクでした。

これは、産道が一度赤ちゃんを通っているから、赤ちゃんが通りやすいのですよね。

1人目が、2人目を通る道を作ってくれているのです。

会陰を切らなくても大丈夫なことが多い

1人目のときは、お産の衝撃で会陰が自然に破れてしまいました。破れた痛みはなかったのですが、その後の縫合が痛くて……。

もうあんな思いはしたくないと思っていたのですが、忙殺されているうち、2人目のときも、ほとんど何も対策はできませんでした。

でも、結果として、2人目を出産しても会陰は破れていなかったのです!

これも、1人目が会陰の筋肉を伸ばしてくれたおかげなのですね。おかげで縫合や検査もなく、心身ともにラクでした。

産後の体がとにかくラク!

これまで書いたように、1人目が2人目の産道と整えてくれているので、お産は本当にラクなのです。なので、産後のママの体もラクです。

私の場合、1人目のときは4カ月くらい心身ともに調子が悪く、スーパーに行くのがやっと、という感じだったのですが、2人目のときは、1日休んだだけでかなり元気なりました。

上の子もいるし、いつまでものんびりできない、という気持ちもあったのかもしれません。

いずれにしても体がラクなので、授乳も比較的スムーズでした。また、うまくいかなくても、ミルクも取り入れればいい、という余裕がありました。

完全母乳にこだわりすぎると、ママの心身は疲れ果ててしまいますから!

まとめ)3人目はもっとラク!?

私は3人目はいないのですが、3人ママに聞くとみんなが、本当にするっと出てきた、と言います。お産は、数を重ねれば重ねるほど、ラクになるかもしれません。

育児は、数が多いほどラク、という方程式は成り立たないかも、しれませんが(笑)!

 

 

関連記事

ピックアップ!

おむつは「パンツ」か「テープ」どっち?

2014.12.29

おむつはテープ式、パンツ式どっち?3つのメリット・デメリット&3つの便利でお得な使い方

紙おむつにはテープ式とパンツ式の二種類があります。最初のお子さんの場合、最初はテープ式を使って大きくなってきたらパンツ式に移行するのかなぁく…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る