間違ったケアはかゆみやにおいの原因に?[赤ちゃんのおちんちん]洗い方講座

もっくよく

男の子はママにとって異性。わからないことがいっぱいです!

その中の1つに「おちんちん」のケアがありますが、こんなことを思ったことはありませんか?

うちの子のおちんちん、「包茎」みたいだけどこのまま洗えばいいの?

パパにむいて洗うって言われたけど、むいても痛くないのかな?

むくのはこわい。むかなくてもいいのでは?

などなど、疑問は尽きないですね。

ここでは、医師から聞いた話をもとに、私の経験もまじえながらまとめていきますね!

成長別:赤ちゃんのおちんちんの特徴

ケアのポイントに入る前に、赤ちゃんのおちんちんの特徴について、まとめます。大人との最大の違い、それは包茎で当たり前、ということです。

つまり亀頭は見えていなくて、皮がかぶったままなのがふつう、ということです。ただ、この状態のままで洗っていても、中身(亀頭)はよく洗えていないのです。

そこで、いつから「皮をむいて」洗うかというと……

1歳くらいまで

まだまだ、ふにゃふにゃで小さいおちんちんです。むくのは結構難しいです。むいて洗えばいいすが、無理にむいて洗わなくてもOKです。

2歳ごろから

だいぶ皮がむけるようになりますが、イヤイヤ期も重なり、むくと嫌がる子が多いようです。ちなみに、むくことで痛みはないそうです。

ここで無理にしてしまうと、かえってこじれるので、嫌がらなくなるのを待つのが正解。なので、ここでも無理にむかなくてもいいのです。

でも、おちんちんが成長とともに大きくなればなるほど、皮の隙間に汚れがたまりやすくなるもの。嫌がるからといつまでも放置しないで、少しずつ、「むいて洗ったほうが気持ちいい」と伝えていきましょう。

3歳くらい

だいぶおちんちんもしっかりして、むきやすくなります。根気よく、「むいて洗ったほうがいい」ことを伝えておけば、自分からむいてくれるようになります!

 赤ちゃんのおちんちん:洗い方4ステップ

赤ちゃんのお風呂

1皮をむき、亀頭を出す

亀頭をしっかり出します。2歳ごろでは、まだ自分では上手にむけません。ママがやさしくしてあげましょう。3歳くらいになると、手先が器用になってきて、自分でむけるようになっています。

2ぬるま湯でおおまかな汚れを落とす

1の状態のまま、垢や汚れをぬるま湯でざっと洗います。かけ湯でもシャワーでもOK。

3せっけんを泡立て、やさしく洗う

ぬるま湯で流すだけでは落ちない汚れもあるので、毎日せっけんで洗います。デリケートな部分なので、できればベビー用や無添加せっけんなど、肌にやさしい処方のものを選びましょう。

ちなみに、手洗いで!ナイロン製タオルなどは間違っても使わないように!

4せっけんが残らないよう、しっかり流してもとに戻す

せっけんが残っていると、かゆみやにおいの原因になります。しっかり流してあげましょう。ここまで終わったら、皮をかぶせてあげます。

 嫌がるからと放置するのはNG

かく言う私も、2歳ごろは息子が「むく」のを嫌がり、仕方なく洗わないでいる時期がありました。

しかし、次第に子供が「おちんちんがかゆい」と言い出して……

見てみると、亀頭に白いカスがついていて、イボのようなものもできています。

これはまずい!と思い、「きちんと洗わないとかゆいかゆいになっちゃうよ」と諭しながら、毎日せっけんで洗うようにしました。

すると、イボのようなものもなくなり、かゆみもおさまりました。それから息子は、むくのを嫌がらなくなりました。ちゃんと洗わないとかゆくなる、ということを身をもって実感できたようです。

現在息子は4才ですが、今では、私が「おちんちん洗うよ~」というと、自分からむいてスタンバイしています♪

 まとめ

いかがでしたか?とくに、おむつがはずれるころには、おしっこの量がかなり多くなっているので、おしっこが皮の中にたまりやすいですね。

トイレでおしっこができるようになったら、おしっこはしっかりふきとっておくのもポイントです。

ママがカワイイおちんちんを洗ってあげられるのも、ほんの短い時期。そのときそのときを、楽しみたいですね♪

 

 

 

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る