『七変化戦隊ダンボール』手作りおもちゃはママの強い味方

外出できない時の遊び道具にダンボールが大活躍

外に行きたくない・行けない。そんな時でも子供は外で遊びたがるもの

「ママ外に行こうよー!ねー!」と子供。

今日雨だし・・。昨日も外出したし・・。寒いし・・。頭痛いし・・・。
と、ママは色んな理由で外出したくない事って多いですよね。

なんと言ってもきつい!!毎日外出は本当に勘弁です。

でもまだ幼稚園に入園してない子供は唯一ママが遊んでくれる相手です。
家でつまらなそうに一日を過ごす我が子を見て夜、罪悪感で押し潰されそうになる事もありますよね。

「可哀想な事したな・・」って。

でも毎日は外出出来ないものです。
それでも子供には喜んでもらいたいのが親心。

そんな優しいママの正義の味方が七変化戦隊段ボールです(笑)
子供も大満足の段ボールでの遊び方をお教えします!
今日からは段ボールは捨てずにとっておきましょう!

段ボールは宝物ですよ★

外出したくない そんな時にダンボールは大活躍

1. 段ボールにお絵描き&貼り絵

大きな段ボールの方がいいです。

普段は使わせない太いマジックを貸してあげます。
子供の目はハートマークになります♪
そして「いっぱい絵を描いて!!」と言います。

ではその間ママは休憩していてOKです(笑)

次は普段は使わせない水のりを貸してあげます。
子供の目は星マークになって輝きます♪
そして好きに塗らせてあげましょう。
のりはなくなる事を覚悟して下さいね(笑)

これも楽し過ぎて時間がかかるのでママは休憩出来ます☆

最後に、折り紙や広告などをビリビリと好きなだけ千切ってもらってのりの上にペタペタするだけ。

大きくてダイナミックなアートの出来上がり。

2. 段ボールお風呂

段ボールを丸くしてあげて、お風呂をつくります。

その中にお布団入れたりしてぬいぐるみを入れてあげると楽しいお風呂ゴッコが始まります。

3. 段ボール蛇

段ボールで正方形を切って沢山作ります。

それを全て並べて少しだけ隙間を開けてガムテープでとめます。
それを持つと・・あら不思議!
縦向きにするだけであの有名な蛇のおもちゃの様にニョロニョロとした動きをします。

仕上げに子供に色を塗ってもらいましょう。

4. 段ボールだんご虫

これは段ボールお風呂を再利用できます。

段ボールを丸くして横向きにします。
その中に子供を入れます。

そして「だんご虫♪だんご虫♪」とあの歌を歌いながら子供にハイハイで進んでもらうだけ!

運動会みたいで楽しいですよ。

5. ビチョビチョ段ボール

テーブルの上に細長い段ボールを用意。
そしてエプロンをした後に霧吹きを子供に渡します。

「いっぱいシュッ!シュッ!していいよ~☆」と言います。
子供は大興奮。 だって普段はさせてもらえないですから(笑)

そしてその間にママは休憩★

そしてビチョビチョになったら段ボールを上からめくって分解していきましょう!

子供はビックリです。

このように段ボールはキリがないくらいに楽しい遊び道具に変化してくれます。

いくらでも遊び方はありますので是非子供といっしょに思いっきり遊んであげて下さいね!!

【手作りおもちゃ】ネットの買い物で出る大量のダンボールで家を作ろう!

ネットで買い物、子供の物を買ったら大量に出るダンボール。
それを使って子供の家を作りましょう。
ダンボールとカッター、はさみとガムテープで出来ます。
子供は、自分だけの空間が出来て大喜び!
子供って狭い所に入り込むの、好きですもんね…。

ダンボール、潰すのも大変、捨てるのも大変。

ネットで買うと必ずと言っていいほどダンボールに入ってくる物。
ダンボールを潰して捨てて。
それだけで結構体力使いますよね。
ダンナの役目に任命しましょう。
ついでに、そのダンボールでパパに工作して貰いましょう。

ダンボールとカッター、はさみとガムテープを用意

ダンボールを好きな大きさにするために分解し、ガムテープで止めていきます。
適当な所に、家の窓を作るためにカッターで切れ込みを入れます。
扉なんて作ってやると子供は大喜びで開けたり閉めたりしますよ!
そこで、必ずして欲しいのが
「子供が触る所に全てガムテープで覆ってやる」
ということです。
これをしていないと子供はすぐに手を切ってしまいます。
ダンボールを切った所はもちろん、少しでもダンボールの面が出ている所に貼りましょう。
底の部分もしておくと床に傷がつきにくくなります。

ママの出番!

家が完成したら紙を張って絵を描いてやったり、切り抜いた折り紙を張ってデコレーション!
溜まったままになっているマスキングテープもここで出番です!
ママの思うような可愛い家にしてあげて下さい。
もちろん、子供にクレヨンなどを持たせて書かせてやってもいいです。
なんせダンボールのおうちは無料で無限大に出来ますからね!
思い切って遊ばせてやりましょう。
テイッシュのお花なんて久しぶりに作ったりしてママも楽しみましょう。

味を占めたら…

パパもママも家で味を占めたら今度は机や椅子もダンボールで作ってやりましょう。
家の中に入れてもいいですし、入れなくても子供は遊んでくれます。
これももちろん、落書きしてもシールを貼っても全然OK!
汚くなったら捨てるだけですもんね!
もちろん捨てるのはパパの役目でお願いします(笑)

子供が遊ぶ物ってすぐに飽きるし、イチイチ気にしてたらずっとおもちゃを買い与えないといけません。
パパもママも一緒になって遊んでやることで、子供は新しいおもちゃでなくても満足します。
しかも家となると子供はいつまでも遊んでくれます。
ダンボールハウスを言うと聞こえは悪いかも知れませんが、子供にとってはパラダイスなんですよ。

関連記事

ピックアップ!

スマホあるある

2014.5.2

【黙って座ってるワケがない!】GWの帰省・長距離移動の際の子供のグズグズ対策

待ちに待った大型連休がやってきました。 はじめての山遊びや川遊び、農業体験アクティビティも素敵! 実家の両親や兄弟姉妹の家族とにぎやかに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る