子供が初めて胃腸炎にかかった時の体験談

なーす

ほとんど病気をしない子供ほど、いざ病気になるとママは大慌てしてしまいます。
いざとなった時慌てない為に、他の子の体験談で予習をしておきましょう。

私の子供は1歳1か月の時に初めて細菌性胃腸炎にかかりました。
主な症状は発熱・下痢・下痢に伴うオムツかぶれで、幸い2~3日で収まりました。
その時の状況と反省をお伝えします。

病気の予兆

その日は夕方はいつも通りお散歩して帰宅。
夕飯後から徐々に不機嫌になり、お風呂の頃には大暴れするようになりました。
また、お風呂上りに体を拭いていると、オムツかぶれに気付きました。
この時は赤く腫れている程度だったので、泣いていることで肌が赤くなっているのかと
あまり気にせず、ワセリンだけ塗っておきました。

その日の夜は寝つきが悪く、やっと寝てもすぐ起きるの繰り返し。
抱いていて「なんとなくいつもより熱い?」と感じましたが、
号泣のせいかと思い、ここでもあまり気にしてませんでした。

また、夜中にオムツを見てみると下痢をしており、暴れて便が体に付いたこともあって
おしりをシャワーで流しました。
ここでオムツかぶれが悪化して皮が剥けていることに気付きました。

病気に気付く

翌朝、子供がまた下痢をしており、更にオムツかぶれが悪化していたので
皮膚科に行くことを検討し始めました。

そして、ここで主人も「子供の体が熱い」と言うので
やっと熱を測ったところ、38.3℃ありました!
しかし夫婦そろって「熱→風邪→寝てれば治る」の思考回路だったため
他の病気をもらう可能性がある小児科行きには踏み切れず。

そうこうしているうちに子供が寝てしまったので、
この時点では起きたら皮膚科に行こう、という考えでした。

その後子供が目を覚まし、改めて検温したところ38.8℃に悪化。
いつも無意味に歩き回っているのに子供がぐったりしているので
やっと小児科に行くことにしました。

しかしこの日は土曜日。
いつも予防接種に行っていた小児科は土曜午後は休診だったため
開いてる小児科を探して行きました。

小児科へ

小児科では問診・聴診・のどの様子から、風邪では無く胃腸炎と診断されました。

下痢や高熱は体の防御反応なので無理に止めない方がよく、
汗をかいて下痢をするのでこまめに水分を取らせるように言われました。
薬としては整腸剤、高熱で水分を取れない時に一時的に使う熱冷ましを頂きました。
またオムツかぶれ用の塗り薬も頂きました。

病気の経過

発熱に関してはこまめに水分補給。
発熱によいと言われるイオン飲料を飲ませたのですが、嫌がったため
いつも飲んでいる麦茶を飲ませていました。

オムツかぶれに関してはおしりシャワー+座浴。
1時間に1回は下痢で、こんなにおしりを洗ってもいいのかと不安でしたが
他のママさんに「とにかく毎回流した方がいい」とアドバイス頂き続けました。
シャワー後は毎回ワセリン、朝とお風呂上がりは病院で頂いた薬を付けました。
(1時間以内には下痢で流してしまいますが)

結果、土曜日はぐったり、うとうとしている状況だったのが
日曜日は部屋を歩き回るようになり
月曜日には外に出せと玄関から靴を持ってくるまでに回復しました。
下痢に関しても1時間に1回ほどだったのが月曜日には3時間に1回程度に減り、
オムツかぶれもジュクジュクの部分が減っていきました。

883b9f1db4e381280578a8c3130e41e8_m
病気の原因

どこから胃腸炎にかかったのかは実ははっきりわかっていません。

まだなんでも口に入れる時期の為、そのあたりから胃腸炎になったものかと思います。
しかし胃腸炎になる前に、近所の保育園の前を通り、
そこの人懐っこい園児3~4人と子供が握手をしたので、それが原因かもしれません。

保育園はいろいろな病気が本当に蔓延しています。
両親とも仕事を持っているから、病気が治りきらないうちに登園するんですよね。
もし保育園に入れていない子供を一時保育に入れる場合は
園児との関わりで後日体調を崩す可能性があることを考慮しておいた方がよいです。
もっとも、そうやって免疫が出来ていくので悪いことばかりではありませんが。

まとめ

38度を超え、子供がだるそうなら早めに小児科へ。
明らかに風邪の場合は、耳鼻科の方が混まないし、他の病気をもらいにくいです。
下痢のオムツかぶれは急激に悪化する。
下痢の場合、たった数時間で赤く腫れている状態からジュクジュクに進行します!
できれば昼夜子供と一緒に寝起きする。
体調不良の時は夜間も眠れず、何度も目を覚ますので親も睡眠不足になります。

いつも元気な子供がぐったりしてると本当可哀想です。
子供の様子が違う時にはよく観察して、早めに治療を初めてあげましょう。