歯磨きの始め時と磨き方のコツ!

あさごはん

生後半年を過ぎると、多くの赤ちゃんに歯が生えてきます。
小さくてかわいい乳歯、ついつい赤ちゃんの口を開けさせて眺めちゃいますね。
しかし歯が生えてくると心配になってくるのが虫歯の問題。

歯はいつ生えてくるの?
歯磨きっていつからどんなふうに始めればいいの?
売り場にはいろいろな歯ブラシが売ってあるんだけど、どれを選べばいいの?

などなど、歯磨きの悩みは多いものです。
嫌がる子も多い歯磨きをどう進めて行くか、その方法をご紹介します。

そもそも歯はどんなふうに生えてくるの?

乳歯はどのように生えてくるのでしょうか?
これはその子によって大分個人差がありますが、平均は以下の通りです。

生後6~9ヶ月 下の前歯2本。
生後9~10ヶ月 上の前歯2本。
生後11ヶ月~1歳頃 上下の歯4本ずつがそろう。
1歳2ヶ月~1歳6ヶ月 奥歯(第一乳臼歯)。犬歯は飛ばす。
1歳9ヶ月~2歳頃 犬歯
2歳6ヶ月頃 奥歯(第二乳臼歯)。すべての乳歯がそろう。

個人差が大きいので、生まれた時にはすでに1本目が生えていたという子もいます。
(授乳の時に前歯でかまれると痛いので、あまり早すぎるのは考え物ですが・・・。)

逆に1歳を過ぎて1本目が生える子もいるので、あまり気にせず待ちましょう。

歯磨きはいつから、どんなふうに始めればいいの?

歯が生え始める前・・・歯磨きの体勢・口の周りに触れられることに慣れさせておく
歯が生え始めてから・・・濡らしたガーゼで歯を拭く
前歯がそろった以降・・・濡らした歯ブラシでシャカシャカ磨く

歯磨き、ガーゼ拭き・仰向け体勢ともに嫌がる子が多いです。
そもそも口の周りに触れられる、ということを動物は本能的に嫌がります。
犬とかでも嫌がりますもんね。

ですので、歯が生え始める前から
「口に触れられること」と「歯磨きの体勢」になるべく慣れさせておきましょう。
日々の触れ合い遊びの中で口に触れたり、
ママの足の間に頭を向けてごろんと転がる体勢を取らせておけば、
いざ歯磨きを始める時もすんなり受け入れてくれるはずです。

歯が生えてきたら最初は濡らしたガーゼで歯を拭いてあげます。
とはいえ、歯ブラシで磨けるに越したことはありませんから
もしその子が大丈夫そうであれば歯ブラシで磨いてあげましょう。

ただし、この時期は食事もそんなに食べられるわけはないですし、
唾液が歯をきれいにしてくれるので、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

そして歯磨きとして、歯ブラシを口に入れて磨くのは前歯が生えそろった頃から。
1本に付き、表と裏から各3~5回シャッシャッシャッと磨きます。
力は入れなくて大丈夫。乳歯も歯茎も大人の歯より柔らかいので、
歯ブラシがぶらぶらしてしまうくらいゆったりと持ちましょう。

この頃の歯磨きで一番重要なのは前歯の歯と歯茎の間!
一か月半検診でも、虫歯になっているのが見つかりやい場所です。
むしろここさえしっかり磨いていれば、
他の歯は磨かなくてもよいというくらい超重要箇所です。
歯茎をまくり上げて、ただし上唇小帯には気を付けてしっかり磨きましょう。

歯ブラシは何を選べばいいの?

赤ちゃんの歯ブラシ売り場に行くと本当にいろいろな歯ブラシが売ってあります。
大人用の小さいサイズのものや、ブラシがシリコンのものから、
リング状のおしゃぶりのようなものまで。

まず、ブラシがシリコンのものは、「歯を磨いて汚れを取る」ことはできません。
ブラシを口に入れることに慣れさせる用だと思ってください。
(個人的には、特に必要は感じませんでした。)

また、歯ブラシには大抵それにあった月齢が書いてありますので
子供の月齢に合うものを子供用・仕上げ磨き用と2本用意します。

子供用は大きいリングが付いていて口の中に入り過ぎないものを選びます。
仕上げ磨き用はヘッドが小さくて、何本か入っているものがおすすめです。
歯ブラシの交換目安は1日3回使用で1か月なので、数本入っている方がお得ですよ。

IMG_3059

まとめ

今回は歯磨きの始め時とその方法についてお伝えしました。
しっかりコツをつかんだ歯磨きで、かわいい乳歯の虫歯0を保ちたいものですね。

ちなみに、子供を虫歯0でいさせるために一番簡単な方法は
「そもそも虫歯になりやすいものは食べさせない」こと!

食事管理+歯磨きで、子供の歯を守ってあげましょう。

 

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る