赤ちゃんの耳そうじどうしてる?家庭での耳そうじは止めて耳鼻科へ行きましょう

赤ちゃんの耳そうじ

 

赤ちゃんの耳そうじどうしてますか?綿棒を使う?…なにそれこわい

赤ちゃんを抱っこした時に、ふと耳から変なニオイ……。
覗いてみると、大量の耳あかが!!

でも、小さい赤ちゃんの耳から耳あかを取るのって、ちょっと怖いですよね。

結論から言うと家庭での耳そうじは必要ありません。
(耳鼻科へ行って取ってもらうのが正解)
気になる場合でも2週間に一回程度
それ以上やり過ぎると逆に耳にダメージを与えてしまう結果になります。

耳あかの機能

必要とは思えない耳あか。
そもそも、耳あかはどうしてできるのでしょうか?

・耳あかは、耳の奥の古い皮膚がはがれたもので、自然に奥から外の方へと押し出されてきます。

・耳あかは弱酸性で、病原菌や侵入してくる虫から、耳を守る機能があります。

・クッションの役割をし、耳の中の皮膚や鼓膜を守ります。

以上のように、耳あかには耳の内部を守る機能があるのですね。
なので、耳そうじをしすぎると、逆に耳の保護機能がなくなってしまうのです。

赤ちゃんの耳そうじの仕方

それでも「耳あかが気になる!」という場合は、少しだけ耳そうじをしてあげましょう。

1.頻度は1~2週間に一度。お風呂上がりに。

2.耳の入り口あたりだけ。

物足りないかもしれませんが、これだけで十分です。

奥の方に耳あかがあって、どうしても気になるときは

無理に自分で取らないようにしましょう。
こんな時は耳鼻科で耳そうじをしてもらいます。

「耳そうじで病院に行っていいの?」と思われるかもしれません。
でも、放置していると、耳あかが固まって耳が聞こえにくくなったり、目まいがする「耳垢栓塞(じこうせんそく)」という病気になることも。
プロに取ってもらうのが一番です。

特に湿った耳あかの子は、耳の内部で耳あかが固まってしまいがち。
がっちり固まってしまった時は、「耳垢水」という点耳薬で耳あかを柔らかくしてから除去します。

ちなみに、耳そうじでも健康保険がききますし、乳児医療証も使えます。

まとめ

大きな耳あかが奥の方に見えると、つい取ってしまいたくなりますよね。取れた時のスッキリ感も捨てがたいです(笑)

でも、綿棒をグイグイ入れて、逆に耳あかを奥に押し込んでしまったり、耳の中を傷つけてしまうことも……。
ハイ、私もやりました。耳鼻科で先生に叱られたこともあります。

無理はせず、プロにお任せしましょう。
耳鼻科でそうじしてもらうと、面白いようにごっそり取ってくれますよ。

関連記事

ピックアップ!

育児中のペディキュア

2014.5.8

【産後のネイル解禁はいつから?】子どもが1歳になればまずはペディキュアから再開

知ってますか ? ご褒美ネイル 育児中にネイルなんて・・・でも脚なら生活に支障はありません 温かくなってきて、空も木もキラキラ輝き始める…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る