【離乳食の時の椅子】買い時といろいろなタイプの特徴

あさごはん

おっぱいやミルクだけだった赤ちゃんも、
生後5ヶ月くらいになると離乳食が始まります。
そうなると離乳賞のレシピはもちろんのこと、
スプーンやお食事用スタイ、食べさせる椅子とテーブルの準備も必要です。

この中でも大物なのは椅子。
椅子はスプーンなんかと比べて大きいものですし、
簡単に買ったり、買い換えたりすることはできませんから
慎重に選ぶ必要がありますね。

この記事では、赤ちゃんへの離乳食を考え始めたママに、

離乳食の椅子はどんなタイプがあるのか?
離乳食の椅子はどのタイミングで準備するべきか?

をご紹介します。

離乳食の椅子のタイプ

離乳食の椅子にはいろいろなタイプがあります。
しかしまず基本となるのは、家族の食事スタイルです。
最終的には家族みんなでテーブルを囲うようにしたいので
ダイニングテーブルで使うのか、ローテーブルで使うのかを
念頭において選びましょう。

木製チェア

これはダイニングテーブル用、ローテーブル用どちらもあります。
利点は重みがあり、簡単にはひっくりかえらないことです。
立ち上がれるようになると、食事中すぐ立ち上がったり反り返ったりします。
重みのある木製椅子だと、少々のことではひっくり返らないので安心です。
(ただし、椅子はひっくり返らなくても本人だけひっくり返って落ちます)

逆に欠点は重くて移動が面倒なこと。場所を取ることです。
折り畳めるものもあるので、そういうものを選ぶよいでしょう。
また、テーブルに合わせて高さ調整が出来るものもあります。

豆椅子

これはローテーブル用です。
利点は軽くて扱いやすく、お手頃価格であることです。
兄弟用や祖父母の家用などの2脚目として買う方も多いようです。

軽いので赤ちゃん、子供が少し大きくなると、
自分で豆椅子を持ってきて食事の準備をしてくれます。
しかし軽い分、ぐずると比較的簡単にひっくり返ります。

バンボ

これもローテーブル用です。
利点は腰が据わる前から使えることと、
食事以外にもいろいろ使うことが出来ることです。

しかし子供が大きくなると太ももが入らなくなったり
すっぽり覆われるのを嫌がったりして、使用期間が短いのが欠点です。
個人的には「離乳食椅子として新たに買う」必要は無いと思います。

ハイローチェア

これはテーブルでもローテーブルでも使えます。
利点はバンボと同じく、腰が座る前から使えることと、
食事以外にもいろいろ使うことが出来ることです。

しかし食べこぼしが洗いにくいことと試用期間が短いのが欠点です。
椅子は食事とおやつで毎回汚れるので、布製のものは大変です。
(とはいえ、食べこぼし防止のビニールシートもあります)

ハイローチェアはねんねの時期に使うのがメインな商品です。
ですのでこちらも個人的には、バンボ同様
「離乳食椅子として新たに買う」必要は無いと思います。

離乳食

テーブルにつけるタイプの取り付け椅子

こちらは普通のテーブルで使うイメージがありますが、
ローテーブルでも使うことが出来ます。
利点は場所を取らないこと、しっかり赤ちゃんを固定できることです。

しかし耐荷重が少ないので、使用期間が短いです。
また、テーブルの厚さによっては取り付けられないので
厚さを確認する必要があります。

離乳食の椅子、準備の時期

離乳食のスタートは、1日1回、おかゆをほんの一口です。
このころは大抵まだ腰が据わっていませんので、
普通の椅子には座ることができません。

ハイローチェアやバンボがあるのならそれを活用し、
無ければ腰が据わるまではママの膝で食べさせればいいでしょう。
ただしその場合、口元がよく見えないので、
ママは角度を調節したり、鏡を使ったり工夫が必要になります。

腰が据わったら、木製椅子や豆椅子、取り付け椅子を使いましょう。

赤ちゃんによっては椅子を嫌がる子もいます。
歩くようになったら椅子を抜け出し、あちこちへウロウロする子も・・。
こんなことを言うと「それが出来れば苦労しない」と言われそうですが
出来るだけ最初のうちから、「食事中は椅子に座る」を徹底させましょう。
そうしないとウロウロする癖が付いてしまいますし、
「手づかみ食べ」と「ウロウロ」が重なると部屋が本当に悲惨なことになります。

まとめ

今回は離乳食の時の椅子についてご紹介しました。
椅子の準備時期→腰が据わったら
椅子のタイプ→木製椅子・豆椅子・バンボ・ハイローチェア・取り付け椅子

赤ちゃんの離乳食が始まるとママはますます大変になります。
準備も、食べさせることも、後片付けも、手間と時間がかかります。

とはいえ、だんだん食べられるものは増え、調理も簡単になります。
自分の子と同じものを食べられる楽しみも出てきます!
のんびり構えて、気楽に自然に離乳食に取り組みましょう。

関連記事

ピックアップ!

スマホあるある

2014.5.2

【黙って座ってるワケがない!】GWの帰省・長距離移動の際の子供のグズグズ対策

待ちに待った大型連休がやってきました。 はじめての山遊びや川遊び、農業体験アクティビティも素敵! 実家の両親や兄弟姉妹の家族とにぎやかに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る